fc2ブログ
  • « 2021·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2011’07.20・Wed

早くもタマアジサイ開花

3信吾 007

丸い蕾がピンポン球ほどに膨らむと、割れてこぼれだすように花が開きます、タマアジサイ のつぼみです

3信吾 006

例年より夏が早く来たせいでしょうか、8月下旬頃に咲く「タマアジサイ」が椿花ガーデン・リス村で開花しました、リス村山下村長情報です。


3年前に Morichanさん が書かれたタマアジサイの文章を見つけました。
 

 球はじけこぼれて咲くやタマアジサイ 片雲   伊豆大島雑記帖52から  Morichan  

アジサイとガクアジサイが美しさを競い合った後の処暑のころ、(ラセイタ)タマアジサイが咲き始める。タイトルはそのようすを下手な句で表現。林道など三原山中腹あたりに広く生育し、ピンポン球ほどの蕾が特徴、ガクはわずかに青みを帯びる白色、花は淡い紫青から白まで微妙に変化。八重咲きが温泉ホテルにある。ボクが初めて意識したのは戦中戦後期で、当時の呼名はサーフター。大人たちがこの葉を陰干して刻み、辞書のインディアン紙で巻いてタバコの代用品にしていた。福井・静岡・長野・岐阜でもタバコのつく俗称があり、旺盛に繁茂するので別名をサワフサ(タ)ギなど。
関連記事
スポンサーサイト



Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可