FC2ブログ
  • « 2020·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2020’05.05・Tue

二子に登りながら「エビネ」を観て 道なき道を間伏林道に降りる

シアイバで10:00待ち合わせ  出典 「島の史跡」東京都教育庁大島出張所 編集・発行 昭和60年3月24日発行・絶版 に一部加筆 赤線が「間伏林道」模式図 大島の史跡 補訂版のお求めは「藤井工房」でどうぞ
IMG_20200505_0001_convert_20200505191127.jpg
「試合場」の 山の神
P5051865_convert_20200505191215.jpg
ツインピーク目指してトレック開始 右のピークが差木地から見た二子山の左峰
P5051868_convert_20200505191245.jpg
「アカバンコウ」(←赤馬子?)方面
P5051869_convert_20200505191315.jpg

P5051871_convert_20200505191348.jpg

P5051872_convert_20200505191415.jpg

P5051874_convert_20200505191555.jpg

P5051875_convert_20200505191626.jpg

P5051876_convert_20200505191655.jpg

P5051877_convert_20200505191727.jpg

P5051879_convert_20200505191759.jpg
溶岩に「イズノシマダイモンジソウ」が...
P5051880_convert_20200505191828.jpg
左上が「利島」
P5051881_convert_20200505211916.jpg

P5051882_convert_20200505211954.jpg
下から見て左の二子山ピーク 「ボルタック」の鉄条網下を右へトラバース
二子山 ボルタック
航空保安無線施設が山頂にあります。立ち入り禁止です。 ボルタック(VORTAC) - VOR + TACAN -
飛行中の航空機が、自機の位置(=方向ならびに位置に関する情報)を確認するために使用する無線標識施設の一つです。
機能的には「超短波全方向式無線標識施設 (VOR)」と「距離情報提供装置 (DME)」の併設である「VOR/DME」と同じものです が、距離情報提供装置 (DME)の部分として、軍用に開発された「TACAN(タカン)」の距離測定装置部分を利用している点が異なります。なお、「ボルタック (VORTAC)」とは、「VOR」と「TACAN」を合わせてできた造語です(出典 ウィキペディア)
P5051884_convert_20200505212040.jpg
(白石山からの二子山 右峰山頂の施設が「ボルタック」)
P1021361_convert_20200102170759.jpg

P5051885_convert_20200505212152.jpg

P5051888_convert_20200505212229.jpg

P5051890_convert_20200505212307.jpg
アカバンコウでこれから昼食 真上を海を渡る蝶「アサギマダラ」が1頭 猛スピードで飛揚 駆け抜けていきました。
P5051891_convert_20200505212341.jpg

P5051893_convert_20200505212527.jpg
モウセンゴケ コケとあるが種子植物 食虫植物の一種で、葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲する。
P5051896_convert_20200505212558.jpg

DSC_7942_convert_20200506104451.jpg
右のピークへ移動中
P5051898_convert_20200505214103.jpg
新しくできた「差木地沢の堆積工」
P5051900_convert_20200505214151.jpg
道なき道を間伏林道まで下降します。
P5051902_convert_20200505214252.jpg

P5051903_convert_20200505214328.jpg

P5051905_convert_20200505214528.jpg

P5051908_convert_20200505214604.jpg

P5051910_convert_20200505214639.jpg
背後の「二子山」ツインピークから 道なき道を「間伏林道」へ降りてきました。左から東京の和泉 義信さん 次が地元のリーダー八木 丈夫さん 小川 信正さん 右端が五味 富士男さん お疲れさまでした。チョモは今日が三原山有料ガイドを初めて11年と1日 左端の「和泉 義信」さんが第1号のお客さん 2009/05/04日温泉ホテルから3名さんのお供をさせていただきました。鎧端で蝮を観ました。新米ガイドで相当ひどい説明をしたと思います。今思うと冷や汗が出ます。
P5051911_convert_20200505214744.jpg
赤沢へ足を延ばしました 3頭のアサギマダラがいました。
P5051914_convert_20200505222703.jpg
さらに足を延ばして「キンラン」を見に行きました。
P5051921_convert_20200505222908.jpg
神津島天上山ガイドの前田 正代さん  大島のキンランは これからです。
P5051922_convert_20200505223113.jpg
オオバノトンボソウ
P5051920_convert_20200505223151.jpg
シチトウタラノキは幹 葉柄 葉に鋭い棘があります この八丈タラノキは棘なしです。伊豆諸島の植物の特徴の一つ「棘の退化」に ゆったりと進化している最中です。サルトリイバラ(猿捕茨)の棘なしが増えています。(東京農工大学 星野義延 教授 筑波大学 上条隆志 教授)
P5051915_convert_20200505223225.jpg
(チョモ)
関連記事
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可