fc2ブログ
  • « 2021·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2013’11.16・Sat

御神火スカイライン旧道5合目

御神火スカイライン旧道5合目の地蔵尊の安否確認に行ってきました。

11月14日三原山頂上駐車場に車を止めて御神火スカイラインを下ってきました。
台風以来毎日町から眺めてきた山麓の崩落が痛々しい三原山の現状と御神火スカイラインの五合目近く(旧三原山登山道)沢沿いの小さな平地に中村不折の敬書の三原山地蔵尊の標柱と線彫地蔵尊(日本画家で仏画に優れた木村武山画伯の作)・延命地蔵・六地蔵などの石仏が並んでいたが、そのお地蔵様たちがご無事かどうか確かめる目的もあった。
これらの三原山地蔵尊建立の目的は、昭和初期から三原山は自殺の名所として有名になり、昭和8年から9年にかけて129人もの自殺者があったと言われ、しかも18才から25才の若い人が多かった。この地蔵群は、こうした自殺者の供養と若い人たちに死に急ぐことのないよう、生きることの大切さを教戒すると共に、健全な青少年の将来を祈願するため、この地に昭和9から10年にかけて奉納されたものだと言われている。
御神火スカイライン健在の時には、道路の脇に車が二台停められるほどの駐車場があり、降りて山道を登ると直ぐに沢を渡るための橋があり向こう岸の急坂を上ると石仏群がある、車を降りて徒歩5分くらいの場所だ。
御神火スカイラインは思っていた以上に上部の頂上付近から崩落が始まっており、幾筋かの流れがまとまって大金沢に一直線に流れ下ったように見えた。

山頂から下った左端(野増より)の一つ目の大きなカーブに地蔵尊はあるはずだが、道は土砂と流木に埋まり、沢に架かっていた橋はなく、前に橋を渡ったことのある沢は大きくえぐられて地蔵尊に続く道はまったく見当がつかなかった。

PB140254.jpg


PB140253.jpg


PB140250.jpg


PB140249.jpg


PB140251.jpg

関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可