FC2ブログ
  • « 2021·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2016’12.23・Fri

第7回古道探索 陛下道から白石山へ

産総研 火山地質図に一部加筆
火山地質図2
作図 リーダー 八木丈夫
昭和天皇行幸巡路として整備された古道  「陛下道」の起点は「月と砂漠ライン駐車場」 終点は探索スタート地点 今日は白石山に迂回した。
IMG_0002_convert_20161223205534.jpg

PC230511_convert_20161223205603.jpg
「陛下道」終点 今日のスタート地点 09:10出発 帰着は日没後の 16:55 一日中南西の強風で樹上は15m/S
N34°41′56″ E139°24′41″
PC230510_convert_20161223205706.jpg
PC230509_convert_20161223205733.jpg
左 「小穴」方面へ
PC230512_convert_20161223205756.jpg
左「小穴」に向かわず 右直進
PC230513_convert_20161223205818.jpg
PC230516_convert_20161223205840.jpg
PC230518_convert_20161223205908.jpg
PC230519_convert_20161223205933.jpg
PC230520_convert_20161223210002.jpg
PC230521_convert_20161223210037.jpg
PC230522_convert_20161223210159.jpg
PC230524_convert_20161223210216.jpg
右は仕事道(炭焼き) 左下が「陛下道」
PC230528_convert_20161223210249.jpg
二番ヶ沢に出たら右岸に渡り しばらく右岸の尾根を直登する
PC230535_convert_20161223210316.jpg
PC230538_convert_20161223210343.jpg
PC230541_convert_20161223210407.jpg
林道 間伏線
PC230542_convert_20161223210436.jpg
PC230547_convert_20161223210510.jpg
ユズリハの脇から「陛下道」が続く N34°42′32″ E139°24′28″
PC230544_convert_20161223210540.jpg
PC230551_convert_20161223210612.jpg
ヒサカキ
PC230545_convert_20161223210735.jpg
PC230555_convert_20161223210806.jpg
白石山が...
PC230559_convert_20161223210832.jpg
左に迂回して白石山へ  直進すると「陛下道」の起点 月と砂漠ライン駐車場に至る
PC230561_convert_20161223210859.jpg
ツインピーク「二子山」
PC230566_convert_20161223210931.jpg
白石山のいわれ ? 白い岩石   N34°42′36″ E139°24′33″
PC230568_convert_20161223210954.jpg
「利島」
PC230571_convert_20161223211028.jpg
PC230575_convert_20161223211102.jpg
N34°43′8″  E139°24′17″
PC230590_convert_20161223211138.jpg
白石山からカルデラを望む  左が三原新山758m 右が剣ヶ峰749m 撮影ポイント N34°43′9″ E139°24′17″
PC230582_convert_20161223211209.jpg
PC230578_convert_20161223211242.jpg
PC230580_convert_20161223211310.jpg
櫛形山 671m
PC230581_convert_20161223211339.jpg
PC230588_convert_20161223211409.jpg
右下 「岳ノ平」
PC230591_convert_20161223211445.jpg
PC230595_convert_20161223211516.jpg
PC230593_convert_20161223211550.jpg
PC230601_convert_20161223211629.jpg
オオシマツツジ
PC230604_convert_20161223211657.jpg
左が差木地 右が野増の財産区境界尾根を降る  N34°43′24″ E139°24′5″
PC230607_convert_20161223211733.jpg
PC230614_convert_20161223211821.jpg
二番が沢
PC230627_convert_20161223212132.jpg
PC230610_convert_20161223211859.jpg
N34°42′35″ E139°24′24″
PC230619_convert_20161223211934.jpg
PC230620_convert_20161223212003.jpg
PC230621_convert_20161223212032.jpg
PC230622_convert_20161223212109.jpg
電池が切れました。冗長な写真を最後までご覧いただきありがとうございました。

「陛下みち」情報(郷土研究家 大村 森美)
昭和天皇の伊豆大島行幸は4度 大正7年(1918)東宮時代  昭和4年(1929)戦艦 長門で 昭和35年(1961) 昭和62年(1987)
昭和4年(1929)5月聖上陛下大島に行幸あらせられる......山頂に玉歩を進めさせられ、御途中御座立所(六地蔵下)において島娘の声を合わせて 合わせて唄い参らす大島節を聞き召された(あんこ3人の1人が大村氏の亡母の姉 白井せん)......それより岡田に御下山同日夕刻岡田港御出港 関西行幸の途につかせられたのであった。この日天候急変の為め波浮へ御下山の御予定をご変更遊ばされ岡田に下られたのであるが......差木地(サシキジ)には「陛下道」という.......陛下行幸の折 村役場 学校を中心に村民の仕役によって(草刈あるいは薪炭の搬出路としてしか使用されていなかった険阻な山道)大がかりな改修工事が行われ......

「陛下道」情報2(藤井工房  伊豆大島の風景 2013/11/16 http://gojinka100.blog27.fc2.com/blog-date-20131116.html

SN00050.png
おほみうた
昭和35年(1961) 御年60歳
  夕庭に島の少女はをどるなり 節に合わせて手振りもかろく
  見渡せば白波立てる海づらを へだてて遠く富士の嶺そびゆ
昭和62年(1987) 御年87歳
  うれはしき島のまがごとみ空より まのあたりにもはじめて見たり
  大島の人々の幸いのりつつ噴きいでし岩を見ておどろけり
  ひさしぶりにかつをどりをみて静かなるおほうなばらの船旅うれし
(チョモ)
三原山地蔵尊の安否(ホットトギス)
関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可