FC2ブログ
  • « 2017·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2017’06.26・Mon

カキハラ磯の火山豆石と筆島の貫入岩

tyomo


火山豆石
P6261686_convert_20170626180823.jpg


スカシユリ めっきり減りました

出典 「火山伊豆大島スケッチ」 田澤 堅太郎 お求めは「藤井工房」で

(2013/04/26日撮影) ベースサージの露頭は護岸工事で現在は観れません。
ベース・サージ 水蒸気や空気などのガスと火山灰や岩塊など固体破片の混合した低温の火山砕屑流. 火口から環状に広がる横なぐりの噴煙を指し,低温の火山砕屑流というべきものである[Moore : 1976, 荒牧 : 1979]



ベースサージの露頭→現在


筆島
fudesima2.jpg

=
不動明王?

筆島の対面壁の貫入岩 人面? ヒューストンにいる姪が昨年の夏発見

(チョモ)
スポンサーサイト

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.15・Thu

行者祭り

正面が「櫛ノ峰」 05/14日の大島自然愛好会の秘境巡りでは櫛ノ峰のてっぺんで昼食
P6151572_convert_20170615165854.jpg

P6151578_convert_20170615165916.jpg
行者窟へ
P6151581_convert_20170615165940.jpg
トンネル右のルンゼと 上部は 見えませんがその左岸はまるで砂丘のような分厚い砂層
大島公園のサンドスキー場の行者沢 金剛沢 裏砂漠 表砂漠 サノ浜 等は 北東と南西の卓越風で相互に砂の移動が行われています。サノ浜の海砂をポンプ船 ガット船で大量に採取してから....砂防堤ができてから....砂の移動が減り.ました........。
P6151585_convert_20170615170014.jpg

P6151582_convert_20170615170051.jpg
波に磨かれて 1


P6151594_convert_20170615170133.jpg

P6151592_convert_20170615170111.jpg
イズノシマダイモンジソウ
P6151591_convert_20170615170232.jpg
咲くと
019_convert_20180615121215.jpg
波に磨かれて 2
P6151596_convert_20170615170304.jpg

P6151597_convert_20170615170328.jpg

P6151599_convert_20170615170357.jpg

P6151602_convert_20170615170423.jpg





P6151604_convert_20170615170452.jpg

P6151608_convert_20170615170517.jpg

P6151610_convert_20170615170545.jpg

P6151614_convert_20170615170616.jpg

P6151616_convert_20170615170645.jpg

P6151617_convert_20170615170722.jpg

P6151618_convert_20170615170748.jpg

P6151619_convert_20170615170815.jpg

P6151621_convert_20170615170842.jpg

P6151622_convert_20170615170911.jpg

P6151623_convert_20170615170935.jpg

P6151626_convert_20170615171026.jpg

P6151628_convert_20170615171054.jpg

P6151632_convert_20170615171211.jpg

P6151633_convert_20170615171300.jpg

P6151634_convert_20170615171328.jpg

P6151636_convert_20170615171354.jpg

P6151637_convert_20170615171416.jpg

P6151639_convert_20170615174405.jpg
入滅の地 大阪府箕面市 天上ヶ岳 標高499m  頂上に小角の銅像がある が天上ヶ岳 
大阪梅田から阪急宝塚線に乗り石橋駅で阪急箕面線(みのおせん)に乗り換え4km先の終点が箕面駅 大滝 モミジの天ぷら 猿のばっこで有名  役 小角は赦免されて大島から茅原(奈良県御所市)にもどり わずか6か月後に入滅した といわれています。
SN00134.png
聖護院 本堂 役行者 前鬼 後鬼 大峰八大童子
sign[2]_convert_20171021201835
聖護院 宸殿  役行者 鋼造 出羽守政常作
sign[3]_convert_20171021201935

出典 伊豆大島 地域資源情報集

a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/g/o/j/gojinka100/SN00133.png" target="_blank">SN00133.png

(チョモ)が選んだ大島三大パワースポットは御神火山頂火口を除き 「シカマガ滝」「大宮神社」「行者窟」
 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.12・Mon

バーベキュー

お取り寄せ高級和牛のバーベキューにお招きをいただきました(2017/06/11)
P6101525_convert_20170612084019.jpg
シクボの畑の琵琶を土産に持参
P6101527_convert_20170612084046.jpg
新島コーガ石のバーベキュウ炉 今は手に入りません
P6111535_convert_20170612084118.jpg
勿論 椿炭です。
P6111551_convert_20170612085718.jpg

P6111533_convert_20170612084241.jpg

P6111530_convert_20170612090853.jpg
P6111532_convert_20170612084216.jpg
P6111552_convert_20170612084144.jpg

P6111555_convert_20170612084501.jpg

P6111566_convert_20170612084559.jpg

被災した熊本の「メグ」がはるばる大島へ
P6111543_convert_20170612090720.jpg
P6111558_convert_20170612084531.jpg

P6111559_convert_20170612093953.jpg
端正こめたアマリリスが屋敷を取り囲んでいます。
P6111537_convert_20170612092110.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.04・Sun

第12回古道探索

作図 リーダー 八木丈夫


トーシキキャンプ場からの二子山 右ピークの三角点をめざします
P6041404_convert_20170604200603.jpg
集合場所は南部三原山線 ヨハからちょっと上がったところ左側にある焼却灰の処分場
 
(大島一般廃棄物管理型最終処分場は東京都島嶼町村一部事務組合が運営 大島 利島 新島 神津島から出た焼却灰を埋め立てています。最大埋め立て容量は49,500立方メートル 供用開始から11年目埋め立て進捗率は昨年で40% 1年更新の入札で 村松興業が管理を受託しています)
P6071504_convert_20170607123031.jpg
IMG_convert_20170607123201.jpg
二子山 ライトピークの三角点をめざします。
P6071507_convert_20170607123129.jpg
N34°42′12″ E139°25′34″ 処分場の60m先から入山
P6041405_convert_20170604200656.jpg
エビネ
P6041407_convert_20170604200718.jpg
カヤそれともツガ? 多分カヤでしょう 大島で初見  N34°42′12″ E139°25′34″
P6041409_convert_20170604200739.jpg
初参加の五味富士男さん 77歳  12回目にして初めて参加いただいた最初の方です。
P6041411_convert_20170604200852.jpg
P6041412_convert_20170604200918.jpg
アカバンコウが...
P6041413_convert_20170604200942.jpg
N34°42′12″ E139°25′34″ 林道 間伏線に出ました。
P6041414_convert_20170604201003.jpg
急登につき アブミ(鐙)使用 赤いベルトが梯子です。
P6041415_convert_20170604201022.jpg

P6041417_convert_20170604201049.jpg
ちゃんと道があります うれしくなってしまいます。間伏林道よりも昔からあった道です。
P6041419_convert_20170604201127.jpg
まだエゴノキが咲いています。
P6041420_convert_20170604201158.jpg
P6041463_convert_20170604201226.jpg
P6041464_convert_20170604201252.jpg
ミヤマシキミが群生
P6041421_convert_20170604201315.jpg
P6041424_convert_20170604201343.jpg
P6041425_convert_20170604201412.jpg
ヤマボウシ
P6041426_convert_20170604201434.jpg

P6041428_convert_20170604201539.jpg
モウセンゴケ
P6041429_convert_20170604201606.jpg
P6041433_convert_20170604201637.jpg
二子山ライトピーク 直登します
P6041430_convert_20170604201713.jpg
二子山 左ピーク
 
航空保安無線施設が山頂にあります。立ち入り禁止です。 ボルタック(VORTAC) - VOR + TACAN -
飛行中の航空機が、自機の位置(=方向ならびに位置に関する情報)を確認するために使用する無線標識施設の一つです。
機能的には「超短波全方向式無線標識施設 (VOR)」と「距離情報提供装置 (DME)」の併設である「VOR/DME」と同じものです が、距離情報提供装置 (DME)の部分として、軍用に開発された「TACAN(タカン)」の距離測定装置部分を利用している点が異なります。なお、「ボルタック (VORTAC)」とは、「VOR」と「TACAN」を掛け合わせてできた略称です。(出典 Wikipedia)
P6041432_convert_20170604201744.jpg
P6041434_convert_20170604201825.jpg
P6041437_convert_20170604201852.jpg
P6041439_convert_20170604201916.jpg
N34°42′41″ E139°24′58″ 二子山三角点  標高619.1m
P6041443_convert_20170604201951.jpg
P6041442_convert_20170604233755.jpg
櫛形山
P6041444_convert_20170604202016.jpg
P6041445_convert_20170604202047.jpg
P6041446_convert_20170604202111.jpg
画面中央に白色とピンクのヤマボウシ
P6041447_convert_20170604202140.jpg
P6041501_convert_20170604201508.jpg
イズノシマダイモンジソウ
P6041450_convert_20170604202234.jpg
リーダーが手を振っています。
P6041453_convert_20170604202300.jpg
P6041455_convert_20170604202336.jpg
ジュウモンジシダ
P6041456_convert_20170604202402.jpg
N34°42′48″ E139°25′2″ ツツイシ線 二子山登山口
P6041458_convert_20170604202431.jpg
シマコゴメウツギ
P6041461_convert_20170604202503.jpg
モミジイチゴ 適度の酸味があって美味
P6041500_convert_20170604202530.jpg
ウバユリ 花芽がついています
P6041465_convert_20170604202600.jpg
キョンによる食害 ハチジョウショウマ
P6041466_convert_20170604202629.jpg
サクユリも
P6041490_convert_20170605005143.jpg

P6041468_convert_20170604202703.jpg
シマノガリヤス 野刈安
P6041470_convert_20170604202731.jpg
P6041471_convert_20170604202759.jpg
カジイチゴ 甘いだけで....
P6041476_convert_20170604202826.jpg
櫛形山  左側の深い溝は4年前のパイピング孔とガリーです。
P6041479_convert_20170604202918.jpg
裏砂漠を右に捲いて古道を探します。
P6041482_convert_20170604202947.jpg
P6041485_convert_20170604203015.jpg
サイハイラン
P6041487_convert_20170604203037.jpg
月と砂漠ラインに出ました ここからまた古道に入ります。
P6041492_convert_20170604203119.jpg
P6041491_convert_20170605010828.jpg
貯水槽?
P6041495_convert_20170604203145.jpg
ツツイシ線に出ました。
P6041496_convert_20170604203212.jpg
島で最大の「イズホソバテンナンショウ」 毎年出現します。
P6041497_convert_20170604203242.jpg
テンニンソウ
P6041498_convert_20170604203312.jpg
コケ
P6041499_convert_20170605050403.jpg
試合場下の南部三原山線のカジイチゴ群落
P6041502_convert_20170604203411.jpg
もうじきスタート点 お疲れ様でした。
P6041503_convert_20170604203440.jpg

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOP