fc2ブログ
  • « 2021·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2015’12.06・Sun

「大穴 小穴 周辺巡り」  伊豆大島ジオパーク研究会

「イマサキ」「岳ノ平」「小穴」「大穴」松の窪上方で1421年?(Y4部層)に割れ目噴火がおこりました。
この後の側噴火で出来たのが1986年11月21日のB火口列(B1~B8 )とC火口列( C1~C11)です。565年振りの側噴火でした。
今回初めて「ジオ研」のフィールドワークに参加させていただきありがとうございました。
14_convert_20151206204603.jpg
産総研「伊豆大島火山地質図」にチョモが加筆
13_convert_20151206195946.jpg
(上シクボ)
1_convert_20151206202407.jpg
「島々の聖地」 左岸と右岸をとりちがえています  川上(上流)から見て左側が左岸........です。

40_convert_20151206200649.jpg

21_convert_20151206200532.jpg
中山明神はシカマガ滝左岸
22_convert_20151206200609.jpg
屋形明神は右岸
23_convert_20151206200821.jpg
大雨の時に お出かけください。 大島一の「シカマガ滝」です。

25_convert_20151206210106.jpg

11_convert_20151206210543.jpg
正面が「イマサキ」
12_convert_20151206200949.jpg

3_convert_20151206200419.jpg

4_convert_20151206200450.jpg
応永二十八年四月四日丙申(ひのえさる)→1421/05/05日(チョモ)
2_convert_20151206200341.jpg

26_convert_20151206201020.jpg
「岳ノ平」は1421年の噴火で出来たスコリア丘(噴石丘)です
50_convert_20151206201611.jpg

27_convert_20151207004049.jpg

9_convert_20151206201753.jpg
10_convert_20151206201833.jpg

31_convert_20151206202033.jpg
「小穴」「大穴」の入り口 C点  通称 陛下道  N 34°41′42″ E 139°24′56″ 
35_convert_20151206202152.jpg
小穴の火口床  N 34°41′52″  E 139°24′33″
36_convert_20151206202217.jpg
N 34°41′56″  E 139°24′25″
38_convert_20151206202323.jpg
N 34°41′55″ E 139°24′26″ この下が深さ7~10m 幅50m 長さ200mの割れ目火口群 「大穴」か ?

37_convert_20151206202258.jpg
N 34°41′54″ E 139°24′24″ 大穴の北西山側先端近くの右(岸)と思われます
7_convert_20151206201900.jpg
航空写真  右下が 「岳ノ平」
5_convert_20151206201956.jpg
「大穴」の位置は不確かです  アジア航測の「赤色立体地図」(航空レーザー測量図)で同定しますのでしばらく お待ちください。

IMG_convert_20151206215958.jpg

出典は全て 田澤 堅太郎先生の「火山 伊豆大島スケッチ 改訂 増補版」 出版社「之潮」によります。
お求めは「藤井 工房」でお願いいたします。
(チョモ)






関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可