fc2ブログ
  • « 2024·02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  •  »
2017’03.20・Mon

第9回古道探索 一周道路→海ふるメメズ浜→ゴゼ川遡上→裏砂漠小釜滝→一周道路

作図 リーダー 八木丈夫  
三原のカルデラができたS2噴火の割れ目噴火ラインの海側末端がネジの洞窟
tizu1_convert_20170320202712.jpg
出典 産総研「火山地質図」に一部加筆  貞享噴火の溶岩流は「海ふる」のヘアピンカーブを覆うように流れています
IMG_0006_convert_20170212223209[1]_convert_20170320202739

出典「火山 伊豆大島スケッチ」改定・増補版 田澤堅太郎先生  藤井工房でお買い求めできます。
IMG_0001_convert_20170320202820.jpg
N34°44′39″ E139°26′7″大島公園方面→海ふる入口手前から降ります
P3200462_convert_20170320202907.jpg
P3200464_convert_20170320202938.jpg
ヒサカキ 炭焼きによる伐採か鳥のウンチか...
P3200465_convert_20170320203002.jpg
炭焼窯 昭和20年代の窯 一周道路がない時代 この35°の斜面を登り裏砂漠方面まで担ぎ上げるのは大変な労力でした 馬で炭を搬出したかもしれません。飲料水の確保はどうしたのでしょう
P3200467_convert_20170320203027.jpg
P3200470_convert_20170320203054.jpg
窯の入口の蓋 窯が移動するたびに この蓋石は運ばれたに違いありません。
P3200468_convert_20170320203119.jpg
P3200471_convert_20170320203142.jpg
昔の水道管 N34°44′36″ E139°26′15″
P3200474_convert_20170320203222.jpg
P3200475_convert_20170320203249.jpg
「海のふるさと村」 N34°44′36″ E139°26′34″
P3200476_convert_20170320203315.jpg
P3200477_convert_20170320211213.jpg
P3200480_convert_20170320211235.jpg
P3200481_convert_20170320211306.jpg
P3200482_convert_20170320211332.jpg
P3200483_convert_20170320211402.jpg
P3200485_convert_20170320211429.jpg
P3200486_convert_20170320211455.jpg
P3200487_convert_20170320211519.jpg
S2溶岩
P3200488_convert_20170320211557.jpg
P3200489_convert_20170320212409.jpg
メメズ浜 N34°44′50″ E139°26′41″
P3200491_convert_20170320212449.jpg
裏が「行者窟」
P3200492_convert_20170320212515.jpg
P3200493_convert_20170320212549.jpg
ゴゼ川を裏砂漠まで遡上します 「海ふる」のHCの左側(上から見て)の貞享溶岩(Y2L)が流れた沢です
P3200490_convert_20170320212613.jpg
P3200496_convert_20170320212636.jpg
P3200498_convert_20170320212702.jpg
P3200500.jpg
P3200501_convert_20170320212805.jpg
P3200504_convert_20170320220032.jpg
P3200509_convert_20170320220117.jpg
溶岩で焼けた土 流れ下った溶岩の一部ではありません(田澤堅太郎先生)
P3200507_convert_20170320220216.jpg
P3200508_convert_20170320220239.jpg
弁柄 顔料になるのでは 乳鉢で擦り水簸して膠で溶いて.....
P3200506_convert_20170320220301.jpg
P3200511.jpg
P3200512_convert_20170320220341.jpg
ゴゼ川の滝
P3200513_convert_20170320220406.jpg
330年あまり裏砂漠からの流水に磨かれたナメが続きます
P3200516_convert_20170320221518.jpg
左樹間からヘアピンカーブの道路が透けて見えます。HC10
P3200518_convert_20170320221546.jpg
P3200521_convert_20170320221608.jpg
ヒサカキ
P3200524_convert_20170320221645.jpg

P3200526_convert_20170320221717.jpg
オオバヤシャブシの枝に 何の菌ですかねー
P3200528_convert_20170320230242.jpg
P3200529_convert_20170321181922.jpg


P3200530_convert_20170320221804.jpg

P3200533_convert_20170320221835.jpg
一周道路に出ます N34°44′28″ E139°26′15″
P3200536_convert_20170320230554.jpg

P3200537_convert_20170320221935.jpg
「海ふる」のヘアピンカーブ2が見えます。
P3200539_convert_20170320222000.jpg

P3200540_convert_20170320230853.jpg
トウゴクシダ
P3200542_convert_20170320222057.jpg

P3200545_convert_20170320224617.jpg

P3200548_convert_20170320224644.jpg
昔は深い谷の「小釜滝」あたりか?   N34°44′17″ E139°25′43″
P3200549_convert_20170320224707.jpg

P3200550_convert_20170320224730.jpg

P3200551_convert_20170320224755.jpg
N34°44′32″ E139°25′51″
P3200552_convert_20170320224819.jpg
チチコグサ
P3200553_convert_20170320224842.jpg
東大地震研 観測施設
P3200554_convert_20170320224904.jpg
STARTポイントに帰着 お疲れ様でした。 N34°44′37″ E139°26′6″
P3200556_convert_20170320224924.jpg
ゴゼの由来が分からない。盲目の門付け女芸人「瞽女」 口承芸能の生き証人ゴゼ 中世の吟遊詩人 琵琶法師....巴御前 御前は貴人 神仏 山岳(例えば劔御前)を敬う語→ゴゼ川は「御神火」のみまえ川か 御前川か? どなたか知恵を授けてください。想像をたくましくすると役行者小角(えんのぎょうじゃ おづぬ 大島に流されたのが文武天皇3年699/05/24日伝 65歳? 赦免が大宝元年701/01月?)もキットこの沢を登ったに違いない。S2の溶岩の上をスルスルと登行したに違いありません。
(チョモ)




関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(2) TOP

Next |  Back
大島にもトウゴクシダがあったんですね‼

たぬきらん、:2017/03/31(金) 21:39 | URL | [編集]

ベニシダの仲間 東谷羊歯 私も初めて見ました。

-:2017/04/13(木) 14:11 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可