FC2ブログ
  • « 2021·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2014’06.15・Sun

弓ヶ浜と逢ヶ浜(おうのはま)



青野川の砂流による砂嘴海岸

白っぽい軽石 透明な石英  貝殻などの破片を含む砂浜です



逢ヶ浜 おうのはま と読みます

雀岩

姑岩

波の浸食が進んだ「エビ穴」

岩脈が観られる  左手前の壁は枕状溶岩? 違いました

海食洞が多い タライ岬へ続く
伊豆半島と北に位置する丹沢山地は、かって海底の高まりとして南方に存在していた。それがプレート活動で北へ北へと押し上げられて、本州に付着(衝突)した。まず丹沢山地が600~400万年前に本州に付着 2回目は200~100万年前に伊豆半島が丹沢山地に衝突した。この衝突境界は箱根山地の北側 JR御殿場線と東名高速自動車道の通る丹沢山地の南縁である。伊豆半島が今の形になったのが60万年前といわれる。(南の海からきた丹沢 神奈川県立博物館編 有隣新書)
(チョモ)
関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可