fc2ブログ
  • « 2021·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2014’10.27・Mon

赤瀬川 原平さんと大島

原平さんと大島は二つの接点がある。一つは 例の 気になる あの「泉津の階段」 もう一つは彼の友人である藤森教授が設計した野増の谷口酒造の「ツバキ城」だ。
「泉津の階段」を見るたびに 路上観察考現学の赤瀬川 原平 松田哲夫 南 伸坊 藤森 照伸の顔がちらついてしまうのだ。
「泉津階段」は超芸術であって無用のトマソンではない。四谷の純粋階段 御茶ノ水の無用門 江古田の無用窓とは異なり「泉津階段」は有用階段なのだ。しかしスダジイの2本の大樹の巨根を切り裂いてまで なぜ階段を作らねばならなかったのか...........。
ちなみに階段幅は110~95cm 原平さんの 「ニラハウス」同様 野増の「ツバキ城」は藤森教授の設計  ご冥福をお祈りいたします。
「泉津階段」 ゲーリー・トマソン選手は1981年巨人に入団したが期待を裏切り 無用のトマソン などと揶揄された
泉津の「無用階段」
谷口酒造工房の「ツバキ城」
野増の谷口酒造 「ツバキ城」
朝日新聞 2014/10/27より
出典 朝日新聞
(チョモ)
関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可