FC2ブログ
  • « 2019·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2019’03.15・Fri

トルコ旅行 

P3021001_convert_20190315075225.jpg
出典 佐藤 啓花さん
SN00049_convert_20190315075301.jpg

asd5_convert_20190320113533.png

r15_convert_20190320113614.png

r10_convert_20190320113728.png

DSC_7705_convert_20190321083015.jpg



トルコ旅行①

トルコ旅行 ②
産総研 須藤茂先生

トルコ旅行③

トルコ旅行④

トルコ旅行⑤
エルトゥールル号遭難事件
スポンサーサイト

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.24・Sun

02/24日の三原山

019_convert_20190224204638.jpg

DSC_8283_convert_20190224205228.jpg

椿葉の化石

PC160465_convert_20190224181343.jpg
「赤だれ」
P2240861_convert_20190224165836.jpg
赤い谷を降りるとこんなです。カッパの橋から右側のインゼルが見えました。今は 浸食でこれより少しスリムになりました。
DSC_7232_convert_20190224165935.jpg

P2240860_convert_20190224165909.jpg

P2240862_convert_20190224170046.jpg

P2240865_convert_20190224170145.jpg
「山頂A火口」
P2240867_convert_20190224170214.jpg

P2240868_convert_20190224170309.jpg

P2240869_convert_20190224170344.jpg
噴火1ヶ月後の割目火口 上からB1 B2 B3火口
コピー_~_IMG_0012_convert_20190224181407

P2240871_convert_20190224170437.jpg
馳走は「蕗の薹」の味噌油いため  「菜の花」のおしたし  自家製金柑ジャム
P2240873_convert_20190224170459.jpg
無臭・無毒の水蒸気
P2240874_convert_20190224170524.jpg

P2240876_convert_20190224170625.jpg

P2240881_convert_20190224170811.jpg

P2240882_convert_20190224170848.jpg

P2240883_convert_20190224170916.jpg

IMGP2817_convert_20190224201908.jpg

ABC_0089.jpg

017_convert_20190224204702.jpg

DSC_0422_convert_20190224202009.jpg
時間切れで「神の根の汐吹」はご案内ができませんでした
DSC_0057_convert_20190228061242.jpg

ABC_0009_convert_20190224204808.jpg

ABC_0851_convert_20190224204834.jpg

DSC_6790_-_コピー_convert_20190226154716

DSC_6783_-_コピー_convert_20190226154650

伊豆大島ジオパークガイド チョモ
(チョモ)


Categorie大島の風景  - コメント(1) TOP

2019’02.21・Thu

「冬龍門」スキー

510e2401b986c33b0e05c4fdd2e369ad[1]_convert_20190221100609

e88672f623e3a7b5439c6ffb7682259c[1]_convert_20190221100634

f77dea4ccc8dfd13a4942934c006faf9[1]_convert_20190221100656

SN00001(2)_convert_20190222222015.jpg

IMG_20190221_0009_convert_20190221101857.jpg
IMG_20190221_0010_convert_20190221101924.jpg

出典 「冬龍門」市村 正美 師
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.21・Thu

「伊豆諸島」を考えるシンポジウムとリュウキュウツヤハナムグリ(02/18)

IMG_20190221_0006_convert_20190221085209.jpg

IMG_20190221_0001_convert_20190221085002.jpg

IMG_20190221_0002_convert_20190221085032.jpg

IMG_20190221_0003_-_コピー_convert_20190221085133
IMG_20190221_0003_-_コピー_(2)_convert_20190221085106
IMG_20190221_0008_-_コピー_convert_20190221085316
IMG_20190221_0008_convert_20190221085348.jpg

ハナムグリは成虫が花に潜り花粉や蜜を後食します。増えすぎると花卉栽培に悪影響を及ぼし自然の花の資源が枯渇します。
SN00001(1)_convert_20190221085429.jpg

SN00002(1).jpg

SN00003_convert_20190221090559.jpg

SN00004.jpg
出典 NPO法人 日本エコツーリズムセンター Wikipedia他

シンポジウムに参加された東邦大学理学部地理生態学研究室のPh.D 長谷川 雅美教授からの警鐘

「リュウキュウツヤハナムグリ」が伊豆諸島で増殖中  八丈島 青ヶ島 三宅島 神津島  東京野鳥公園
人や物が移動するときに、それらに付着、混同または寄生するなどして、他の地域に導入される。植物の種子や、昆虫などの小さな植物、寄生虫などが多い。

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.16・Sat

筆島の岩脈を観に行こう

筆島の浜辺が歩きやすくなりました。波の浸食でごつごつした岩が砂に埋まりました。干潮の時なら どなたでも気軽に ご覧になれます。岩脈は、地層や岩石の割れ目にマグマが貫入して板状に固まったもの。中心火道から放射状に伸びる岩脈がしばしば見られます。筆島は海食崖を縦に貫く 幾筋もの岩脈が観られる稀有なジオサイトです。北西の方向を向くものが多く 大島火山が活動する時代になってからできたものです。岩脈自体は筆島火山のものではありません(田澤 堅太郎先生)岩脈や割れ目噴火の集中方位はプレート収束に伴う圧縮力の方位と一致しており北西を向きます(中村 一明先生)
DSC_6765_convert_20190216135416.jpg

DSC_6749_convert_20190216135640.jpg

DSC_6751_convert_20190216135801.jpg
海食崖のところどころから地下水が湧き出しています。空のペットボトルをお忘れなく
DSC_6758_convert_20190216135957.jpg

DSC_6760_convert_20190216140039.jpg
岩脈の始まりです
DSC_6762_convert_20190216140237.jpg

DSC_6753_convert_20190216140432.jpg






(出典 伊豆大島ジオパーク推進委員会事務局 臼井里佳さん撮影)
SN00244_convert_20190216140632.jpg
(出典 伊豆大島ジオパーク推進委員会事務局 臼井里佳さん撮影)
SN00243_convert_20190216145926.jpg

DSC_6766_convert_20190216140809.jpg

DSC_6748_convert_20190216140940.jpg
火山豆石 およそ2800年前にカキハラ磯で起こった水蒸気爆発では 空高く立ち昇る多量の火山灰を含んだ積乱雲から この辺り一帯に火山豆石を降らせた。これらの火山豆石は スコリアを核として 火山灰が固まったもので 氷の代わりに火山灰で作られた雹である(田澤 堅太郎先生 火山伊豆大島スケッチ改定・増補版 之潮)




伊豆大島観光
(チョモ)

 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.07・Thu

浜松町に巨大ビル続々と 首都高を跨いで竹芝と浜松町駅が直結

世界貿易センタービル
1970/03月に竣工 地上40階 地下3階の この超高層ビルが2020年から解体され 2025/12月に新しい世界貿易センタービルが竣工予定です(A街区 本館)
超高層ビルの解体は初めてで高度の解体技術が要求されます。建物は竣工後から解体廃棄されるまでの期間に建設費のおよそ3~4倍の費用がかかるといわれています。ビルのライフサイクルコストは ほぼ25%が建設費等のイニシアルコストで75%がメンテナンス等のランニングコストです。
06[1]

浜松町二丁目4地区A街区
A棟(本館ビル 世界貿易センタービル) ターミナル棟 南館棟  南館棟は着工済みで2021/01月に竣工予定
20180215175935[1]



20180215180316[1]


20180215182640[1]
A-3棟は南館のこと   全体の完成は2027/12月予定
02[1]_convert_20190207181627
B街区は2019/01/29日竣工済み 手前が日本生命浜松町クレアタワー 奥が世界貿易センタービル
地下3階 地上29階 塔屋1階 延床面積99,251.27㎡ ワンフロアー最大790坪ののオフィス・カンファレンス無柱空間
IMG_20190207_0001_convert_20190207181833.jpg

IMG_20190207_0001_-_コピー_convert_20190207181812
IMG_20190207_0002_-_コピー_(2)_convert_20190207181852

多彩なオフィスニーズに応える3方面開放のメガフロア。41の空調ゾーンごとに運転、停止、冷暖房切り替え、温度設定が可能となっており、快適なオフィス環境の提供に加えて空調の省エネ化も実現している。高遮断熱のLow―e複層ガラスや自動調光制御付きLED照明を採用し、建築物総合環境性能評価システムCASBEEで最高ランクSを取得している。
BCPにおいては、電源供給体制において3回線スポットネットワーク受電方式を採用。一系統が停電しても別系統から電源供給が可能で、ビル用非常用発電機やコジェネレーションシステムによって、72時間ビル機能を維持できる。更に海に近い立地環境でもあるため、万一の浸水リスクにも対策を施している。例えば中間階機械室。非常用発電機やコジェネレーションシステムを含む機械設備を7~8階に設置。ビルの出入り口には防潮板(高さ50cm)を導入した (設計 日建設計・大林組 施工 大林組 大末 太啓 岩田池崎JV)



SN00001(2).jpg

竹芝地区では都有地の都市再生ステップアップ・プロジェクトが進行中で39階 210mの業務棟 21階の住宅棟の工事が始まっています。スキップテラスやガレリアで街の賑わいを演出。
竹芝埠頭・竹芝駅が首都高をまたいで浜松町駅まで歩行者デッキで繋がります。
gare(1).jpg
出典 写真は東京都 JV ビルオーナー等から借用いたしました。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.07・Thu

志賀高原スキー

「浅間山」
P2040753_convert_20190207093137.jpg
朝日新聞社OBの伊藤さん
P2060798_convert_20190207093210.jpg
朝日新聞社OBの松島さん
P2060797_convert_20190207093242.jpg
地獄谷温泉「モンキーセンター入口」
P2040755_convert_20190207093313.jpg
丸池Aコース
P2050774_convert_20190207093341.jpg
終戦直後は進駐軍専用ゲレンデで地元の人も滑ることができませんでした。
P2040757_convert_20190207093413.jpg

P2040756_convert_20190207093437.jpg
サンバレー(法坂)
P2040758_convert_20190207093501.jpg

190205-105339006志賀スキー_convert_20190207145551

P2050772_convert_20190207093534.jpg

P2050773_convert_20190207093600.jpg
奥志賀
P2050775_convert_20190207093619.jpg

P2050777_convert_20190207093640.jpg

P2050778_convert_20190207093703.jpg

P2050779_convert_20190207093728.jpg

P2050780_convert_20190207093753.jpg

P2050781_convert_20190207093814.jpg

P2050782_convert_20190207093834.jpg
ヤケビタイヤマ
P2050783_convert_20190207093857.jpg

P2050784_convert_20190207093927.jpg

無題_convert_20190213080200
「朝日新聞社 志賀高原寮」
P2050771_convert_20190207100711.jpg

P2050785_convert_20190207100751.jpg

P2040760_convert_20190207100823.jpg

P2040762_convert_20190207100850.jpg
左の2人はチョモの岳友 山口 濱野さん お隣の伊藤さん 合わせて年齢は252歳 皆さん健脚です。
P2040765_convert_20190207100949.jpg
ヒマラヤガイドの石部さん 冬は志賀でスキー教師
P2040770_convert_20190207100915.jpg
環境省の服部さん
P2050787_convert_20190207101036.jpg

0204_convert_20190207101116.png
生きておれば来年もお世話になります。
P2060791_convert_20190207101149.jpg
小諸「懐古園」の蕎麦屋「草笛」が長野駅mi do riに出店
P2060793_convert_20190207101219.jpg

P2060795_convert_20190207101321.jpg

P2060796_convert_20190207101349.jpg

P2060792_convert_20190207101415.jpg

P2060794_convert_20190207101445.jpg
チョモは浅間山麓の生まれ
P2060799_convert_20190207101526.jpg
左が「世界貿易センタービル」  右が1月末にオープンしたニッセイ浜松町クレアタワー
P2060802_convert_20190207105133.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.02・Sat

三原山

P2020736_convert_20190202215047.jpg

P2020738_convert_20190202215112.jpg

P2020739_convert_20190202215137.jpg
山頂A火口
P2020740_convert_20190202215207.jpg

P2020742_convert_20190202215232.jpg
B2火口
P2020744_convert_20190202215402.jpg

P2020745_convert_20190202215423.jpg

P2020746_convert_20190202215448.jpg

P2020747_convert_20190202215514.jpg

P2020748_convert_20190202215538.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’02.01・Fri

国立公園「伊豆諸島」を考えるシンポジウム2019

IMG_20190201_0001_convert_20190201100956.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.27・Sun

伊豆大島 第64回 椿祭り  01/27~03/24

DSC_6647_convert_20190127210351.jpg

DSC_6656_convert_20190127210627.jpg

DSC_6650_convert_20190127210421.jpg

DSC_6651_convert_20190127210445.jpg

DSC_6667_convert_20190127210916.jpg

DSC_6663_convert_20190127210801.jpg

DSC_6654_convert_20190127210510.jpg

DSC_6659_convert_20190127210649.jpg

DSC_6666_convert_20190127210854.jpg

DSC_6660_convert_20190127210714.jpg
右から東海汽船マスコットガール橘 みづほ 日本神輿協会 岩崎会長 キャプテンたちばな 東海汽船 山崎社長 旅客部長の柳場さん
DSC_6661_convert_20190127210738.jpg

DSC_6695_convert_20190127211025.jpg

DSC_6697_convert_20190127212900.jpg

DSC_6668_convert_20190127210938.jpg

DSC_6670_convert_20190127213120.jpg

DSC_6671_convert_20190127213145.jpg

DSC_6672_convert_20190127213207.jpg

DSC_6674_convert_20190127213259.jpg

DSC_6676_convert_20190127213336.jpg

DSC_6679_convert_20190127213401.jpg

DSC_6682_convert_20190127213435.jpg

DSC_6686_convert_20190127213457.jpg

DSC_6687_convert_20190127213518.jpg

DSC_6689_convert_20190127214655.jpg

IMG_20190127_0001_convert_20190127234456.jpg

DSC_6690_convert_20190127214806.jpg

DSC_6692_convert_20190127214841.jpg

DSC_6693_convert_20190127214935.jpg

DSC_6694_convert_20190127215010.jpg

DSC_6699_convert_20190127215118.jpg

DSC_6705_convert_20190127215144.jpg

DSC_6711_convert_20190127215237.jpg

DSC_6712_convert_20190127215317.jpg

DSC_6714_convert_20190127215410.jpg

DSC_6715_convert_20190127221153.jpg

DSC_6717_convert_20190127221220.jpg

DSC_6720_convert_20190127221307.jpg

DSC_6721_convert_20190127221332.jpg

DSC_6724_convert_20190127221357.jpg

DSC_6725_convert_20190127221422.jpg

DSC_6727_convert_20190127221449.jpg
「神風連」の菊田会長と顧問方
DSC_6730_convert_20190127221546.jpg

DSC_6733_convert_20190127221640.jpg

DSC_6735_convert_20190127221733.jpg

DSC_6739_convert_20190127221707.jpg

DSC_6743_convert_20190127221825.jpg

DSC_6744_convert_20190127221853.jpg

P1260718_convert_20190127221932.jpg

P1260721_convert_20190127221956.jpg

P1260734_convert_20190127222111.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.25・Fri

冬龍門  ようこそ スキーを愛する人と スキーを極めたい人へ

IMG_20190125_0001_convert_20190125191741.jpg

P1230670_convert_20190125191610.jpg

P1230669_convert_20190125191649.jpg

P1230673_convert_20190125191720.jpg

P1230672_convert_20190125192254.jpg

P1220646_convert_20190125191852.jpg

P1230675_convert_20190125192409.jpg

P1230679_convert_20190125192451.jpg
「浅間山」
P1230674_convert_20190125192347.jpg

P1230680_convert_20190125192517.jpg

P1240702_convert_20190125192835.jpg

P1240704_convert_20190125192924.jpg
冬龍門 門主の市村 正美師
P1240705_convert_20190125192950.jpg

b7c71927caf5aa143d80a4a290efc30b[1]_convert_20190125203443
「冬龍門」 最長老の平野さん 86歳     チョモの同行者 85-82-81歳でチョモが一番若輩
P1230665_convert_20190125192142.jpg
岩本さんご夫妻
P1230676_convert_20190125192429.jpg
ワインコレクターの佐藤さん 毎回ご馳走さまです
P1230685_convert_20190125192619.jpg

P1220655_convert_20190125192015.jpg

P1220648_convert_20190125191934.jpg

P1220649_convert_20190125191955.jpg

P1230682_convert_20190125192545.jpg

P1230686_convert_20190125192641.jpg

P1220656_convert_20190125192042.jpg

P1240700_convert_20190125192744.jpg

P1230662_convert_20190125192111.jpg

P1240710_convert_20190125193020.jpg

P1240711_convert_20190125191500.jpg
左上が佐藤さんのご子息  右上が今回参加の「増田さん」
P1240701_convert_20190125192810.jpg
将来嘱望される「菖 君」 11歳
P1230696_convert_20190126072245.jpg

IMG_20190125_0021_-_コピー_convert_20190125191804
IMG_20190125_0022_-_コピー_convert_20190125191828
スキーワールドカップ ハーネンカム大会
冬龍門
(チョモ)




























Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.25・Fri

第5回 日米国際作家交流展   坂口 啓子

IMG_20190125_0017_convert_20190125172432.jpg

IMG_20190125_0012_convert_20190125172528.jpg

IMG_20190125_0011_convert_20190125172500.jpg

IMG_20190125_0016_-_コピー_-_コピー_convert_20190125173104
「スーツケースに入ったガラスの馬蹄」

IMG_20190125_0016_convert_20190125173128.jpg

P1250713_convert_20190125173206.jpg

IMG_20190125_0013_convert_20190125172617.jpg
IMG_20190125_0014_convert_20190125173035.jpg

IMG_20190125_0018_convert_20190125174527.jpg
(チョモ)







Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.21・Mon

伊豆大島ジオパークガイド養成講座 ⑥伊豆大島の椿  「椿花ガーデン」 編集中

20190110180830bb9[1]
IMG_20190126_0001_convert_20190126094214.jpg

IMG_20190126_0004_convert_20190126094254.jpg

「魅せる椿園」  日本家庭園芸普及協会 GA委員 立花 隆一
IMG_20190121_0002_convert_20190126113041.jpg

P1200522_convert_20190126094322.jpg
「椿花ガーデン」 山下 隆社長
P1200530_convert_20190126094349.jpg

P1200634_convert_20190128115005.jpg

4つの植生帯
日本の植生は、自然植生の構成種の名をとって、高山帯域(高山草原とハイマツ帯)、コケモモ-トウヒクラス域(亜高山針葉樹林域)、ブナクラス域(落葉広葉樹林域)、ヤブツバキクラス域(常緑広葉樹林域)の各クラス域に大別されている。この「クラス域」とは、広域に分布し景観を特徴づけている自然植生によって植物社会学的に定義されたもので、主要なクラスの生育域のことを指している。
ヤブツバキクラス域
日本の常緑広葉樹林域は、体系上の最上級単位であるヤブツバキクラスの名をとって、ヤブツバキクラス域と呼ばれている。ヤブツバキクラス域は関東以西の標高700~800m以下で発達し、北にいくほど高度を下げ、東北地方北部では海岸寄りに北上している。逆に南にいくほど高度は上がり、九州の霧島では1,000mが上限となる。ヤブツバキクラス域は、本州、四国、九州までの地域と、常緑植物の豊富な奄美大島以南の琉球及び小笠原の亜熱帯域に大きく2分される(出典 環境省 生物多様性センター)
自生ヤブツバキの北限は陸奥湾に面した夏泊半島北端の椿山 日本海側は秋田県男鹿市船川港椿です。
P1200532_convert_20190126094532.jpg
P1200531_convert_20190126094558.jpg

P1200534_convert_20190126094621.jpg
P1200533_convert_20190126094645.jpg

P1200538_convert_20190126094710.jpg
P1200535_convert_20190126094735.jpg

P1200540_convert_20190126094906.jpg
P1200527_convert_20190126100918.jpg
P1200539_convert_20190126094954.jpg

P1200542_convert_20190126101149.jpg
P1200541_convert_20190126101214.jpg

P1200546_convert_20190126101400.jpg
P1200545_convert_20190126101426.jpg
P1200544_convert_20190126101450.jpg

P1200548_convert_20190126101522.jpg
P1200547_convert_20190126101603.jpg

P1200550_convert_20190126110031.jpg
P1200549_convert_20190126101637.jpg

P1200552_convert_20190126110141.jpg
P1200551_convert_20190126110106.jpg

P1200555_convert_20190126111040.jpg
P1200554_convert_20190126111011.jpg
P1200553_convert_20190126110947.jpg
P1200556_convert_20190126111114.jpg
4月の中旬になると4000坪のこの芝生が 「アツバスミレ」群落に衣替えいたします
201304171210154ba[1]
(チョモ)


伊豆大島ジオパークガイド養成講座 ⑥伊豆大島の椿 「都立大島高校」

IMG_20190126_0003_convert_20190126113951.jpg
「人をそだてる椿園」
IMG_20190121_0003_convert_20190126114031.jpg

P1200560_convert_20190126114654.jpg
都立大島高校 農林科 金子主幹教諭
P1200562_convert_20190126114721.jpg

IMG_20190128_0007_convert_20190128124259.jpg
ワビスケの定義
A.ウラクツバキそのもの、あるいはウラクツバキ(‘タロウカジャ’=‘ウラク’)から生まれたものであること(ウラクツバキ、ウラクツバキの子、ウラクツバキの子孫)
B.葯(やく・雄しべの先端の花粉を作る器官)が退化して花粉を作らないこと
上記のABを満たすものがワビスケと呼ばれる。
なおツバキ(Camellia japonica、ヤブツバキ)にも同様に葯が退化したものがあるが、それらは侘芯(わびしん)ツバキと呼ばれ、ウラクツバキから生まれたワビスケとは区別されている。また‘クロワビスケ(黒侘助)’=‘エイラク(永楽)’のようにワビスケでも侘芯ツバキでもないのに「侘助」と呼ばれるものもある。

P1200564_convert_20190126114819.jpg
P1200563_convert_20190126114749.jpg

P1200566_convert_20190126114921.jpg
P1200565_convert_20190126114847.jpg

P1200569_convert_20190126120300.jpg
P1200567_convert_20190126120235.jpg

P1200572_convert_20190126120432.jpg
P1200570_convert_20190126120402.jpg

P1200575_convert_20190126120537.jpg
P1200574_convert_20190126120505.jpg

P1200577_convert_20190126121530.jpg
P1200576_convert_20190126120602.jpg

P1200579_convert_20190126121606.jpg
P1200578_convert_20190126121646.jpg

P1200582_convert_20190126121821.jpg
P1200580_convert_20190126121713.jpg

P1200585_convert_20190126121924.jpg
P1200583_convert_20190126121850.jpg

P1200587_convert_20190126123632.jpg
P1200586_convert_20190126122817.jpg

P1200589_convert_20190126123053.jpg
P1200588_convert_20190126122913.jpg

P1200591_convert_20190126123142.jpg
P1200590_convert_20190126123117.jpg

P1200593_convert_20190126124033.jpg
P1200592_convert_20190126124007.jpg

P1200595_convert_20190126124931.jpg
P1200594_convert_20190126124857.jpg

P1200598_convert_20190126125033.jpg
P1200596_convert_20190126125000.jpg

P1200600_convert_20190126130658.jpg
P1200599_convert_20190126125102.jpg

P1200602_convert_20190126125202.jpg
P1200601_convert_20190126125130.jpg

P1200604_convert_20190126125250.jpg
P1200603_convert_20190126125224.jpg

P1200606_convert_20190126125317.jpg
P1200605_convert_20190126130806.jpg

P1200608_convert_20190126130850.jpg
P1200609_convert_20190126130919.jpg
P1200607_convert_20190126130956.jpg

P1200611_convert_20190126131028.jpg
P1200610_convert_20190126131053.jpg

P1200614_convert_20190126131132.jpg
P1200612_convert_20190126131205.jpg
(チョモ)


伊豆大島ジオパークガイド養成講座 ⑥伊豆大島の椿  「都立大島公園」

IMG_20190126_0002_convert_20190126133957.jpg

「すべてを学べる椿園」
IMG_20190121_0004_convert_20190126134027.jpg

P1200616_convert_20190126145815.jpg
東京都大島支庁 岡本土木課長 庄野主事
P1200617_convert_20190126145907.jpg

P1200615_convert_20190126145840.jpg
9ゾーン 53ブロックにゾーニング 樹名板の色分け 黒は原種 白は江戸椿 緑は日本以外 80%米国 茶は日本で改良した園芸種
IMG_20190126_0006_convert_20190126150009.jpg
管理電子台帳
品種ごとの位置情報(GPSデータ)と管理台帳(cxcelデータ)が連動  管理台帳から位置を知りたい品種を選択  詳細な位置情報が地図上で表示される  地図上で選択することで品種を逆探索できる
IMG_20190126_0005_convert_20190128095223.jpg

P1200619_convert_20190126150235.jpg

PC070297_convert_20190126150034.jpg

tu22_convert_20190126150136.jpg

P1200622_convert_20190126150309.jpg
P1200623_convert_20190126150341.jpg

P1200624_convert_20190126150413.jpg
P1200625_convert_20190126150437.jpg
「金花茶」
P1200626_convert_20190126150510.jpg
P1200627_convert_20190126150536.jpg

P1200630_convert_20190126150627.jpg
P1200629_convert_20190126150604.jpg

P1200637_convert_20190126150730.jpg
P1200636_convert_20190126150700.jpg
縄文早期 約8000年前の椿の葉の化石
P1200639_convert_20190126150807.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.15・Tue

孫のスキー特訓 -軽井沢ー

妙義山は赤城山、榛名山と共に上毛三山の一つに数えられ、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている 相馬岳(白雲山)から中之岳(金洞山)に至る「鷹戻し」等が有名 墜落が多く初級者を寄せ付けない奇峰です。
P1120407_convert_20190115111117.jpg

P1120410_convert_20190115111145.jpg
軽井沢駅・スキー場
P1140500_convert_20190115113502.jpg

P1120413_convert_20190115111245.jpg

P1140498_convert_20190115112329.jpg
「旧軽」は昔からの高級別荘地
P1130433_convert_20190115111318.jpg

P1130434_convert_20190115111343.jpg

P1130437_convert_20190115132722.jpg

P1120414_convert_20190115111537.jpg

P1130429_convert_20190115111724.jpg

P1130426_convert_20190115111910.jpg

P1140481_convert_20190115111937.jpg

P1140490_convert_20190115115238.jpg

P1120415_convert_20190115113257.jpg

P1130450_convert_20190115113358.jpg
「浅間山」
P1130455_convert_20190115113431.jpg

P1130442_convert_20190115113550.jpg

P1130427_convert_20190115114454.jpg

P1130431_convert_20190115114525.jpg

P1120424_convert_20190115114420.jpg

P1130432_convert_20190115114602.jpg

P1130438_convert_20190115114653.jpg

P1130430_convert_20190115114629.jpg
エミール ガレ
P1130439_convert_20190115120151.jpg
P1130440_convert_20190115120215.jpg
P1140485_convert_20190115120304.jpg

P1130457_convert_20190115120346.jpg

P1130459_convert_20190115120412.jpg

P1130460_convert_20190115120444.jpg

P1130461_convert_20190115120613.jpg

P1130458_convert_20190115120647.jpg


karuisawa1_convert_20190115125215.png

IMG_20190115_0001_convert_20190115143824.jpg

karuisawa2_convert_20190115125242.png

karuisawa3_convert_20190115125306.png

karuisawa5_convert_20190115125416.png

P1130443_convert_20190115130105.jpg

P1130444_convert_20190115130139.jpg

P1130454_convert_20190115130211.jpg

P1130447_convert_20190115130237.jpg

P1130452_convert_20190115130525.jpg

P1140503_convert_20190115130916.jpg

P1140506_convert_20190115130944.jpg

P1140508_convert_20190115131019.jpg
(チョモ)




































Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.10・Thu

伊豆大島ジオパークガイド養成講座 2019/01/09 ④

PC130195_convert_20181214201350[1]
01/09日 講師は産総研の川邉 禎久先生 「伊豆大島火山 -玄武岩の火山島ー」
P1090396_convert_20190110180210.jpg

P1090397_convert_20190110180239.jpg

P1090398_convert_20190110180311.jpg

P1090400_convert_20190110180351.jpg
川邉先生の火山地質図に一部加筆
IMG_0006_convert_20170212223209[1]

a35_convert_20190110180501.jpg

P1090402_convert_20190110180534.jpg
アジア航測 赤色立体地図
P1090403_convert_20190110180600.jpg

P1090404_convert_20190110180635.jpg

a39_convert_20190110181641.jpg
出典 産総研 川邉先生

(チョモ)







Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.08・Tue

第5回 日米国際作家交流展

IMG_20190108_0001_convert_20190108114009.jpg

IMG_20190108_0002_convert_20190108114037.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2019’01.01・Tue

謹賀新年 巳亥 元旦

DSC_6618_convert_20190101081710.jpg

DSC_6644_convert_20190101123801.jpg

DSC_6619_convert_20190101081740.jpg

DSC_9992_convert_20150101120911[1]

DSC_6623.jpg

DSC_6621_convert_20190101081809.jpg
トーシキからの 平成最後の初日の出
DSC_6630.jpg>
DSC_6624_convert_20190101082205.jpg

DSC_6625_convert_20190101082233.jpg
温かい伊勢海老の汁と大島牛乳の振る舞い
DSC_6629_convert_20190101082304.jpg

DSC_6632_convert_20190101082342.jpg

DSC_6636_convert_20190101082405.jpg
波浮散人
ABC_2758 - コピー
三原山ガイド チョモ
ヒマラヤ









Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.24・Mon

山中湖 誕生日

y2_convert_20181224115628.png

y17_convert_20181224115705.png

DSC_6558_convert_20181223211128.jpg
JTCC 「山中湖畔サロン」 根鈴さん すっかり お世話になりました。
DSC_6594.jpg

SN00002(3)_convert_20181225091518.jpg

DSC_6519_convert_20181223205338.jpg

DSC_6516.jpg

DSC_6532.jpg

y4_convert_20181224121345.png

y3_convert_20181224121435.png

y1_convert_20181224121514.png

DSC_6510_convert_20181223204536.jpg

DSC_6513_convert_20181223205033.jpg

DSC_6512_convert_20181223204856.jpg

y23_convert_20181224181944.png

DSC_6525_convert_20181223205635.jpg

DSC_6536_convert_20181223210106.jpg

DSC_6537_convert_20181223210131.jpg

DSC_6514_convert_20181223205056.jpg

DSC_6521_convert_20181223205434.jpg

PC200214_convert_20181224123712.jpg

y11_convert_20181224125316.png

PC200215_convert_20181224123858.jpg

PC200216_convert_20181224123932.jpg
IMG_20181223_0001_convert_20181224124918.jpg

PC200225_convert_20181224125720.jpg

PC200222_convert_20181224125753.jpg

y7_convert_20181224125003.png

y8_convert_20181224125046.png

y9_convert_20181224125122.png

DSC_6518_convert_20181223205320.jpg

y10_convert_20181224125244.png

DSC_6548_convert_20181223210611.jpg

DSC_6549_convert_20181223210649.jpg

DSC_6550_convert_20181223210713.jpg

DSC_6551_convert_20181223210744.jpg

DSC_6552_convert_20181223210838.jpg

DSC_6553_convert_20181223210904.jpg

DSC_6554_convert_20181223211003.jpg

DSC_6556_convert_20181223211036.jpg

DSC_6557_convert_20181223211104.jpg

DSC_6564_convert_20181223211336.jpg

DSC_6566_convert_20181223211444.jpg

PC210238_convert_20181224154107.jpg

PC210237_convert_20181224154139.jpg

PC210259_convert_20181224154214.jpg
PC210261_convert_20181224154247.jpg

PC210267_convert_20181224154317.jpg

DSC_6599_convert_20181224155125.jpg

DSC_6529_convert_20181224155202.jpg

y22_convert_20181224180827.png

DSC_6541.jpg

y13_convert_20181224155307.png
DSC_6571_convert_20181224155520.jpg

DSC_6573_convert_20181224155641.jpg

DSC_6575_convert_20181224155713.jpg

DSC_6576_convert_20181224155741.jpg

y21_convert_20181224171350.png

y20_convert_20181224171427.png
徳富蘇峰旭日丘命名碑
DSC_6606_convert_20181224170526.jpg

DSC_6605_convert_20181224170556.jpg
 「双宜荘」  宜はその場に当てはまってほどよいの意  山中湖旭丘からの富士の眺めは その場に当てはまっている...
昭和7年から昭和20年まで毎夏、旭ヶ丘に滞在していた徳富蘇峰の別荘です。終戦後、徳富蘇峰は熱海に滞在場所を変えました。この後、双宜荘はGHQが利用し、昭和30年に同志社に寄贈されて、現在は同志社大学の関係者の厚生施設として活用されています。双宜荘にあった徳富蘇峰の書斎は、文学の森にある「徳富蘇峰館」に再現されています。
DSC_6610.jpg
堀内良平顕彰碑
富士急行株式会社の創立者である堀内良平と親交の深かった明治、大正、昭和のジャーナリストであり思想家である徳富蘇峰は、堀内良平の紹介で旭日丘に新しく開発した別荘地の別荘A3号棟に入居しました。
y16_convert_20181224171502.png

DSC_6580_convert_20181224172701.jpg

DSC_6581_convert_20181224172602.jpg

DSC_6585_convert_20181224172742.jpg
左稜線の高まりが「宝永山」 第1~第3火口 大島から見えるのが第1火口です。
DSC_6586_convert_20181224172819.jpg

PC210253_convert_20181224172942.jpg

PC210269_convert_20181224174452.jpg

PC210271_convert_20181224174547.jpg

PC210283_convert_20181224174628.jpg

PC210315_convert_20181224174704.jpg
21日 81歳 千代能さん 有難う スタッフの皆さん ありがとうございます。
PC210322_convert_20181224174838.jpg

PC210323_convert_20181224175802.jpg

IMG_20181223_0003_convert_20181224181526.jpg
鯨に似ている山中湖 5湖の中で面積は最大の6.8k㎡ 周囲は13.87kmで河口湖より短い 水面標高980.5m 最大深度は13.3m 容量は本栖湖の1/5 河口湖の湖岸線が複雑であり本栖湖が うんと深いことがわかります。本栖湖の最大深度121.6m
IMG_20181225_0001_convert_20181225052548.jpg

IMG_20181225_0003_convert_20181225190029.jpg

IMG_20181225_0002_convert_20181225052634.jpg

IMG_20181223_0004_convert_20181224181549.jpg
正月合宿前に恒例の富士登山 マニラ麻の12mmザイル ヤッケは木綿に防水
IMG_20181224_0005_convert_20181224205915.jpg

IMG_20181224_0004_convert_20181224205953.jpg
右が61年前の「チョモ」
IMG_20181224_0001_convert_20181224210022.jpg


(チョモ)


























































































Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.23・Sun

第19回 古道探索

IMG_20181223_0006_convert_20181224002120.jpg

PC230337_convert_20181223220413.jpg
ヒメユズリハ  タイワンリスの食痕跡が修復された? 蔓性植物が巻き付いた? 病気?
PC230338_convert_20181223220450.jpg
炭窯跡
PC230339_convert_20181223220521.jpg

PC230341_convert_20181223220811.jpg

PC230342_convert_20181223220851.jpg

PC230343_convert_20181223221334.jpg

PC230344_convert_20181223221415.jpg

PC230345_convert_20181224072133.jpg
葛の木
PC230346_convert_20181223222345.jpg

PC230347_convert_20181223222430.jpg

PC230348_convert_20181223222725.jpg

PC230349_convert_20181223222840.jpg

PC230350_convert_20181223222920.jpg

PC230351_convert_20181223222952.jpg

PC230352_convert_20181223223025.jpg

PC230353_convert_20181223223059.jpg
キジョラン アサギマダラの食痕が....
PC230354_convert_20181223223226.jpg
S2溶岩
PC230356_convert_20181223223322.jpg

PC230357_convert_20181223223445.jpg

PC230358_convert_20181223223647.jpg

PC230359_convert_20181223223732.jpg

PC230360_convert_20181223223857.jpg
221m
PC230361_convert_20181223224028.jpg

PC230364_convert_20181223224150.jpg
山椒の紅葉
PC230365_convert_20181223224230.jpg

PC230367_convert_20181223224316.jpg
川の沢の水源
PC230371_convert_20181223224401.jpg

PC230374_convert_20181223225137.jpg
源流
PC230376_convert_20181224000743.jpg

PC230375_convert_20181223225336.jpg

PC230377_convert_20181223225510.jpg
川の沢の取水場 大島公園動物園の雑排水用の水として利用されます 飲料用はフノーの滝から
PC230378_convert_20181223225833.jpg

PC230379_convert_20181223230049.jpg
ウコギ科カミヤツデ(紙八手)
PC230380_convert_20181223230150.jpg

PC230381_convert_20181223230414.jpg

PC230382_convert_20181223230443.jpg

PC230383_convert_20181224074123.jpg

PC230384_convert_20181223230557.jpg

PC230387_convert_20181224074203.jpg

PC230388_convert_20181224074243.jpg
斜度 約30°
PC230390_convert_20181223231505.jpg

PC230391_convert_20181223231534.jpg
東京市民に憩の場を提供する目的で1935年(昭和10)伊豆大島に私財を投じて公園を設立(後に東京都が買い上げて都立大島公園となる)した鮎川儀介(日産コンツェルン創始者)の別荘跡
PC230392_convert_20181224074315.jpg
PC230393_convert_20181224074343.jpg
PC230394_convert_20181224074411.jpg

(チョモ)




















































Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.14・Fri

伊豆大島ジオガイド養成講座  2018/12/13 ①

PC130195_convert_20181214201350.jpg
講師は伊豆半島ジオパーク推協の高橋 誠さん
PC130187_convert_20181214201611.jpg

PC130188_convert_20181214201637.jpg

PC130189_convert_20181214201734.jpg

SN00001(1)_convert_20181214201759.jpg

SN00005_convert_20181214201941.jpg

SN00003(1)_convert_20181214201912.jpg

SN00002(1)_convert_20181214201844.jpg
出典 不詳 「大室山」
201308121348493f9[1]
2013/08/12 山頂までリフトで登れます  (自然公園法 ...地区・地域は 地権者は ?)
DSC_6458_convert_20130812135257[1]

DSC_6487_convert_20130812140001[1]
火口底でアーチェリーの営業
DSC_6469_convert_20130812135628[1]

DSC_6484_convert_20130812135851[1]
2月の第2日曜日 2019/02/11日予定
201308121348478de[1]
2012/02/12日の山焼き
ABC_2861_convert_20120212213606[1]
伊豆東部火山群とは大室山や天城連山付近の70あまりの陸上の単性火山と その東方海域の海底に散在する火山性の海山 海丘の総称です。最近では三原山の噴火の3年後の1989/07月に伊東市街の北東約3kmの水深90~100mで海底噴火が起こりました(手石海丘) 大室山は約4000年前の噴火でできました。標高580mの美しい円錐形をした火砕丘で流れ出た溶岩流が伊豆高原や城ヶ崎海岸を造っています。大島の赤禿(あかっぱげ)から撮影 この間 わずか7分22秒でした。

蛇足ですが 日本列島の陸のプレート境界は佐渡島 能登半島間を通り糸魚川静岡構造線を境に北米プレート ユーラシアプレート。海のプレート境界は海溝とトラフ(水深6000m以下)です。丹沢山地と伊豆半島は いずれもフィリピン海プレートに乗って北上してきました。今から600~400万年前に丹沢山地が本州に付着・衝突し、200~100万年前に伊豆半島が丹沢山地に衝突しました。この衝突境界は箱根山地の北側、JR御殿場線と東名高速自動車道の通る丹沢山地の南縁です。伊豆半島が今の形になったのが60~50万年前といわれています。フィリピン海プレートは伊豆半島の付け根に潜り込み食い込んでいます。

富士山 直近の噴火は1707/12/16日の宝永噴火。 49日前に東海 東南海 南海連動型の宝永地震 M8.6 死者 行方不明者2万人以上。 この地震と噴火で江戸では降灰のため行灯(あんどん)を灯し(折りたく柴の記 新井白石) 愛媛県松山市の道後温泉の湯が止まりました。噴出量10.15億トン 1986年の三原山噴火の17.5倍 北米プレート ユーラシアプレート フィリピン海プレートという三っのプレートが富士山の場所で会合交差しています。世界で珍しいジャンクションポイントです。必然的に独立峰「富士山」が存在することになります。富士山の山頂噴火は約2200年前が最後です。以降は 側噴火です。宝永の第一火口は大島からもよく見えます。

天城山 をはじめ伊豆東部火山群は単性火山(一度だけの噴火でできた火山)です。主峰は万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1406m)標高成果改定で数年前に1m標高が高くなりました。伊豆高原にぽっこりと目立つ大室山は 2月の第2日曜日が山焼き 。パームラインからよく見えます。山焼きのあと 大室山は茶色から黒色の火砕丘に変わります。
PC130193.jpg

PC130194.jpg
2014/06/15 伊豆急車内 全車両「伊豆半島ジオパーク」一色でした。
DSC_8656_convert_20181215092540.jpg
DSC_8657_convert_20181215092513.jpg

出典は「伊豆半島ジオパークHP」より
弓ヶ浜汽水域のマングローブ
大室山
 (チョモ)


















Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.14・Fri

山の先輩 西村 格さん

IMG_20181214_0001_convert_20181214153029.jpg

IMG_20181214_0002_convert_20181214153110.jpg

IMG_20181214_0003_convert_20181214153140.jpg

IMG_20181214_0004_convert_20181214153213.jpg

IMG_20181214_0005_convert_20181214153242.jpg

IMG_20181214_0006_convert_20181214153316.jpg

IMG_20181214_0007_convert_20181214153343.jpg

IMG_20181214_0008_convert_20181214153412.jpg

IMG_20181214_0010_convert_20181214160706.jpg

IMG_20181214_0009_convert_20181214153438.jpg
西村先輩 単独行だけはやめにしてください。 何があるかわかりません。しみじみと拝読させていただきました。山口 濱野兄とパルコール嬬恋で滑りませんか。2月の頭は志賀です。
(チョモ)









Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.08・Sat

金剛沢の洞窟

都立大島公園を下って行者窟手前の「金剛沢」を詰めると左岸に突然 大きな溶岩が出現
PC080162_convert_20181208175453.jpg

PC080160_convert_20181208175254.jpg
右岸には金剛の滝が....金剛沢の源流は「桜株」上部
PC080161_convert_20181208175326.jpg
沢の突き当りに洞窟が...仮称.「金剛洞窟」
PC080163_convert_20181208175519.jpg

PC080165_convert_20181208175604.jpg

PC080167_convert_20181208175627.jpg

PC080169_convert_20181208175746.jpg

PC080168_convert_20181208175651.jpg

PC080176_convert_20181208175812.jpg
弁柄 ? 酸化鉄赤(英語: Red Iron Oxide )は赤色顔料 酸化第二鉄を主要発色成分とする。 江戸時代にインドのベンガル地方産のものを輸入したために「べんがら」と名づけられた 日本画 テンペラ画などの顔料 研磨剤に使われます。
PC080178_convert_20181208175828.jpg

PC080180_convert_20181208175955.jpg

PC080182_convert_20181208180022.jpg

PC080183_convert_20181208180048.jpg

PC080184_convert_20181208180107.jpg
この洞窟・溶岩について考えてみよう。 出典 火山土地条件図「伊豆大島」 国土地理院
IMG_20181208_0002_convert_20181208182308.jpg
IMG_20181208_0003_convert_20181208182428.jpg


出典 伊豆大島火山地質図に一部加筆 産総研 川邉禎久先生
IMG_0006_convert_20170212223209[1] - コピー
IMG_20181208_0004_convert_20181208182457.jpg
(チョモ)



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.06・Thu

年忘れ 第19回古道探索  「水場のある径」を歩く

第19回古道探索のご案内

日  時   2018/12/23(日) 09:30
集合場所  海のふるさと村 テニスコート手前駐車場
装  備   滑りにくい靴 帽子 手袋 小リュック 雨具 ヘルメット 水500ml  昼食  おやつ
リー ダー   八木丈夫  メンバー小川信正 日比野岳 内堀昇一(問い合わせ4-0279)

コース概略 ふるさと村取りつき道路ができる前は 奥山砂漠と浜を結ぶ道が急峻なところに巧みに付けられていました。 標高200m 付近に不透水層があり水が染み出ています。その付近を辿るとむかし利用されていた炭窯跡があります。古期山体と新期山体の境目を「カワノ沢」方面に登ります。チョッピリ険しいルートです(八木)  大島全域の尾根・沢を踏破 知り尽くした八木丈夫リーダーが安全に ご案内いたします。保険は付保しておりません。自己責任で ご参加ください。

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’12.03・Mon

大島町一般介護予防教室  体と頭の健康体操 講師 新井 恵子

IMG_20181203_0001_convert_20181203124859.jpg

IMG_20181203_0002_convert_20181203124936.jpg
講師の新井 恵子先生
IMG_4409_convert_20181203125012.jpg

IMG_4415_convert_20181203125058.jpg

IMG_4412_convert_20181203125033.jpg

IMG_4424_convert_20181203125256.jpg

IMG_4438_convert_20181203125524.jpg
次回は12/17日(月)です
IMG_4446_convert_20181203130442.jpg

IMG_4414_convert_20181203125554.jpg
(チョモ)









Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.28・Wed

11/28日の日の出 トーシキ園地より

DSC_6485_convert_20181128103248.jpg

DSC_6484_convert_20181128103148.jpg

DSC_6486_convert_20181128103225.jpg

DSC_6488_convert_20181128103309.jpg

DSC_6490_convert_20181128103335.jpg
(チョモ)




Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.24・Sat

らイヴ

PB230117_convert_20181124065421.jpg

PB230116_convert_20181124072935.jpg

PB230118_convert_20181124065500.jpg

PB230119_convert_20181124065528.jpg

PB230141_convert_20181124065728.jpg

PB230140_convert_20181124065752.jpg

PB230139_convert_20181124065811.jpg

PB230134_convert_20181124065703.jpg

PB230142_convert_20181124070223.jpg

PB230143_convert_20181124065913.jpg
PB230144_convert_20181124065937.jpg

PB230155_convert_20181124070104.jpg

PB230152_convert_20181124070011.jpg
PB230153_convert_20181124070035.jpg

PB230159_convert_20181124071317.jpg







Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.17・Sat

ネジ洞窟のイズノシマダイモンジソウ観察会

IMG_20181117_0001_convert_20181117192507.jpg
東大地震研の先生お二人が重力計測中
PB170069_convert_20181117192606.jpg

PB170068_convert_20181117192545.jpg
ハチジョウカグマ
PB170074_convert_20181117192805.jpg
トチの大木
PB170073_convert_20181117192723.jpg
タブの巨樹 幹周740cm 三宅島845cm 奥多摩町807cm 東京で3番目の太さです。 全国では福井県小浜市の呼称「小浜神社の九本ダモ」が 1075cm 山口市1000cm 石川県羽咋市982cm
PB170071_convert_20181117192638.jpg
SN00002(1)_convert_20181118071507.jpg
コモチシダ
PB170075_convert_20181117192833.jpg
不慣れな方は少々のリスキーを伴います。自力で確かめた景観は喜びが倍増します。「レンタカーで...」というわけにはいきません。
PB170076_convert_20181117192854.jpg
PB170077_convert_20181117192918.jpg

PB170078_convert_20181117192941.jpg

PB170079_convert_20181117193008.jpg
昼食
PB170081_convert_20181117193036.jpg

PB170086_convert_20181117193138.jpg

PB170082_convert_20181118083916.jpg

PB170084_convert_20181118084004.jpg

PB170085_convert_20181117193113.jpg

PB170087_convert_20181117193232.jpg
ネジ洞窟壁面の「イズノシマダイモンジソウ」の大群落
PB170089_convert_20181117193331.jpg

PB170088_convert_20181117193300.jpg

PB170099_convert_20181117193438.jpg

PB170098_convert_20181117193405.jpg
伊豆大島ジオパーク ガイドの金川さん
PB170100_convert_20181117193502.jpg
赤い着衣の方が 伊豆大島ジオパーク研究会の梅田さん
PB170108_convert_20181117193643.jpg

PB170110_convert_20181117193724.jpg
風雅なお大尽が晩年お住いの......「ヘイベエ小屋跡」
PB170112_convert_20181117193839.jpg
ユキノシタ科 花柄や葉柄に腺毛が密に生えています。葉は厚く裏側に毛が沢山生えています。茎のうぶ毛が見えますか 5弁花の大文字形で「伊豆の島大文字草」といわれる所以です。
PB170111_convert_20181117193800.jpg
(2012/11/22)
005_convert_20181117204346.jpg
(2012/11/22)
019_convert_20181117204416.jpg
鳥海山麓の「ダイモンジソウ」 2018/09/10
DSC_5997_convert_20180910005430[1]

火山のお勉強
重力計とは重力を測定する器機の総称。重力計の原理としては,(1) 物体の自由落下の速度を測定するもの,(2) 振り子の周期を測定するもの,(3) ばねにつるされた物体によってばねの伸縮が変化するのを測定するもの,(4) 弦の振動周期が変化するのを測定するものなど,各種のものがある。広く使われている重力計は (3) の原理によるもので,地球の引力の強さを 10 -7 の精度で測定できるものも製作されている。現在では陸上,大洋,高空上でもこの種の器械を使って重力の測定が実施されている。重力計は地球内部の質量分布の異常を知るのに使われ,地下資源の探査にも有力な武器になっている。 出典 ブリタニカ

火山と重力 出典 東大地震研 大久保先生(2003年)

ガイドのご用命は 伊豆大島ガイド 金川

10数回 「ネジ」に来ていますが今日が最高。 グッドタイミングでした。  (チョモ)











Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.13・Tue

羽黒山の妖怪力士 前田 正代(神津島)

mae1.jpg
mae2.jpg
前田 正代さんは花の100名山 「神津島天上山」」 のガイドさんです。  090-5308-6642


出羽三山は、出羽三山神社の社伝によれば崇峻天皇の皇子、蜂子皇子(能除太子)が開山したと伝えられる。崇峻天皇が蘇我氏に弑逆された時、蜂子皇子は難を逃れて出羽国に入った。そこで、3本足の霊烏の導きによって羽黒山に登り、苦行の末に羽黒権現の示現を拝し、さらに月山・湯殿山も開いて3山の神を祀ったことに始まると伝える。
DSC_6137_convert_20180910134726[1]
熊野本宮大社の鳥居の横の八咫烏(ヤタガラス)の旗
375px-Shrine_Kumano_hongu_torii01[1]
八咫烏(ヤタガラス) 神武東征の際に熊野口から大和国への道案内をした・・・ 咫(あた)は長さの単位 親指と中指を広げた長さ約18cm   日本サッカー協会のシンボルマーク 三足烏(ヤタガラス)
P9181208_convert_20160921213804[1]
s.jpg

SN00004_convert_20181119135423.jpg
(チョモ)



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.12・Mon

復興 第14回 伊豆大島ダンスフェスティバル

IMG_20181111_0002_convert_20181112084218.jpg

IMG_20181112_0001_convert_20181112084305.jpg

IMG_20181112_0002_convert_20181112084333.jpg

IMG_20181112_0003_convert_20181112084358.jpg

DSC_6434_convert_20181112084423.jpg

DSC_6437_convert_20181112084445.jpg

DSC_6443_convert_20181112084507.jpg

DSC_6444_convert_20181112084529.jpg
DSC_6447_convert_20181112084558.jpg

DSC_6449_convert_20181112084623.jpg
DSC_6450_convert_20181112084647.jpg

DSC_6452_convert_20181112084713.jpg

DSC_6454_convert_20181112084739.jpg

DSC_6457_convert_20181112084801.jpg

DSC_6461_convert_20181112084858.jpg

DSC_6464_convert_20181112084926.jpg

DSC_6467_convert_20181112085021.jpg
DSC_6466_convert_20181112084956.jpg

DSC_6469_convert_20181112085135.jpg

DSC_6472_convert_20181112085204.jpg

DSC_6474_convert_20181112085233.jpg

DSC_6476_convert_20181112085303.jpg

DSC_6479_convert_20181112085402.jpg

DSC_6482_convert_20181112085436.jpg

DSC_6483_convert_20181112085502.jpg

DSC_6480_convert_20181112085525.jpg
(チョモ)



















Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2018’11.10・Sat

大島が生んだ宮川 哲夫の世界 マイサウンズ

宮川 哲夫(1922年2月7日 - 1974年9月30日)は、昭和期の歌謡曲作詞家。伊豆大島、波浮港 網元「宮哲丸」の生まれ。生涯に手がけた歌謡曲の作詞総数は850曲にのぼる。

1952年、哀愁のギター(作曲・吉田正、歌手・宇都美清)
1953年、街のサンドイッチマン(作曲・吉田正、歌手・鶴田浩二
1954年、公園の手品師(作曲・吉田正、歌手・鶴田浩二
1955年、ガード下の靴みがき(作曲・利根一郎、歌手・宮城まり子
1955年、赤と黒のブルース(作曲・吉田正、歌手・鶴田浩二
1956年、好きだった(作曲・吉田正、歌手・鶴田浩二
1957年、夜霧の第二国道(作曲・吉田正、歌手・フランク永井)
1958年、羽田発7時50分(作曲・豊田一雄、歌手・フランク永井)
1958年、公園の手品師(作曲・吉田正、歌手・フランク永井
1959年、夜霧に消えたチャコ(作曲・渡久地雅信、歌手・フランク永井)
1961年、東京ドドンパ娘(作曲・鈴木庸一、歌手・渡辺マリ)
1962年、背広姿の渡り鳥(作曲・渡久地雅信、歌手・佐川満男)
1962年、湖愁(作曲・渡久地雅信、歌手・松島アキラ)
1963年、美しい十代(作曲・吉田正、歌手・三田明)
1966年、雨の中の二人(作曲・利根一郎、歌手・橋幸夫)
1966年、汐風の中の二人(作曲・利根一郎、歌手・橋幸夫)
1966年、霧氷(作曲・利根一郎、歌手・橋幸夫) ※レコード大賞受賞
1968年、恋はせつなく(作曲・利根一郎、歌手・橋幸夫)※最後のヒット賞受賞曲
補足
宮川哲夫の詞は都会調だが、戦後の混乱期の哀愁と孤独、空虚感が漂うのが特徴であり、鶴田浩二は、これを『宮川ニヒリズム』と呼び、的を射た表現と多くの共感を呼んだ。
宮川哲夫作詞の「ガード下の靴磨き」を歌ったことがきっかけとなり、歌手宮城まり子は、自然と恵まれない子供たちに目が向くようになりねむの木学園の構想へつながった旨、後年述懐している。  出典 Wikipedia

DSC_0116_convert_20181110225744.jpg

SN00001(1)_convert_20181111072238.jpg
SN00002(1)_convert_20181111072645.jpg

111.jpg

1011.jpg

IMG_20181111_0001_convert_20181111002844.jpg
大島の文芸文化の発信基地 「藤井工房」
DSC_6400_convert_20181110185447.jpg

DSC_6401_convert_20181110185535.jpg

DSC_6406_convert_20181110185627.jpg

DSC_6402_convert_20181110185557.jpg
マイサウンズの皆さん 右から市川・間橋・浅見 洋子さん いっちゃんは市川さんのこと
DSC_6411_convert_20181110215406.jpg

DSC_6427_convert_20181110215630.jpg

DSC_6404_convert_20181110185658.jpg
洋子さんは「宮川 哲夫」の三女 マイサウンズを主宰
DSC_6408_convert_20181110185746.jpg

DSC_6407_convert_20181110185722.jpg

DSC_6414_convert_20181110215432.jpg

DSC_6422_convert_20181110215604.jpg
街のサンドウィッチマン
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOPBack