FC2ブログ
2020’04.30・Thu

コロナウイルス考 2

IMG_20200430_0009_convert_20200430190710.jpg
出典 朝日新聞 2020/04/29
IMG_20200430_0001_convert_20200430190507.jpg
新型コロナウイルス SARS-CoV-2 のゲノム分⼦疫学調査 出典 国立感染症研究所
疫学調査

SN00001_convert_20200430190606.png

M.Sさんの作品
IMG_20200501_0001_convert_20200501100703.jpg

IMG_20200430_0002_convert_20200430191242.jpg

IMG_20200430_0003_convert_20200430191313.jpg

IMG_20200430_0004_convert_20200430191359.jpg

IMG_20200430_0005_convert_20200430191439.jpg

IMG_20200430_0006_convert_20200430191515.jpg

IMG_20200430_0007_convert_20200430191549.jpg

IMG_20200430_0008_convert_20200430191612.jpg
(チョモ)


スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.25・Sat

割れ目火口 「小穴」

P4251842_convert_20200425160014.jpg

P4251843_convert_20200425160050.jpg

P4251844_convert_20200425160116.jpg

P4251845_convert_20200425160429.jpg
キョンに食べられずに... 「シュスラン」
P4251860_convert_20200425160842.jpg

P4251848_convert_20200425164606.jpg

P4251847_convert_20200425160912.jpg

P4251849_convert_20200425160958.jpg

P4251850_convert_20200425161206.jpg
台風15号(2019/09/09)の....
P4251851_convert_20200425162132.jpg

P4251853_convert_20200425162335.jpg
559年前の割れ目噴火の一部 「小穴」火口
P4251857_convert_20200425162411.jpg

P4251858_convert_20200425163644.jpg
シュスラン
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.23・Thu

エビネを探しに.......

P4211834_convert_20200423074841.jpg

P4211835_convert_20200423074939.jpg

P4211836_convert_20200423075018.jpg

P4211837_convert_20200423075059.jpg

P4211838_convert_20200423075125.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.18・Sat

コロナウイルス考

出典 前半は元町の友人M.Sさん作 後半は国立感染症研究所 その他より
IMG_20200418_0001_convert_20200418110649.jpg
IMG_20200418_0002_convert_20200418110716.jpg
IMG_20200418_0003_convert_20200418110752.jpg
IMG_20200418_0004_convert_20200418110830.jpg
IMG_20200419_0001_convert_20200419115823.jpg
IMG_20200421_0001.jpg
IMG_20200421_0002_convert_20200421092042.jpg
IMG_20200422_0001_convert_20200422114116.jpg
IMG_20200424_0004_convert_20200424152521.jpg


3月末に予約していた受診をキャンセル、とてもじゃないが 恐ろしくて上京できない。派遣先に毎日出社する東京にいる娘のことが 気がかり。娘のIgG抗体が陽性であってくれればと願う。
冬季に流行のピークをむかえヒトにうつる風邪のウイルスは4種類、ほかに動物由来が2種類、キクガシラコウモリによる 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス SARS-CoV と ヒトコブラクダ由来の中東呼吸器症候群コロナウイルス MERS-CoV。
加えて 2019/12月に武漢で発生し現在世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス SARS-CoV-2 (CoVはコロナウイルスの意、Coはcorona ←王冠のcrown, Vはラテン語ウィールスviresのV、英語でヴァイラス) 
模式図のSタンパク質はスパイクタンパク質 宿主の細胞膜を利用して作られるエンベローブはウイルスがヒトの細胞膜を引きちぎって出てくるときに脂質二重膜をまといます。 スパイクタンパク質の配列情報は98%SARSのものと一致していたものの僅かな変異で耐性を獲得しています。進化のスピードが比べ物もないほどに早く変異が多く起きる。研究者はSARSの抗ウイルス薬が、コロナウイルスにも有効だと考えましたが実際に実験を行ってみると、SARSの抗ウイルス薬は新コロナウイルスには全く効きません。SARSのスパイクよりも ヒト細胞に対して10〜20倍の高い親和性(結合しやすさ)を持っていることが分かったのです。ヒト細胞は異質だと感ぜず違和感なくウイルスを自分の一部だと認識して内部に取り込み結合してしまう。容易に感染がおこります。ウイルスの弱点は単独では増殖できない 一人では生きられないということ。 エンベローブが失われれば感染能を失いますから、石鹸やエタノールで容易に不活化させ、コロナウイルスを殺すことができます。宿主に大きなダメージを与えすぎると自らの生存が危ぶまれます。そこで咳やくしゃみで脱出して また別の宿主を探すことになります(自走性はなく飛沫感染) 熱に弱く肺の中は高温、胃の中は塩酸で快適ではありませんが肺に容易にはいりこんでしまいます。鼻と喉の粘膜が涼しく適温でウイルスにとって快適のようです。熱と乾燥が嫌いです。史上最大のパンデミックは1918~1921年のスペイン風邪 死者は5,000万人(日本45万人)ともいわれます。ウイルスの毒性が弱まって終息したそうです。もっとも強毒性・弱毒性は ヒトの側が強く反応するか 弱く反応するかの違いのようです。遭遇したことのないヒトは過剰反応してしまうそうです。
今生存する生物の共通祖先は38億年前に遡ります。ウイルスと生物が30億年以上もの間 互いに影響しあいながら共存してきました。30億年間ずーっと生物とウイルスは攻防を繰り返し ともに進化してきました。ウイルスは進化の伴走者でもあります。例えば 1億6000万年前に哺乳類の祖先にウイルスが感染しPEG10遺伝子を持ち込んだ そのおかげで胎盤ができて生存率が大幅に高まった(東京医科歯科大学 石野 史敏教授) ウイルスに負けるようなヒトはこの世に生きていません。またヒトを全て殺すようなウイルスもいません。ヒトはそんなにヤワではありません。 宿主であるヒトを殺せばウイルスも子孫を残せない。ほどほどのところで折り合いをつけてきた と考えます。
M.Sさんの「生物いきる天の啓示か」について 最後に一言 自然調和・予定調和で神は「長生きしすぎているヒト」を淘汰しようとしている は考えすぎでしょうか。 04/27日(月)受診予約 上京できるかどうかが身近な心配ごとです。島嶼9島は今のところ罹患者ゼロ。保健所は大島 三宅島 八丈島にあるがPCR検査はできません 東京都島嶼保健所は あと小笠原にあります。

SN00073[1]
出典 朝日新聞 2020/04/24
IMG_20200424_0002.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.16・Thu

木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館だより 25号

IMG_20200416_0001_convert_20200416070503.jpg
IMG_20200416_0002_convert_20200416070614.jpg
IMG_20200416_0003_convert_20200416070652.jpg
IMG_20200416_0004_convert_20200416070722.jpg
あんこ人形 四方山話2
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.05・Sun

「古道探索会の お花見」

歩行力維持を兼ねて春を満喫しましょう。 野増林道⇒アジコ尾根⇒外輪西最高点 桜ベルトを見下ろします。集合場所・時間はカッパの池 4月5日9時30分(八木 丈夫)

野増林道からカルデラ外輪まで お花見ウオーク 写真の外輪鞍部が「必勝必殺岩」で その右側に出ます。
P4051769_convert_20200405154404.jpg

P4051771_convert_20200405154457.jpg
足元にハナビラが.....真上を見ると....
DSC_0880_convert_20200405154534.jpg
「ダン」が お供します。
P4051742_convert_20200405154620.jpg

P4051743_convert_20200405154651.jpg

P4051745_convert_20200405154736.jpg

P4051747_convert_20200405154814.jpg 
古道探索 会員 「ダン」
DSC_8634_(2)_convert_20200405154914.jpg

P4051748_convert_20200405154946.jpg

DSC_8629_convert_20200405155448.jpg

DSC_0906_convert_20200405155229.jpg
フデリンドウ
P4051750_convert_20200405155551.jpg
必勝・必殺岩
P4230877_convert_20170423215110[1]
カルデラ外縁到着 左に「必勝・必殺岩」があります。  ART風画像にしてみました。
P4051751_convert_20200405155652.jpg
ダン&チョモ  出典 T.Tさん
SN00072_convert_20200509094832.png

P4051752_convert_20200405155727.jpg

P4051753_convert_20200405155801.jpg

P4051754_convert_20200405155830.jpg

P4051756_convert_20200405155906.jpg

P4051759_convert_20200405155936.jpg
ジオ学習 溶岩が流れていない三原の斜面にはハンノキが少なくオオシマザクラが目立ちます。
P4051761_convert_20200405160031.jpg
一方 赤だれ 「赤沢」のように溶岩が流れた沢は「ハンノキ」(オオバヤシャブシ)だらけです。溶岩には窒素がありません。そこで「放線菌」で窒素固定するハンノキが火山裸地・荒地の植生を甦らせます。マメ科植物やシロツメクサの「根粒菌」とハンノキの「放線菌」は やや遠縁な関係だそうです。  ART画像効果がありました。
P4051760_convert_20200405160109.jpg

SN00073.png

P4051765_convert_20200405160150.jpg

PA060724_convert_20200405225525.jpg
シチトウスミレ 青ヶ島と式根島をいれると「キュウトウスミレ」 青ヶ島は富士箱根伊豆国立公園からも 置き去りにされています。伊豆諸島は伊豆大島から孀婦岩(竹芝から直線距離で652km)までの間にある100余りの島嶼(大きい島と小さい島)からなります。人が住んでいる島は9島。
P4051766_convert_20200405160221.jpg
(絶海の孤島「青ヶ島」 2014/11/03)
DSC_9524_convert_20200509041910.jpg
出典 Naver
aogasima7_convert_20200509041503.jpg
お疲れ様でした。
P4051772_convert_20200405160300.jpg
カッパの橋から
DSC_2254_-_コピー_convert_20200405170822
青ヶ島
(チョモ)


Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.02・Thu

キジョラン(鬼女蘭)

「赤沢」のハンノキ(オオバヤシャブシ)
P4021721_convert_20200402153206.jpg
オオバヤシャブシ (大葉夜叉五倍子) 溶岩台地に卓越します(放線菌による窒素固定) 火山裸地 荒地を再生します。
P4021723_convert_20200402153242.jpg
「赤だれ」 古文書「大島山火記」は「赤沢」
P4021722_convert_20200402153317.jpg
直近の大規模噴火の「安永噴火」1777-1792年 は  大嶋山火記4行目 当七月廿九日暮時地中より火燃...とあり西暦で..08/31日夕方噴火が始まりました。村役人が韮山の代官に報告 代官 江川太郎左衛門(34代英征ひでゆき)が 勘定所に報告したのが旧暦八月十九日 西暦で09/20日 噴火から二十日後のことです。赤だれ「赤沢の溶岩」は噴火翌年の1778/11/06日に地層切断面上部まで流れ出ました。
_convert_20200508072803.jpg
赤だれ 左岸に「キジョラン」の大群生地があります。海を渡る蝶「アサギマダラ」の食草です。
P4021727_convert_20200402153357.jpg

P4021725_convert_20200402153429.jpg
(実が熟して種を創ります 髪を振り乱した「鬼女」 に観えますか)
PB300211_convert_20200402170840.jpg
PB300217_convert_20200402170925.jpg

もうじき 九州から「アサギマダラ」が飛来します。そして大島生まれのアサギマダラが島中を飛び交います。
P4021728_convert_20200402153536.jpg
(アサギマダラ) ヒヨドリバナで吸蜜中は たやすく指で挟めます。1,000km移動する蝶です。
_convert_20200402170953.jpg

P4021729_convert_20200402153606.jpg
安永噴火(1777/08/31夕方ー1792) 赤沢の溶岩は1778/11/06日に「地層切断面」(バームクーヘン)上部まで流れ下りました
P4021731_convert_20200402153643.jpg
(tyomoの耳)
P4021710_convert_20200402153754.jpg

P4021715_convert_20200402153841.jpg

P4021719_convert_20200402153922.jpg

P4021720_convert_20200402155632.jpg

P4021733_convert_20200402155729.jpg

P4021736_convert_20200402155801.jpg

P4021739_convert_20200402154048.jpg

DSC_8619_convert_20200402154112.jpg

DSC_8620_convert_20200402154137.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOP