FC2ブログ
  • « 2017·01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2017’01.07・Sat

新春足慣らし「溶岩流遡上」

作図 リーダー 八木 丈夫
IMG_convert_20170107184422.jpg
左手「平田幸一家」 右が「二番が沢」方面  N34 41 37 E139 24 19 09:10出発
P1070680_convert_20170107184640.jpg
オオシマザクラ
P1070681_convert_20170107193401.jpg
二番が沢へおります
P1070682_convert_20170107193429.jpg
モチノキの倒木
P1070683_convert_20170107193456.jpg
モチノキ モッコク モクセイは代表的な庭木
P1070702_convert_20170107193527.jpg
二十三夜様(オグスナノカミ) 祠の建立者 木村三吉が三崎からの帰り相模灘で時化にあい 神仏に祈ったところ日頃の行いが良いということで「二十三夜の神」に助けられた と言い伝えられています。いまは木村家に代わり三辻武晴さんが御守りをしているそうです。明治廿五年六月立之 木村三吉  現在地より右手にあった椎の大樹の根元の洞穴に祀られていたが1985年(昭和60年)の夏 武晴さんの亡父 三辻昭一さんが移設立て替えたものだそうです。
P1070685_convert_20170107193553.jpg

P1070686_convert_20170107193618.jpg
ホルトノキと溶岩 どちらが先論争
P1070688_convert_20170107193641.jpg
ホルトノキ
SN00080.png

P1070691_convert_20170107193716.jpg
P1070692_convert_20170107193738.jpg
P1070694_convert_20170107193802.jpg
P1070696_convert_20170107193827.jpg
P1070697_convert_20170107193853.jpg
中央が窪んだV字形の断面 溶岩流も河の流れと同じ振舞いをする。
P1070698_convert_20170107193921.jpg
P1070699_convert_20170107193944.jpg
P1070703_convert_20170107194016.jpg
P1070705_convert_20170107194043.jpg
P1070706_convert_20170107194115.jpg
P1070707_convert_20170107194139.jpg
12世紀に「モッコク」から流れでた溶岩ではありません。ずーっと古いものです。
P1070711_convert_20170107194207.jpg
P1070714_convert_20170107194239.jpg
P1070715_convert_20170107194303.jpg
P1070718_convert_20170107194331.jpg
この壁は上部半分がスラブで直登できません 捲いて登ります。
P1070719_convert_20170107194402.jpg
P1070720_convert_20170107194432.jpg
P1070724_convert_20170107194502.jpg
P1070727_convert_20170107194527.jpg
P1070730_convert_20170107194554.jpg
P1070731_convert_20170107194621.jpg
溶岩に彫られた財産区の境界標識
P1070733_convert_20170107194654.jpg
P1070735_convert_20170107194723.jpg
P1070739_convert_20170107194748.jpg
P1070741_convert_20170107194811.jpg
P1070742_convert_20170107194839.jpg
N34 42 31 E139 24 33
P1070745_convert_20170107211746.jpg
P1070746_convert_20170107194933.jpg
P1070749_convert_20170107194957.jpg
サイハイラン
P1070750_convert_20170107195025.jpg
(2013/06/09)
ABC_5957_convert_20170108100431.jpg
P1070751_convert_20170107195054.jpg
P1070753_convert_20170107195125.jpg
ジエビネ
P1070755_convert_20170107195155.jpg
(2009/04/23)

ジュウモンジシダが群生
P1070757_convert_20170107195225.jpg
(ジュウモンジシダ 2012/04/28)
IMGP0981_convert_20170111094716.jpg
沢はなくなりました。
P1070758_convert_20170107195253.jpg
月と砂漠ライン駐車場脇に到着
P1070759_convert_20170107195319.jpg
P1070761_convert_20170107195358.jpg
P1070762_convert_20170107195422.jpg
N34 43 1 E139 24 13 左の尾根を降ってきました ここは平成16年にL字に切って道路ができました。道路がなければ繋がっていたミラー右上の尾根を降ります。
P1070765_convert_20170107195448.jpg
右から降りてきました 左は「シガラミ山」へでます。
P1070769_convert_20170107195517.jpg
P1070770_convert_20170107195541.jpg
「モッコク」へ
P1070771_convert_20170107195614.jpg
P1070772_convert_20170107195644.jpg
寄り道 「松の窪」右側を左に捲いて流れた溶岩流を探してみましたが手がかりが見つかりませんでした。
P1070774_convert_20170107195719.jpg
松の窪の「桜っ株」11本仕立て 炭焼きで切られたのでしょう 炭焼窯跡が沢山あります。
P1070776_convert_20170107195751.jpg
P1070778_convert_20170107195838.jpg
P1070780_convert_20170107195902.jpg
「松の窪」西尾根と東尾根の分岐点 東尾根をくだる。
P1070779_convert_20170107224155.jpg

モチノキ 
P1070782_convert_20170107195940.jpg
帰着16:03 電柱番号は764
P1070785_convert_20170107200007.jpg
12世紀にモッコクから流れ出た溶岩(N1L)について探索を続けることが今年の課題の一つです。
出典 産総研 「火山地質図 」川邉禎久先生に一部加筆    国土地理院 「火山土地条件図 伊豆大島」
SN00063.png
SN00023_convert_20170107184557.png
(チョモ)
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOP