FC2ブログ
  • « 2018·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’09.10・Mon

酒田・山居倉庫  鳥海山麓・元滝伏流水  鳥海山麓・獅子ヶ鼻湿原 湯野浜温泉・遊水亭いさごや

DSC_5940_convert_20180909220251.jpg
最上川
DSC_5941_convert_20180909220430.jpg

DSC_5944_convert_20180909221453.jpg

DSC_5945_convert_20180909221531.jpg

DSC_5971_convert_20180909221713.jpg
出典 JR東日本 大人の休日倶楽部
SN00046_convert_20180909221742.png

DSC_5948_convert_20180909221903.jpg

DSC_5973_convert_20180909221944.jpg
山居倉庫は 明治26年(1893)に酒田米穀取引所の付属倉庫として船の積み降ろしに便利な最上川と新井田川とに挟まれた「さんきょしま」に建てられたのが始まりです。
DSC_5949_convert_20180909222004.jpg
俵の熱を放散し 同時に屋根からの伝導熱を防ぐ二重の屋根 夏の西日と強風を防ぐための欅並木など適温を保つ工夫がされています。現役で活躍しています。平成22年(2010)山形のあたらいいお米「つや姫」が本格デビューしました。
SN00092_convert_20180909222040.png

SN00093.png

SN00094.png

DSC_5975_convert_20180909222219.jpg

DSC_5969_convert_20180909224903.jpg

DSC_5951_convert_20180909222321.jpg
米俵1俵は4斗 重さは約60kg
DSC_5952_convert_20180909222345.jpg

DSC_5953_convert_20180909222433.jpg

DSC_5954_convert_20180909222503.jpg

DSC_5955_convert_20180909222529.jpg

DSC_5956_convert_20180909222555.jpg

DSC_5957_convert_20180909222617.jpg

DSC_5958_convert_20180909230142.jpg

DSC_5959_convert_20180909222706.jpg

DSC_5963_convert_20180909222744.jpg
出典 NHK 09/29日放映 ブラタモリ
DSC_6204_convert_20180929230318.jpg
DSC_6207_convert_20180929230349.jpg
DSC_6208_convert_20180929230417.jpg
DSC_6205_convert_20180929230445.jpg

北前船
SN00048.png

SN00133_convert_20180909222938.png
SN00072.png

SN00071_convert_20180917185142.png
出典 NHK 09/29日放映 ブラタモリ
DSC_6213_convert_20180929230535.jpg
DSC_6214_convert_20180929230605.jpg
DSC_6222_convert_20180930060731.jpg
本間家11代当主 本間 万紀子さん
DSC_6220_convert_20180929230629.jpg
酒田を代表する廻船問屋「鐙屋」は酒田三十六人衆の筆頭格として町年寄役を勤め、町政に重要な役割を果たしました。
SN00072_convert_20180930124404.jpg
SN00073.jpg
浄福寺唐門 
親鸞の没後から約200年 比叡山からの弾圧を受けた「蓮如」は越前の吉崎へ逃れた。弟子の「明順」が 文明7年(1475)に開いたとされる浄福寺 本間家三代当主「光丘」が寄進した唐門
所蔵される「御俗姓御文」   口語訳
SN00046_convert_20180929115220.jpg
「浄福寺」所蔵の「御文」ではありません。
SN00046_convert_20180929181734.jpg

パーシモンのウッドで名をはせた本間ゴルフの酒田工場 いまは中国のマーライオンホールディングスの傘下 
大統領選勝利後のドナルド・トランプ次期大統領と非公式会談した安倍首相からトランプに本間ゴルフの特注クラブが贈られた
DSC_5977_convert_20180910004814.jpg

DSC_5978_convert_20180910004853.jpg
鳥海山は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。鳥海火山の全体としては玄武岩ないし安山岩(SiO2 51〜62%)の溶岩からなる.
山体は山形県の飽海郡遊佐町・酒田市と秋田県の由利本荘市・にかほ市の4市町に跨がるが、山頂は飽海郡遊佐町に位置し、山形県の最高峰である。
江戸時代以前は、鳥海山や月山の東方にある葉山(白磐神社)が出羽三山の一つに数えられていた。
紀元前466年には大規模な山体崩壊を起こし、岩石や土砂が現在のにかほ市に堆積して象潟の原型を形成している。象潟付近の九十九島は紀元前466年の噴火で形成された流れ山で、形成当時は海中の小島であったが 1804年象潟地震により隆起し特徴的な地形となった。1801年の噴火では死者8名の記録があり、生じた溶岩ドームは東鳥海山の新山として現在も残っている。1974年3月から5月にかけては水蒸気爆発新山の東側火口および荒神ヶ岳の割れ目から噴煙を噴出した。
鳥海山から流れ出した新山溶岩流の末端崖には、湧水地が点在している。特に山麓の獅子ヶ原湿原は、標高500mながら、多様な高山性のコケ類が見られ、2001年に天然記念物に指定された(出典 Wikipedia)
DSC_5987_convert_20180910004920.jpg

DSC_5981_convert_20180910005020.jpg

DSC_5982_convert_20180910005044.jpg

DSC_5994_convert_20180910005259.jpg
DSC_5995_convert_20180910005322.jpg
秋田県由利郡象潟町の上郷地区では昔から鳥海山の冷たい雪どけ水をかけて米づくりをしており、長い間冷たい水に悩まされていました。
大正時代の終わりごろ、地域上流に発電所建設の話があり、その補償金を雪どけ水を温めることに使おうと地域のみんなで話し合い、日本で最初の温水路を作ることにしました。
以来、集落の人たちの賦役(ふえき)により、それぞれの集落から大勢の人々が出て、長岡・大森・水岡・小滝・象潟の五つの温水路を作りました。今のように機械(バックホウやブルドーザ)が無い時代に、全て人の力で、スコップ、クワ、もっこ等を使った大変な仕事でした。
昭和2年から始まった工事は、昭和35年まで、5路線、総延長6kmに及ぶ大事業となりました。
温水の効果やほ場整備事業等(栽培技術も進歩)により、以前は10アール当たり300kgだった収量は600kgも収穫できるようになりました(出典 美の国あきたネット)
SN00137.png
SN00135_convert_20180910005127.png

DSC_5996_convert_20180910005354.jpg
ダイモンジソウ
DSC_5997_convert_20180910005430.jpg
元滝伏流水 一見、滝。じつは、湧水.
鳥海山麓の雪解け水は地中へ潜み やがて伏流水として再び地表に現れる。水温は7℃ 酸性 都会の水道水の年平均温度は16~17℃
DSC_6001_convert_20180910005505.jpg

DSC_6000_convert_20180910005532.jpg

DSC_6002_convert_20180910005606.jpg

DSC_6005_convert_20180910005636.jpg
シナノキ
DSC_6006_convert_20180909145812.jpg

DSC_6009_convert_20180910005830.jpg
オオウバユリ 開花時に葉が枯れる 葉が⇒歯が....⇒姥百合
DSC_6011_convert_20180910005851.jpg
白神山地と比べると いやに奇形なブナの樹 
DSC_6013_convert_20180910005948.jpg
腐生植物 ギンリョウソウ は間違い ガイドの工藤様よりシャクジョウソウ(錫杖草)との指摘をいただきました。
DSC_6016_convert_20180910010052.jpg
獅子ヶ鼻湿原
鳥海国定公園・中島台の森には 広さ約26haの湿原があり 伏流水の湧水「出つぼ」が十数ヶ所ある。水温約7℃ Ph4.4~4.6
DSC_6017_convert_20180910012814.jpg
湧水の周りや川底には希少なコケが大量に生息し 流水の中で絡まりあいながら「鳥海マリモ」を形成している。
SN00138_convert_20180910022623.png

DSC_6018_convert_20180910012901.jpg

DSC_6021_convert_20180910012929.jpg

DSC_6023_convert_20180910012954.jpg
「鳥海マリモ」
DSC_6024_convert_20180910013027.jpg
「あがりこ女王」 艶やかに美形の14本もの幹が舞う  樹齢約150年 
奇形ブナ  ブナに代表されるように積雪地では比較的高い位置で枝を伐採する方法が採られたので、「あがりこ」と呼ばれる独特な樹形が見られる。炭焼きで 枝のみを伐採され続けた橅は伐口をコブ状にして そこから 新たに芽を出し続け奇形ブナになりました。
DSC_6028_convert_20180910013055.jpg

DSC_6032_convert_20180910013129.jpg
DSC_6033_convert_20180910013158.jpg
ガイドの工藤 純さん 豊富な写真とイラストで補足説明 ジオパーク認定時に伊豆大島の西谷可奈さんにお世話になりました よろしくとのことでした。  ガイドのご用命は 090-7666-3915 jun1741@mopera.net
秋田の写真家 工藤 純
DSC_6034_convert_20180910013230.jpg
IMG_20180909_0007_convert_20180910013257.jpg
トリカブト
DSC_6037_convert_20180910013324.jpg
炭焼窯跡 30箇所弱残っているそうです。奇形ブナは 炭焼き の仕業ということになります。 
萌芽が活発な広葉樹を伐採した翌年には、根株からびっしりと休眠していた芽が萌芽し、生育を始める。これが成長して新たな森林を作るのを期待するのが萌芽更新です。ブナに代表されるように積雪地では比較的高い位置で伐採する方法が採られたので、「あがりこ」と呼ばれる独特な樹形が見られます。
DSC_6038_convert_20180910013354.jpg

DSC_6039_convert_20180910013420.jpg

DSC_6043_convert_20180910013455.jpg

DSC_6045_convert_20180910013530.jpg

DSC_6046_convert_20180910013652.jpg

DSC_6048_convert_20180910013602.jpg
DSC_6047_convert_20180910013624.jpg
にかほ市(秋田県)  「象潟」は いま にかほ市象潟町 にかほ(仁賀保)は お殿様の名前だそうです。
IMG_20180911_0003_convert_20180911082951.jpg
鳥海山 2236m 出典 にかほ市観光案内より
SN00046(1)_convert_20180915071607.jpg

IMG_20180911_0001_convert_20180911082839.jpg
九十九島  出典 にかほ市観光案内より
SN00047_convert_20180915071636.jpg

IMG_20180911_0002_convert_20180911082915.jpg



IMG_20180909_0003_convert_20180910022513.jpg

繧ウ繝斐・_・・IMG_20180910_0001_convert_20180910065014
奥の細道  象潟
江山(こうざん)水陸(すいりく)の風光(ふうこう)数(かず)を尽(つく)して、今(いま)象潟(きさがた)に方寸(ほうすん)を責(せ)む。

酒田(さかた)の湊(みなと)より東北の方(かた)、山を超(こ)え礒(いそ)を伝(つた)ひ、いさごをふみて、その際(きわ)十里(じゅうり)、日影(ひかげ)ややかたぶくころ、汐風(しおかぜ)真砂(まさご)を吹上(ふきあげ)、雨朦朧(もうろう)として鳥海(ちょうかい)の山かくる。

闇中(あんちゅう)に莫作(もさく)して、「雨もまた奇(き)なり」とせば、雨後(うご)の晴色(せいしょく)またたのもしきと、蜑(あま)の苫屋(とまや)に膝(ひざ)をいれて雨の晴(は)るるを待(ま)つ。

.......この寺の方丈(ほうじょう)に座(ざ)して簾(すだれ)を捲(まけ)ば、風景(ふうけい)一眼(いちがん)の中(うち)に尽(つき)て、南に鳥海(ちょうかい)天をささえ、その陰(かげ)うつりて江(え)にあり。


西は有耶無耶の関(うやむやのせき)、路(みち)をかぎり、東に堤(つつみ)を築(きず)きて秋田(あきた)にかよふ道遥(はるか)に、海北にかまえて浪(なみ)打(う)ち入(い)るる所(ところ)を汐越(しおこし)といふ。

江(え)の縦横(じゅうおう)一里(いちり)ばかり、俤(おもかげ)松嶋(まつしま)にかよひてまた異(こと)なり。

松嶋は笑(わろ)ふがごとく、象潟はうらむがごとし。

寂(さび)しさに悲(かな)しみをくはえて、地勢(ちせい)魂(たましい)をなやますに似(に)たり。

 象潟(きさかた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花 

 汐越(しおこし)や 鶴(つる)はぎぬれて 海涼(すず)し 

 祭礼(さいれい)

 象潟(きさかた)や 料理(りょうり)何くふ 神祭(かみまつり) 曽良(そら)

蜑(あま)の家(や)や 戸板(といた)を敷(しき)て 夕涼(ゆうすずみ) 
                   みのの国の商人(あきんど) 低耳(ていじ) 

岩上(がんしょう)に 雎鳩(みさご)の巣(す)をみる 

 波(なみ)こえぬ 契(ちぎ)りありてや みさごの巣(す) 曽良

IMG_20180910_0001_convert_20180910065046.jpg
象潟や 雨に西施が ねぶの花
SN00077_convert_20180924093413.jpg
SN00066_convert_20180924093507.jpg
SN00046(2)_convert_20180924093613.jpg

SN00048(1)_convert_20180924093653.jpg
中国四大美女    西施 王昭君 貂蝉 楊貴妃

SN00046_convert_20180924093734.jpg
出典 荒俣 宏 ?
SN00048_convert_20180924093809.jpg

DSC_6050_convert_20180910083652.jpg

DSC_6059_convert_20180910084729.jpg
今宵のお宿は日本海荘内砂丘の波打ち際に建つ近代和風の5つ星ホテル 游水亭 いさごや  お世話になります
DSC_6061_convert_20180910083808.jpg

DSC_6055_convert_20180910083822.jpg

DSC_6054_convert_20180910083936.jpg

P9076328_convert_20180910084045.jpg
P9076329_convert_20180910084119.jpg
P9076333_convert_20180910084145.jpg

IMG_20180914_0001_convert_20180914070503.jpg


IMG_20180909_0006_convert_20180910084208.jpg

P9076321_convert_20180910084237.jpg
P9076322_convert_20180910084257.jpg
P9076323_convert_20180910084320.jpg

P9076325_convert_20180910084350.jpg

DSC_6058_convert_20180910095614.jpg
工藤さん 懇切な半日ガイド大変勉強になりました。ガイドが終ってからバスの発車まで大分時間がありましたが 最後まで お見送りいただき 心に沁みる旅でした。早速 日本酒「飛良泉」を注文いたしました。
DSC_6176_convert_20180915120300.jpg

(チョモ) 

関連記事
スポンサーサイト

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可