FC2ブログ
2011’08.31・Wed

秋を告げる白い花

大島は緑が濃い島だと思います。
よく見ると樹木に混じってツル性植物もけっこうな勢力となっています、何と言っても一番はクズでしょう、畑などを切り開いて最初に出てくるのはこれ、大きな木を乗っ取るように絡んでいます、ツル天国になってしまいそうです。
最近多くなったなーと感じるツルはこれ「センニンソウ」仙人草とも書きます、白い花がいっぱい咲いてきれいですが、けっこう臭います。何で仙人草なのか、名前の由来のヒントは「ヒゲ」です、これでもかと言わんばかりに陣地を広げて絡んだツル、こんなにあったか、そう思うほどに咲き誇ります。

   P8300004.jpg
スポンサーサイト

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.31・Wed

バータゴ様

安永の大噴火(1777/8/31~1792 安永6-寛政4)の溶岩流と深い関わりをもつ三つの祠を 野増の人達はバータゴ様と呼んで崇めている。阿地古の沢をはじめこの方面へ行くことを「バージホへ行く」といっている。バータゴ様はもと 茅を結わえたボッチャであったが 近年になって石祠やコンクリート造りの祠になり鳥居を建てたりしたようである。(島の史跡 P52)ここで紹介するバータゴ様は宮の沢橋横の旧馬道(三原登山道)を上がり間伏林道の交差点より300m程下った左手にある。
 ABC_1793_convert_20110831085105.jpg
 ABC_1794_convert_20110831085217.jpg
 ABC_1796_convert_20110831085902.jpg
 ABC_1791_convert_20110831085745.jpg
 ABC_1797_convert_20110831085327.jpg
 安永噴火鎮静祈願「バータゴ様」
 岡田 八幡神社のイボッチャ
(チョモ)

Categorie大島今昔・風俗風習  - コメント(0) TOP

2011’08.30・Tue

二番が沢を遡上して二十三夜様へ

松の窪の上部にN1期(12C 野増層1)に形成されたと考えられる2つのスコリア丘があり下の噴石丘から流れでた2本の溶岩流の北西側が二番が沢である。沢を遡ってみた。上流は数mの段をなし熔岩が厚く入り込んでいる。やがて右岸にシイの大木があり その根の下が洞となって抗火石で造った龕の中に「二十三夜様」(海難救助の神)の石祠が祀られている。更に20m程遡るとスラブ状の溶岩流をしっかりと抱きかかえるように根の一部が露出したシイの巨木がある。
 ABC_1788_convert_20110830134944.jpg
 ABC_1786_convert_20110830135107.jpg
 ABC_1776_convert_20110830135522.jpg
 ABC_1775_convert_20110830135620.jpg
 ABC_1785_convert_20110830135218.jpg
 ABC_1781_convert_20110830135801.jpg
 ABC_1783_convert_20110830135351.jpg
ABC_1779_convert_20110830141456.jpg
次回は沢がなくなるまで遡ろう
(チョモ)

Categorie大島今昔・風俗風習  - コメント(0) TOP

2011’08.30・Tue

波浮港現代美術展作品紹介ラスト

旧波浮小学校を出て役場出張所近くにある「甚の丸」へ 芝生の場所へ、それから急な石段を降りて波浮港の古い町並みへ、現代美術展の旗がなければ通り過ぎてしまいそうでした。

旧甚の丸邸
P8250123.jpg
P8250110.jpg
P8250109.jpg


P8250111.jpg
P8250112.jpg
P8250115.jpg


菊地家の芝生
P8250124.jpg
P8250128.jpg
P8250126.jpg


旧西川寿司
P8250135.jpg
P8250136.jpg
P8250138.jpg


竹内博 息吹  旧三崎屋
P8250141.jpg


波浮港東側岬の先端 堤防と手すりの向こうに湾が開けています
P8250129.jpg
P8250132.jpg
P8250131.jpg


P8250133.jpg
  
  美術展責任者の坂口さん(大島在住)の作品や数名のアーチストの作品紹介が抜けてしまいました、陳謝。
  期間中の入場者は800人とか、もう会場の片付けも終わり静かな波浮の町に戻ったことでしょう。

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.29・Mon

波浮港現代美術展作品紹介5

旧波浮小学校の展示はここまで、次回は屋外と甚の丸ほか で作品紹介は終わります(全アーチスト作品は無理そうです)

  大島ブロガー(パソコン扱いの先駆者)の展覧会動画 お楽しみいただけます


P8250093.jpg
P8250094.jpg

三木サチコ
P8250081.jpg
P8250086.jpg
P8250096.jpg


P8250106.jpg
P8250107.jpg
 映像です


 高田芳樹
P8250105.jpg


トーマス アレックス
P8250052.jpg

トーマスさんによるワークショップ「昔話を版画にしよう」 参加者の作品です
P8250048.jpg

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.29・Mon

波浮港現代美術展作品紹介4

P8250057.jpg
P8250058.jpg


P8250061.jpg
P8250062.jpg
P8250083.jpg
 何枚もの薄いスクリーンに映る映像です


P8250068.jpg
P8250069.jpg
P8250070.jpg


P8250071.jpg
P8250072.jpg


P8250078.jpg
P8250077.jpg



P8250080.jpg
P8250067.jpg
P8250143.jpg
 波浮港にも同じ文字がありました 作者がどなたか失念です


P8250088.jpg
P8250090.jpg



Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.28・Sun

波浮港現代美術展作品紹介3

P8250038.jpg
P8250039.jpg



P8250040.jpg
P8250041.jpg



P8250045.jpg
P8250046.jpg
P8250047.jpg
 五線譜に島の葉っぱで音符を置いたそうです、大島に来てから考えたと本人が言われました


P8250042.jpg
P8250043.jpg
 風にゆらゆらしてました


P8250053.jpg
P8250054.jpg
P8250055.jpg

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.28・Sun

波浮港現代美術展作品紹介2

旧波浮小学校の受付直ぐの壁に大島滞在中の日記のようなレポートが何枚も貼ってありました。
スーハイドゥー(オーストラリア) 男性でしょうか女性でしょうか 今回の大島の美術展開催を進めた二人のアーチスト(伊豆大島の坂口・高田)の写真、自然体の二人が写っていました。きっとこのスーさんは物書きと写真家ではないかと思い受付で「パソコンでこのレポートを見れますかか」と聞いてみました、画像として取り込むには多すぎるので。
いわく、フェースブックという友達紹介登録すれば見れるかも、フェースブックってなーに、初耳です、そんなレベルの私ですが何とか繋がりました、まだレポートのホンの一部しか目にすることができませんが、その一端を紹介いたします。初めて訪れた伊豆大島が異邦人にどう映ったのでしょう。

P8250102.jpg
P8250103.jpg


スーハイドゥーさんの  村で一人さまよう異邦人  

DAY 1 - HITOSAJI PROJECT ひとさじ・ぷろじぇくと --- 漠然とした第一歩 // A LOOSE BEGINNING

「ひとさじ・ぷろじぇくと」は「村で一人さまよう異邦人」という大きなシリーズの一環だ。参加者との出会いを求めて町中を歩き回るもので、今回ほどタイトルの“さまよう”の意味にぴったりはまるプロジェクトもないと思う・・・


.

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.27・Sat

波浮港現代美術展作品紹介1

8月13日から開かれてきた現代美術展は明日28日が最終日です。参加された29名のアーチストの作品を紹介すべく見学に行ってきました、入場者は600人を越えたそうです。
「おいおいこんな風に見る作品じゃないよ、これじゃだめだよ」そんなお声も聞こえてきそうですが、事務局のブログを拝見しても何の紹介・更新もされていないので当ブログで何回かに分けて作品を見ていただきます、うっかり作者と作品が違ったりもれていたりしていたとしてもご容赦のほど・・

 堀尾貞治
P8250032.jpg
P8250030.jpg
P8250030.jpg


P8250034.jpg
P8250035.jpg


P8250036.jpg
P8250037.jpg
P8250098.jpg
P8250099.jpg
P8250100.jpg
P8250101.jpg
身近な地元をテーマにした作品はうれしいですね 私は現代美術というものほとんど理解できていませんが考えてはいます こんな感じで順次作品を紹介してゆきます

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.27・Sat

何してますか

P8240010.jpg


夕方6時頃から集まってくると教えてもらったので待っていたらほんとに集まってきました。
一枚目が午後六時、二枚目からは午後6時半過ぎです。バタバタ羽ばたいて電線に止まっています、何をしているのでしょうか。いっぱいある電線から「ここを選んだ理由は何ですか」と聞いてみたいです。

P8240013.jpg

P8240014.jpg

P8240027.jpg

何の鳥でしょうか、暗くなってきましたが、黒い頭に白に胸の模様が見えます、ツバメでした、軽く100羽はいたでしょう。
たしか春を告げるように大島に渡ってきたと思いますが、いつ何処へ旅立つのでしょうか、身近にいても鳥の一日のすごし方何も知らずに暮らしています。

Categorie鳥や動物  - コメント(0) TOP

2011’08.27・Sat

2011波浮港現代美術展やりましたよ展 

IMG_0001_convert_20110827111304.jpg
 IMG_0002_convert_20110827111223.jpg
(チョモ)

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.26・Fri

ショイコ(オイコ)とササグ

郷土資料館に瀬戸内海歴史民族資料館の織野英史さんが背負子の研究のために来館した。織野さんは背架・農具研究の第一人者で差木地の井沢武さん(99歳)から熱心にヒヤリングした。
 井沢武さんの話を熱心に聴く高松からきた織野さん
 井沢武さんが10年程前に造った背負子
 縛り縄 背負い縄の使い方実演
 直島諸島石島の負子   豊島・小豊島の負子論文
 アサヒ写真ブック50 伊豆大島
 岩波写真文庫160 伊豆の大島 イタダキを島ではササグという
 ササグ  物を頭に載せて運ぶ。
(チョモ)

Categorie大島今昔・風俗風習  - コメント(0) TOP

2011’08.23・Tue

タマアジサイの変種です

変種たまあじさい
                              椿花ガーデン・リス村で咲いています

ここ数日リアルタイムブログは「タマアジサイ」が咲き乱れています。
7月20日に早くも咲き始めたという情報をこのブログで紹介しました。それからひと月でほぼ満開です。
本名は「ラセイタタマアジサイ」大島では「沢塞木―サワフサギ」「サーフター」とも呼ばれています。似た名前で「サワフタギ」がありますが、Morichanの雑記帖の備考欄に「サワフタギなる植物はハイノキ科の別種。樹形、花、実などまったく異なる」と記されています。
珍しい花がさいたから、と椿花ガーデン・リス村の山下村長さんが写真を見せてくれました、確かに珍しいはじめてみる花です、同じタマアジサイとは思えません。
山下村長さんは九重ヨウラクタマアジサイではないか、と言われるのでPCで調べてみました。

ある方のブログに
  b.ヨウラクタマアジサイ H.i.var.mulutiplex
   中井猛之進、昭和23年、伊豆大島で発見命名。
   「八重無性花がが幾重にも段咲きになる変種」装飾花、両性花とも八重の塔咲きとなるが八重化しない両性   花も混在する。
   装飾花の位置の花はやや大型。八重八重化した花は、無性花となり花軸が伸長し、ガク片を作り続ける。花   軸が伸びて、ひも状になるのをヨウラク(瓔珞)に見立てた名。
   その後、山梨県甲府付近でも同種類の変異株発見された。品種名は、甲府ヨウラクタマアジサイ。伊豆大島   岳の平地区でもやや異なるタイプのヨウラクタマアジサイが発見されている。

   yourakutamaP9170009k.jpg


写真を見比べると花の形が違うようです、学名は分かりませんが「九重タマアジサイ」のようです、いずれにしても「タマアジサイ」の変種でよく探せば伊豆大島の原種を見つけることができるかもしれません。
リス村には一株だけあって今が盛りです、この株は大島在住の園芸家から分けてもらったそうです、村長さん珍しい株のようです、大事に育てて増やしてくださいね。

3信吾 014

Categorie木々や花々  - コメント(1) TOP

2011’08.22・Mon

クサギとラセイタタマアジサイ

島で いま一番目につく花はクサギと羅背板タマアジサイです。クサギはしべがかなり長く葉に毛のある 萼片が赤で花の中心も赤いクサギとしべが短く葉に毛がない萼片が緑で花の中心が白いシマクサギとそれらの変異とがあります。ロバとクサギが見事に照応するのには驚きました。芭蕉の 道のべの木槿は馬にくわれけり 馬が牛になると むくげと組み合わせになりません。地味な花ですが 何故か島の風景に照応いたします。
 ロバとクサギ
 ABC_1747_convert_20110822144205.jpg
 ABC_1748_convert_20110822144255.jpg
 クサギの大群落
 ラセイタタマアジサイ
 ABC_1760_convert_20110822145109.jpg
 ABC_1766_convert_20110822144837.jpg
 ABC_1765_convert_20110822145009.jpg
(チョモ)

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.21・Sun

差木地の切替畑と背負子(ショイコ)の話 

昨夜 ベットの中で読書中の 差木地の井沢 武さんを訊ねた。翁は来年の4月3日で満100歳を迎える。チョモは知りたいこと 聴きたいことがあると 真っ先に生き字引の井沢さんを訪ねることにしている。井沢さんは自宅から1km一寸離れた畑の中の工房に毎日白髪をたなびかせ自転車で通っている。翁の話の要約.....
地主から3年畑を借りると ハンノキ(オオバヤシャブシ)とオオシマザクラの種を蒔く 借地に春 薩摩苗を植え秋 芋を掘ったあとに麦を蒔く 3年経って畑を返すときに育った櫻とハンノキの三尺苗を植えて返却する(事典では切り替え畑とは森林を伐採しあとを畑地として粗放な農作を行い地力が衰えると一定期間休閑しこれを繰り返すshifting fieldとあります)
背負子は主にふたとうりの使い方があった。カンスゲ等牛馬の飼料運搬 炭焼きの原木運搬 180(長さ)×90cm(高さ)(1棚)になるように10数本の雑木を背負子に括りつけ運んだそうです。(差木地はその昔 漁業権を持たない山方であった)1棚で7~8俵の炭が出来た。最後に3尺の話 素性のよいミズキ(3尺と呼んだ)椿 櫻を 最長3尺 2尺 1尺5寸 1尺に輪切りして出荷 石高計算された。井沢さんによると枝と枝の間隔が丁度3尺に伐れたのでミズキを3尺と呼んだそうです。
お元気な井沢武さん(99歳)
井沢さんお手製の背負子
ABC_1753_convert_20110821133848.jpgハンノキ(大葉夜叉五倍子オオバヤシャブシ)根粒菌と共生し窒素固定 古くから荒地 海岸砂防の緑化用に植栽された 鈍色を出すタンニン系染料として果穂が用いられた 
ミズキ(ミズクサ)こけし タタキ独楽の細工材として出荷

差木地は山方 (チョモ)

Categorie大島今昔・風俗風習  - コメント(0) TOP

2011’08.20・Sat

クサギ満開に

P8200001.jpg

P8200005.jpg


雨模様の大島です
カンカン照りよりこれくらい湿って涼しいほうが似合う「クサギ(臭木)」が満開です、葉を触らなければ臭くはありません。
木によって花の色が異なります、島の人は秋になると熟した紺色の実と赤くなったガク(葉っぱを使う人も)を使って染色します。

P8200007.jpg

P8200006.jpg

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.19・Fri

2011波浮港現代美術展 ③

8/19~21 Thomas von Arxのワークショップ 昔の話を版画やレリーフにしよう !
ABC_1725_convert_20110819165645.jpg

ABC_1720_convert_20110819163741.jpg
 ABC_1721_convert_20110819163847.jpg
 ABC_1722_convert_20110819163939.jpg
 ABC_1723_convert_20110819164041.jpg
 アッチ考 Thinking about the Next World 坂口啓子 トイレットペーパーの素材は硝子です
 ABC_1736_convert_20110819164754.jpg
 ABC_1734_convert_20110819164658.jpg
 ABC_1733_convert_20110819164459.jpg
 ABC_1732_convert_20110819164557.jpg
 ABC_1730_convert_20110819164353.jpg
 ABC_1742_convert_20110819165157.jpg
 ABC_1741_convert_20110819165053.jpg
 ABC_1740_convert_20110819164951.jpg
 ABC_1744_convert_20110819165432.jpg
 ABC_1739_convert_20110819165324.jpg
 ABC_1737_convert_20110819164840.jpg
 ABC_1745_convert_20110819165527.jpg
(チョモ)

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.19・Fri

しばらく涼しそうですが

  P8180010.jpg
            岡田日の出浜海水浴場です シャワーもあります

  P8180006.jpg
            陸に向かっている浮き輪が私の関係者です

大島は風向きによって海が変化します、北風だと西南方面が静かで南西だと北東が静かです。
昨日は南西が強く伊豆半島に面した海岸は大荒れでした、そんな時は岡田の日の出浜がおすすめです。
私の孫たちが来ていたので一緒に行って来ました。細かな砂浜で遠浅、静かな入り江になっているので泳ぎやすかったです、駐車場も近いし。
大学のサークルらしき若者もおりにぎやかでした。入り江の真ん中に浮島があって人気です。4才と2才の孫たちも初めて浮き輪で行ってきました。

  P8180024.jpg

Categorie大島みどころガイド  - コメント(0) TOP

2011’08.17・Wed

小学校の統廃合 2008/04/01 差木地小 波浮小→つつじ小学校

2008/3月廃校になった旧波浮小学校
 ABC_1680_convert_20110817150516.jpg
 一年生の教室
 ABC_1681_convert_20110817150622.jpg
 ABC_1682_convert_20110817150735.jpg
 ABC_1686_convert_20110817150841.jpg
 ABC_1689_convert_20110817150947.jpg
 ABC_1690_convert_20110817151051.jpg
 ABC_1691_convert_20110817151152.jpg
 ABC_1693_convert_20110817151351.jpg
 ABC_1696_convert_20110817151518.jpg
波浮港現代美術展メイン会場 ~8/28
 卒業制作壁画
 ABC_1684_convert_20110817151956.jpg
 杉浦 元気しているか
 
ABC_1683_convert_20110817151747.jpg
 ABC_1703_convert_20110817152352.jpg
学校設置条例の改正に伴い つつじ小学校にさきがけて 2005年4月に元町小 野増小がつばき小学校 岡田 泉津 北の山が さくら小学校に統廃合されました。 再利用の大イベント「波浮港現代美術展」が廃校になった旧波浮小学校で開催中です。坂口啓子さん 高田芳樹さんをはじめ実行委員会の皆さん 出品された作家の皆さんに最大の敬意を表します。(チョモ)

Categorie大島今昔・風俗風習  - コメント(0) TOP

2011’08.17・Wed

12class 伊豆大島紹介

波浮港にある旧波浮小学校を中心にして20名近くの「現代美術作家」が作品を作り展示しています。当ブログでチョモさんが 波浮港現代美術展 の一部を紹介してくれています。
期間中に私も一度見学に行きたいと思っています。

フリーペーパー「12class 8月1日号 通算14号] (発行人・千葉れみー伊豆大島の情報誌)を届けていただきました。
表紙は波浮港、特集は「海へ行こう」です、この雑誌の中で「波浮港現代美術展」が紹介されていますので貼り付けました。


  img041.jpg

  img040.jpg


Categorie大島みどころガイド  - コメント(0) TOP

2011’08.17・Wed

白いユリ

色鮮やかなサクユリなどが終わって白いユリが咲き始めました、うろ覚えですがこの形のユリは「ウバユリ」「テッポウユリ」「タカサゴユリ」のような名だったと気がしますが、念のためにパソコンで検索してみると、「ウバユリ」とは違いそう、テッポウは6月ごろに咲くというから「タカサゴユリ」ではないでしょうか。
いつもはもっと夏の初めに咲いていたような気がします、リアルタイムでと思うとあれこれに目が行き、そしてあれこれ発見でき、名前を覚えたり、いつ咲くのかメモしたり、島がまた身近になってうれしいです。


   P8160002.jpg

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.16・Tue

2011波浮港現代美術展(8/13~8/28) ②

ABC_0574_convert_20110607185324.jpg
 ABC_1632_convert_20110816152018.jpg
 ABC_1638_convert_20110816152124.jpg
 ABC_1637_convert_20110816152241.jpg
 ABC_1634_convert_20110816152345.jpg
 ABC_1635_convert_20110816152541.jpg
 ABC_1651_convert_20110816152453.jpg
 ABC_1640_convert_20110816152653.jpg
 ABC_1641_convert_20110816152746.jpg
 ABC_1643_convert_20110816152848.jpg
 ABC_1644_convert_20110816152942.jpg
 ABC_1645_convert_20110816153041.jpg
ABC_1646_convert_20110816153136.jpg
 ABC_1649_convert_20110816153339.jpg
 ABC_1654_convert_20110816153438.jpg
 ABC_1655_convert_20110816153644.jpg
(チョモ)

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.16・Tue

2011波浮港現代美術展(8/13~8/28) ①

ABC_1636_convert_20110816135244.jpg
 ABC_1618_convert_20110816135428.jpg
 ABC_1615_convert_20110816144458.jpg
ABC_1667_convert_20110818080449.jpg
 
Thomas von Arx
 精霊のいる処 山本伸樹(いわき市住)
 ABC_1610_convert_20110816135912.jpg
 ABC_1611_convert_20110816135533.jpg
息吹 竹内博
 ABC_1613_convert_20110816140123.jpg
 上杉 英 風の路
 ABC_1621_convert_20110816140443.jpg
 ABC_1627_convert_20110816140550.jpg
 岡 孝博 波浮エリア
 堅川可奈 Camerllia Japonica
 Susan Lee 波形
 高島芳幸 関係(Aug_2011 in 甚の丸)
 坂牛幹雄 木の芽
(チョモ)

Categorie大島(自然)イベント情報  - コメント(0) TOP

2011’08.16・Tue

羅背板玉紫陽花4

P8160048.jpg
タマアジサイの開花を見つけました、もう外側のピンポン玉くらいの皮は落ち花が広がっています、その中にもう一つのピンポン球が開こうとしています、見たかった瞬間です。
今年はタマアジサイに関心があってキョロキョロしたせいか、こんなに多くの株があったことを知りました、きれいな花です。

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.15・Mon

弘法浜遊泳場

ABC_1601_convert_20110815193133.jpg
 ABC_1602_convert_20110815192928.jpg
 ABC_1603_convert_20110815193030.jpg
 ABC_1560_convert_20110815193338.jpg
 ABC_1564_convert_20110815193447.jpg
ABC_1567_convert_20110815193607.jpg
 ABC_1568_convert_20110815193718.jpg
 ABC_1594_convert_20110815193951.jpg
 ABC_1596_convert_20110815194221.jpg
 ABC_1598_convert_20110815194340.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2011’08.15・Mon

羅背板玉紫陽花3

ラセイタソウ 夏の海岸で縮緬状の葉をつける
 ラセイタタマアジサイの蕾
 ABC_1547_convert_20110815191726.jpg

ABC_1519_convert_20110815090226.jpg
 ABC_1520_convert_20110815090323.jpg
 ABC_1538_convert_20110815090433.jpg
 ABC_1760_convert_20110822145109.jpg

ABC_1510_convert_20110815090625.jpg
 ABC_1515_convert_20110815091551.jpg
 ABC_1518_convert_20110815090742.jpg
羅背板...2
(チョモ)

Categorie木々や花々  - コメント(0) TOP

2011’08.14・Sun

夏まつり3

夕べの「夏まつり」はにぎやかでした。いつもは家の庭か長根浜の岩の上で花火を見上げるのですが、はじめて三原山登山道を登って上から花火を眺めてきました。光と音はどっちが早く届くのでしょう、ずいぶん時間差があってなかなかシャッターチャンスをつかめぬうちに打ち上げ終了です。

P8130002.jpg
P8130004.jpg
P8130007.jpg
P8130010.jpg
P8130014.jpg


下界に降りてくると南部に帰る車の列が続いています、年に一度だけですが信号待ちを何度もする花火の夜です、こんなに多くの車が大島にあったんですね。花火は昨日だけですが今晩も夜まつりはおこなわれます。
山の上から花火を見ている人結構いました、蚊も居なくて涼しくて眺めが良くて、おすすめです。

P8130030.jpg

Categorie大島みどころガイド  - コメント(0) TOP

2011’08.14・Sun

夏祭り2

ABC_1375_convert_20110814052839.jpg
 ABC_1374_convert_20110814052736.jpg
 ABC_1376_convert_20110814052945.jpg
 ABC_1377_convert_20110814053036.jpg
 ABC_1384_convert_20110814053146.jpg
ABC_1385_convert_20110814053811.jpg
 ABC_1387_convert_20110814053249.jpg
 ABC_1388_convert_20110814053357.jpg
 ABC_1389_convert_20110814053456.jpg
 ABC_1390_convert_20110814053602.jpg

 ABC_1433_convert_20110814053859.jpg
 ABC_1450_convert_20110814053957.jpg
ABC_1474_convert_20110814054045.jpg
 ABC_1486_convert_20110814054135.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2011’08.13・Sat

波浮港現代美術展

8月11日午後4時から前夜祭として 堀尾貞治ワークショップ「おもろいで!ハプニングアート」が元町船客待合所・広場でおこなわれました。

P8110017.jpg
 広場に白い紐を張っています 全部張ると3キロだそうです、距離を目で感じる・・そんなパフォーマンス

P8110025.jpg
 堀尾さんと参加者で記念撮影

P8110026.jpg
 待合所の中で一斉にフーセンを踏み潰す
 
P8110030.jpg
P8110033.jpg
 即興的な美術表現の実演です 出来上がった作品には「クマドリ絵画」と書いてあります
 
 もう波浮港周辺で作品を見ることができるそうなので写真で紹介したいと思っています

Categorie大島みどころガイド  - コメント(0) TOP

2011’08.13・Sat

夏まつり

P8130045.jpg

P8130047.jpg


久しぶりに船が元町港に入っています、ちょうどジェット船が着岸しました。
今日と明日、夕方から大島の元町仲通りで伊豆大島夏まつりがおこなわれます(商工会HP)
今夜9時にこの桟橋から1000発の花火が打ちあがります。夏まつり会場ではゲームや屋台が出店してにぎわいます。
写真は出番を待つ会場です、一年で一番島がにぎわうこの週末です、今年はどうでしょう、お出かけください。

Categorie大島みどころガイド  - コメント(0) TOP

 |TOPBack