• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2017’10.12・Thu

中国人観光客誘致

去年1年間の訪日外客数は2,403.9万人 今年1月から8月までの訪日外客数は1,891万人 ①韓国488.2万人②中国448.4万人③台湾311.2万人
伊豆大島観光
キントウ
(チョモ)
スポンサーサイト

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.28・Thu

伊豆諸島自然保護シンポジウム

sn3.png

sn2.png

SN002850.png

sn6.png

本日のコーディネータ
伊豆諸島植生研究グループ 筑波大 上條 隆志先生
P9272060_convert_20170927230142.jpg

SN002860.png


P9272062_convert_20170927230204.jpg

P9272064_convert_20170927230227.jpg

P9272068_convert_20170927230415.jpg

P9272069_convert_20170927230437.jpg
2割づつ毎年増えると単純計算で4年後に2.07倍.....4倍→8倍→16倍
P9272070_convert_20170927230506.jpg

P9272071_convert_20170927230534.jpg

P9272072_convert_20170927230559.jpg

P9272079_convert_20170927230759.jpg

P9272080_convert_20170927230835.jpg

P9272081_convert_20170927230858.jpg

P9272082_convert_20170927230921.jpg

SN002870.png

P9272117_convert_20170928004819.jpg


P9272084.jpg

P9272086.jpg

P9272089_convert_20170927232220.jpg

P9272090_convert_20170927232330.jpg
イルカのボデイとかに傷があると識別しやすいそうです。
P9272094_convert_20170927232420.jpg

P9272096_convert_20170927232507.jpg

P9272099_convert_20170927232558.jpg

P9272100_convert_20170927232658.jpg

P9272101_convert_20170927232723.jpg

P9272102_convert_20170927232809.jpg

P9272103_convert_20170927232839.jpg
素晴らしい個体識別です
P9272104_convert_20170927232858.jpg
チョモ 2011/10/04

その後 三宅で日本一のシイが見つかりました。
ABC_2088_convert_20111007101347[1]

ABC_2109_convert_20111007100949[1]

ABC_2111_convert_20111007100820[1]

ABC_2245_convert_20170928062943.jpg

ABC_2255_convert_20170928063008.jpg


ABC_2227_convert_20111007102623[1]

ABC_2296_convert_20111007103109[1]

SN002880.png
SN002890.png


P9272113_convert_20170927235712.jpg
人口168人
P9272106_convert_20170927235737.jpg

P9272107_convert_20170927235802.jpg
出典 naver
aogasima7_convert_20160827164823.jpg
2014/11/03~04
DSC_9524_convert_20170928000028.jpg

DSC_9517_convert_20170928000008.jpg

DSC_9477_convert_20170927235914.jpg

DSC_9497_convert_20170927235946.jpg

村長さんと大島にもいたことがある なっちゃん
DSC_9603_convert_20170928000047.jpg
荒井さんのお父さん自慢の「お休み処のベンチ」
DSC_9710_convert_20170928005440.jpg




IMG_0002_convert_20170928000149.jpg

sn5.png
小木 万布さん 御蔵島観光協会(御蔵島) 岩崎 由美さん 伊豆諸島自然史研究会(八丈島)
P9272112_convert_20170929134251.jpg
山本 斗士江さん 新島自然愛好会(新島) 石田 賢也さん 七島花の会(神津島)
P9272115_convert_20170929134349.jpg
菊地 ひとみ さん 三宅島ネーチャーガイド キュルル(三宅島)
P9272116_convert_20170929134423.jpg
荒井 智史さん 青ヶ島還住太鼓(青ヶ島)
P9272120_convert_20170929134456.jpg
長谷川 孝一さん 伊豆諸島ツーリズム研究会(神奈川県)
P9272122_convert_20170929134602.jpg
石橋 正行さん 伊豆諸島植物研究会・いそぎく  「神津島花図鑑」 執筆
バクテリアやカビも植物の仲間だとすると話は別ですが一般的に植物の数は20万~30万種 日本の維管束植物(種子植物・シダ植物)が7,000種 うち1,700種が絶滅危惧種 伊豆諸島は植物の種が1,400種 うち絶滅危惧種が約250種
P9272121_convert_20170929140001.jpg
左 コーディネーターの 上條先生が話しかけている方が伊豆大島ジオパーク推進委員会の岩崎 紀子さん 後ろ向きが大島自然愛好会の小川 信正さん
P9272110_convert_20170928005905.jpg
チョモの言い分  伊豆諸島は東京竹芝から直線距離で652km南にある「孀婦岩」までの100程の島嶼(大きい島と小さい島)からなります。人が住む島は9島。竹芝から青ヶ島までの距離は353.5kmです。
 ① 伊豆七島ではなく伊豆九島  ② 青ヶ島が富士箱根伊豆国立公園から外されているのはどうしてでしょう。
国(環境省) と東京都が いくら 経緯を説明しても明確な説明ができなければ ①と②を組み入れてください。いとも簡単なことでしょう。海運名が変わるペイント代とか帳票の刷り直しを都が補填すれば 済むはなしです。
(チョモ)

 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.23・Sat

田澤 堅太郎講演会

SN00292_convert_20170923183508.png
伊豆大島ジオパーク研究会 白井会長
P9232044_convert_20170923180912.jpg
田沢堅太郎先生 1927/02/10日生まれ 卒寿  古期大島層群の層序は田澤先生が体系づけられ......
P9232047_convert_20170923181025.jpg
生まれ故郷「小樽」のお話
P9232048_convert_20170923181056.jpg

SN00293_convert_20170923225156.png

先生が影響を受けた お二人の先生のお一人 一色 直記先生 地質学者  龍ノ口遺跡 縄文早期後半の茅山式土器の発見者でもあります。1929~2014/09/14
sn1.png


SN00291.png
上が 中村 一明先生 新期大島層群の層序は中村先生が体系づけられました。 1932/09/26~1987/08/12

出典は「月刊 地球」掲載記事より
nakamura1.png
SN00284.png

IMG_0006_convert_20170923183832.jpg

先生の初めての論文
SN00284_convert_20170923181131.png


先生の論文・講演要旨がチョモのエバーノートに29編入っています。
SN00286_convert_20170923181211.png

稲葉さんは大島 元町の老人会長さん
SN00288_convert_20170923181244.png
(2015/05/14)
P5140169_convert_20170923180724.jpg
(2012/10/30)
IMGP1501_convert_20170923180652.jpg
(2015/05/14)
P5140179_convert_20170923180755.jpg


お求めは「藤井工房」さんでどうぞ

(チョモ)





Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.22・Fri

鯵が入れ食い 波浮港

099_convert_20170922092004.jpg

017_convert_20170922092039.jpg

DSC_5226_convert_20170922092102.jpg
鯵の生餌でショッコ釣り カンパチの幼魚ショッパチ(小八?)←間八
DSC_5229_convert_20170922092236.jpg

DSC_5232_convert_20170922092312.jpg

DSC_5233_convert_20170922092341.jpg
湾の中は鯵の入れ食い
DSC_5252_convert_20170922092407.jpg
鯵のお刺身
DSC_5255_convert_20170922092508.jpg
鯵のお寿司
IMG_20160908_185105_convert_20170922092540.jpg
波浮港 9世紀に噴火しました。


SN00370_convert_20170922094541.png
伊豆大島ジオパークガイド チョモ

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.07・Thu

第7回国際現代美術展 ②

SN00255_convert_20170907143902.png
油井 瑞樹 「Painting fierd Glow Islands」
DSC_5192_convert_20170907142617.jpg

DSC_5193_convert_20170907142638.jpg

DSC_5194_convert_20170907142655.jpg

DSC_5202_convert_20170907142915.jpg

DSC_5200_convert_20170907142839.jpg
樹冠の遠慮
DSC_5195_convert_20170907142712.jpg
樹冠が重なり合うことなく、空間を分け合う、多くの樹木が同時に成長した時にのみ起こる現象だそうだ。お互いの葉が重ならないように、「どうぞ、どうぞどうぞ」と譲り合いながら成長していく(出典 カラパイア)
DSC_2673_1_convert_20160906173239[1]

DSC_5198_convert_20170907142748.jpg

DSC_5201_convert_20170907142856.jpg

DSC_5199_convert_20170907142822.jpg
中谷 欣也  「out・in」 引力と遊ぶ
DSC_5203_convert_20170907142939.jpg

DSC_5204_convert_20170907142957.jpg
本多 真理子 「Red line conection 2017」
DSC_5205_convert_20170907143014.jpg

DSC_5206_convert_20170907143032.jpg
新町亭
DSC_5207_convert_20170907143053.jpg

DSC_5213_convert_20170907143354.jpg
(雪のついている箇所が表層崩壊しました(2013/10/16) 台風26号 24時間降雨量 824mm)
DSC_8206_convert_20140115203005.jpg

DSC_5212_convert_20170907143322.jpg
(鎮魂39)
DSC_5214_convert_20170907143428.jpg
原 博史 「flame・s ...smoke」
DSC_5211_convert_20170907143246.jpg

DSC_5209_convert_20170907143213.jpg

DSC_5208_convert_20170907143113.jpg

P9112038_convert_20170911215500.jpg

P9112039_convert_20170911215520.jpg

P9112040_convert_20170911215541.jpg

P9112041_convert_20170911215603.jpg

P9112042_convert_20170911215621.jpg

DSC_5225_convert_20170907143715.jpg

DSC_5224_convert_20170907143643.jpg
(役行者窟)
DSC_5219_convert_20170907143523.jpg

DSC_5223_convert_20170907143554.jpg
(次男の竹本葵太夫)
DSC_4811_convert_20170129200742.jpg
(大島の誇りです。受賞おめでとうございます)
SN00253_convert_20170907143843.png

(チョモ)
 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.06・Wed

第7回 国際現代美術展 ①

SN00255.png

DSC_5140_convert_20170906101510.jpg

DSC_5150_convert_20170906103855.jpg
シン・イフィー  「The garden with cold volcano」
DSC_5141_convert_20170906101602.jpg

DSC_5142_convert_20170906101637.jpg
油井 瑞樹 「蓄光島」
DSC_5145_convert_20170906101702.jpg

DSC_5146_convert_20170906101728.jpg

DSC_5147_convert_20170906101750.jpg
中田 朝乃 「支」
DSC_5149_convert_20170906101814.jpg
柴辻 健吾 「岩頸」
DSC_5139_convert_20170906101835.jpg
134年の歴史の波浮小学校が2009年に廃校
DSC_5152_convert_20170906101857.jpg

DSC_5151_convert_20170906101918.jpg

DSC_5173_convert_20170906102742.jpg
李 容旭 「追憶の階段」
DSC_5174_convert_20170906102808.jpg

DSC_5175_convert_20170906102842.jpg

DSC_5188_convert_20170906103326.jpg

DSC_5186_convert_20170906103258.jpg
曽根 光子 「チクチクぬいぬい」
DSC_5154_convert_20170906102021.jpg
広田 美穂 「箪笥の子」
DSC_5155_convert_20170906102037.jpg

DSC_5157_convert_20170906102058.jpg
田中 宏美 「view-大地の力」
DSC_5158_convert_20170906102119.jpg

DSC_5159_convert_20170906102148.jpg
吉岡 朝美 「だれにも知られないように」
DSC_5160_convert_20170906102210.jpg
Rachel Blackburn 「Habu primary colours」
DSC_5161_convert_20170906102241.jpg

DSC_5162_convert_20170906102305.jpg

DSC_5165_convert_20170906102437.jpg
辻村 ありさ 「うみかぜ」
DSC_5166_convert_20170906102500.jpg
土屋 由貴 「beyond the sea]
DSC_5168_convert_20170906102530.jpg

DSC_5169_convert_20170906102557.jpg

DSC_5170_convert_20170906102618.jpg

DSC_5171_convert_20170906102645.jpg
戸島 大輔 「humming bird」
DSC_5172_convert_20170906102707.jpg

DSC_5177_convert_20170906102908.jpg
関 直美 「なにか聞こえる」
DSC_5178_convert_20170906102936.jpg
丁 昶文 「暗黒の方程式」
DSC_5181_convert_20170906103042.jpg

DSC_5180_convert_20170906103019.jpg
藤沢 恵 「The way contradiction]
DSC_5183_convert_20170906103135.jpg

DSC_5184_convert_20170906103203.jpg

DSC_5185_convert_20170906103229.jpg
内海 仁 「Line」
DSC_5189_convert_20170906103352.jpg

DSC_5163_convert_20170906102332.jpg
佐々木 薫 「軌跡」
DSC_5164_convert_20170906102402.jpg
往時の大島牧場 静かな夜空 エネルギッシュな昼空
DSC_5190_convert_20170906103422.jpg

 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’09.03・Sun

神奈川大学工学部高野研究室によるロケット打ち上げ実験

トーシキ園地(大島町差木地字クダッチ)でロケットの打ち上げ

7月末に帯広郊外の大樹町で「MOMO」の打ち上げがあった。固体のポリエチレン燃料 液体酸素を酸化剤とするハイブリッドロケット ロケットの初速アップは地球の自転速度(赤道付近465m/S)を利用するといいのになぜ北海道から打ち上げたのか素人には判りません。 神大 千葉工大が大島でロケットの打ち上げ実験を重ねています。研究室の皆さん 頑張ってロケットの開発を進めてください。大島町民に夢を与えてください。

SN00254_convert_20170907060655.png

P9041981_convert_20170904064637.jpg

DSC_5119_convert_20170903084748.jpg

DSC_5120_convert_20170903084810.jpg
05:30頃 発射の大音響 高野研究室 自作エンジン飛翔実験
DSC_5123_convert_20170903084833.jpg

DSC_5126_convert_20170903084852.jpg

DSC_5128_convert_20170903084915.jpg
2017/09/03 8:31:46 「カナダ製 Hyper Tekエンジン」搭載の誤りでした。


工学部高野研究室が
神奈川大学 ロケット部 2016

Categorie大島の風景  - コメント(4) TOP

2017’08.25・Fri

カルデラ内(自然公園法 特別保護地区)のサクユリを採らないで

サクユリ (為朝百合)  花は終わりました。
sakuyuri2.jpg
sakuyuri.jpg

カルデラ内のサクユリが激減しており大島自然愛好会では当局の許可を得て純系サクユリの種まきを行っています。自然薯やユリ根を食する食文化を否定する気は毛頭ありません。せめてカルデラ内(特別保護地区)のサクユリの花の採取 百合根堀りだけはやめてください。   大島自然愛好会 内堀 昇一
出典 東京都  真ん中の黄色の地域が特別保護地区(カルデラ)
hogo_convert_20170825144928.jpg

自然公園法条文抜粋
(特別保護地区)第十四条3 特別保護地区内においては次の各号に掲げる行為は、国立公園にあつては環境大臣の、国定公園にあつては都道府県知事の許可を受けなければ、してはならない。ただし、当該特別保護地区が指定され、若しくはその区域が拡張された際既に着手していた行為(前条第三項第五号に掲げる行為を除く。)若しくは同号に規定する湖沼若しくは湿原が指定された際既に着手していた同号に掲げる行為又は非常災害のために必要な応急措置として行う行為は、この限りでない。
一 前条第三項第一号から第六号まで、第八号、第九号、第十二号及び第十三号に掲げる行為
二 木竹を損傷すること。
三 木竹を植栽すること。
四 家畜を放牧すること。
五 屋外において物を集積し、又は貯蔵すること。
六 火入れ又はたき火をすること。
七 木竹以外の植物を採取し、若しくは損傷し、又は落葉若しくは落枝を採取すること。
八 動物を捕獲し、若しくは殺傷し、又は動物の卵を採取し、若しくは損傷すること。
九 道路及び広場以外の地域内において車馬若しくは動力船を使用し、又は航空機を着陸させること。
十 前各号に掲げるもののほか、特別保護地区における景観の維持に影響を及ぼすおそれがある行為で政令で定めるもの

第四章 罰則
第七十条
 次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一 第十三条第三項、第十四条第三項、第十五条第三項又は第二十四条第三項の規定に違反した者二 偽りその他不正の手段により第十六条第一項の認定を受けた者
三 第二十五条の規定により許可に付せられた条件に違反した者

SN00228_convert_20170825100945.png
SN00229.png
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.24・Thu

あんど ! 大島2

http://www.comp.tmu.ac.jp/tmu-shin6/  豊富な実践学習と専門理論で離島創生のプロフェッショナルを養成!

元総務大臣を務めた増田さんの「日本創成会議」の消滅可能性都市一覧にはショックを覚えたものです。人口再生産力に着目した将来推計人口一覧です。縮めていうと赤ちゃんが産める20~39歳の女性人口が2040年に現在より半分以下になってしまう自治体が消滅可能都市。あらためて数字を見てみました。東京では11区町村。ちなみに区は豊島区 島嶼部でセーフなのは三宅村と小笠原村 大島は2040年の総人口が4,983名(2010年比 -41.0%) 20~39歳女性が297名(2010年比 ー55.2%)
「日本創成会議」は目下休眠中 豊島区は意識してこの危機を抜け出そうとしています。新聞の地方版を意識してみてください。
(出典 日本創成会議)
SN00226_convert_20170824082553.png
SN00227_convert_20170824082621.png

離島で学ぶ
日本創成会議

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.22・Tue

日本の大学に留学中の中国の学生さんと卒業生に聞きました

工学部4年生がお2人 今年卒業して日本企業に就職した方がお一人
学生さんは来年日本企業に就職予定だそうです。 なぜ母国にもどって就職しないんですか。........ans 日本は素晴らしい国。
DSC_5107_convert_20170822143627.jpg

DSC_5108_convert_20170822143647.jpg

DSC_5096_convert_20170822143427.jpg

DSC_5100_convert_20170822143508.jpg

DSC_5106_convert_20170822143604.jpg
おびなた の「ざる蕎麦」永坂更科の「つゆ」と畑でとれた胡瓜の糠漬 ...中日交流
DSC_5098_convert_20170822143451.jpg
伊豆大島 トーシキ遊泳場
DSC_5109_convert_20170822143708.jpg

DSC_5110_convert_20170822143729.jpg
安全に シュノーケルが楽しめます。
DSC_5112.jpg

DSC_5113.jpg

DSC_5111.jpg
崖の上から見たトーシキ遊泳場  溶岩が外洋の荒波をブロックします。
DSC_5115_convert_20170822151026.jpg

IMG_2136.jpg

大島三大パワースポットの一つ「シカマガの滝」
DSC_5116.jpg

DSC_5117.jpg
筆島
fudesima2.jpg
波浮港


(チョモ)
 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.20・Sun

第13回古道探索

始点 筆島→ネジの洞窟→フノーの滝経由→終点 都道  登りは急斜面 等高線が狭い 平均斜度は目見当で70° 
 作図 八木リーダー  地図は明治22年の古地図 昔の道が実によく分かります。
SN00223_convert_20170820210326.png
いまの道

上の2枚の地図を重ねました。青が都道 白線が町道 黒線 黒の破線が古道です。


右から八木リーダー 次が和泉さん チョモの三原山ガイド第1号の東京のお客さん 真ん中が前回から参加の五味さん 自然愛好会の小川さん 次は筆島 左端は初参加のジオパーク推協の臼井さん あとチョモこと内堀 日比野さんは旅行中
P8201881_convert_20170820205515.jpg
N34°43′48″ E139°26′4″
P8201883_convert_20170820205546.jpg

P8201885_convert_20170820205647.jpg

P8201887_convert_20170820205707.jpg

P8201888_convert_20170820205728.jpg
N34°42′22″ E139°26′34″
34筆島



P8201892_convert_20170820205748.jpg

P8201893_convert_20170820205807.jpg

P8201894_convert_20170820205833.jpg

P8201897_convert_20170820205856.jpg

P8201898_convert_20170820205922.jpg

P8201903_convert_20170820214544.jpg

P8201904_convert_20170820214610.jpg

P8201905_convert_20170820221446.jpg

P8201906_convert_20170820221531.jpg

P8201907_convert_20170820214734.jpg
N34°42′38″ E139°26′40″
P8201910_convert_20170820214808.jpg

P8201912_convert_20170820214839.jpg

P8201913_convert_20170820214907.jpg

P8201914_convert_20170820214934.jpg

P8201916_convert_20170820215002.jpg
直進できないので捲きます
P8201917_convert_20170820215030.jpg

P8201918_convert_20170820215053.jpg
N34°42′44″ E139°26′48″
P8201919_convert_20170820215123.jpg

P8201923_convert_20170820215244.jpg

P8201924_convert_20170820215313.jpg

P8201925_convert_20170820215336.jpg

P8201927_convert_20170820215408.jpg

P8201928_convert_20170820215554.jpg

P8201929_convert_20170820215627.jpg

P8201930_convert_20170820215658.jpg
臼井さんも ここを降りました
P8201931_convert_20170820215755.jpg

P8201932_convert_20170820215832.jpg

P8201933_convert_20170820224137.jpg

P8201934_convert_20170820215937.jpg

P8201935_convert_20170820220202.jpg
捲きます フィックスザイルがありました。
P8201938_convert_20170820220232.jpg
道標
P8201939_convert_20170820224421.jpg

P8201940_convert_20170820224455.jpg

P8201942_convert_20170820224529.jpg

P8201943_convert_20170820224553.jpg

P8201944_convert_20170820224622.jpg

P8201946_convert_20170820224652.jpg

P8201948_convert_20170820224722.jpg

P8201950_convert_20170820224747.jpg

P8201952_convert_20170820224812.jpg
N34°43′23″ E139°26′44″
P8201953_convert_20170820224848.jpg
皆さん すがすがしい ネジまで3時間弱
P8201954_convert_20170820224921.jpg

P8201957_convert_20170820225041.jpg

P8201959_convert_20170820225106.jpg
イズノシマダイモンジソウ群落
P8201960_convert_20170820225132.jpg

P8201962_convert_20170820225222.jpg

P8201965_convert_20170820225258.jpg

P8201966_convert_20170820225330.jpg

P8201968_convert_20170820225409.jpg

P8201969_convert_20170820225434.jpg
むかし風流な生き方をした お大尽がおりました。
P8201970_convert_20170820225457.jpg
フシノアワブキ科 絶滅危惧種 サクノキ
IMGP1414_convert_20170821051858.jpg
左直進220m先が水源枡 右を上がります。 N34°43′38″ E139°26′40″
P8201971_convert_20170820225523.jpg

P8201972_convert_20170820225546.jpg

P8201973_convert_20170820225615.jpg

P8201974_convert_20170820232638.jpg
ここから上は急登につきカメラを操作するゆとりがありません。斜度65~75°
P8201975_convert_20170820225708.jpg

P8201976_convert_20170820225736.jpg
もうじき都道に出ます。お疲れ様でした。
P8201977_convert_20170820225807.jpg
(チョモ)
 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.19・Sat

地引き浜のアカウミガメ

P8191853_convert_20170819203500.jpg

P8191855_convert_20170819203527.jpg

P8191858_convert_20170819203547.jpg

P8191860_convert_20170819203624.jpg

P8191859_convert_20170819203607.jpg

P8191870_convert_20170819203738.jpg

P8191862_convert_20170819203644.jpg
P8191863_convert_20170819203702.jpg
P8191864_convert_20170819203721.jpg

P8191874_convert_20170819203756.jpg

P8191875_convert_20170819203816.jpg

P8191877_convert_20170819203832.jpg
 梅雨の時期が暑かったのでダメかと思っていました。08/16日の夜に脱失した足跡が30本ほど見つかりました。24匹のアカウミガメの赤ちゃんが今夜生まれて初めて海を渡ります。確率的には地引き浜に1頭も戻ってこれないそうです(世話人の成瀬さん談)
(チョモ))

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.18・Fri

島の生きもの

春先 小さいときに獲っておけば....


大変なことになる 今日処分した

ペットボトルの上部に小さい穴をあけて 砂糖水に油を少々いれ あけた穴の周りに蜂蜜をぬると 50匹/日獲れます。 大島式のスズメバチ溺死法です。




今日...
P8181850_convert_20170818145646.jpg








襲われたのはコジュケイ

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.13・Sun

第13回古道探索 参加者募集

           第13回古道探索

日   時 08月20日 08:30
集合場所 筆島 オタイネ広場
コ ー ス オタイネ広場→筆島→クサカイガホラ→黒崎→荷上場→
       馬の背→ネジの岩屋→(渡れそうでしたらフノーの滝から都道へ)
リーダー  八木 丈夫  同行者 小川信正 内堀 昇一
装   備 滑りにくい靴 手袋 帽子 水 弁当 おやつ

   昔の人は 泉津 波浮の往来に 大潮のときを見計らって浜の径を歩いたに
   相違ありません。筆島の美味しい湧水を汲みながら 岩と岩の間を切り裂く板状の
   貫入岩を背に 腰まで水につかりながら お年寄りや子供は命がけで渡ったに違いありません。
   砂浜 藪漕ぎ 玉石と変化にとんだ歩きで往時の移動の苦労を偲びませんか。

20日は大潮 09:30分が干潮時刻 08:45分に出発したいと思います。
海水につかることなく渡れるか どうかは判りませんがザイル等を用意いたします。
天候波浪は大丈夫そうです。7月のリーダーによる偵察時は水に浸かることなく渡れたそうです。
保険の付保はありません。自己責任での参加をお願いします。
参加希望の方は帰路の車の事前配置が必要ですので内堀(4-0279)まで架電をお願いします。

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.11・Fri

夏祭り






























(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’08.06・Sun

木谷 理恵(ピアノ) & 大内 美佳(ソプラノ) Duo Concert

SN00144_convert_20170806165510.png

SN00145_convert_20170806165557.png

SN00141.png

SN00142.png

P8061764_convert_20170806165831.jpg

P8061766_convert_20170806165933.jpg

P8061767_convert_20170806170002.jpg

P8061771_convert_20170806170031.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’07.19・Wed

南部 COMMUNITY SCHOOL

SN00153_convert_20170719090343.png

SN00152.png

南部会
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’07.14・Fri

巣鴨学園中学校 2017 大島巡検

巣鴨学園中学校2年生が毎年大島へ巡検に(07/14 95名)
05:00岡田港着→C火口列 C1 C2火口→登山口で朝食→パホイホイ溶岩→アア溶岩→赤だれ→三原山直登→山頂A火口→剣ヶ峰→B火口列 B1 B2火口→カルデラへ下降→櫛形山直登→裏砂漠→アグルチュネート(スコリアラフト)→大島温泉ホテル 神津島天上山の白い火山灰薄層→火山博物館→元町港で昼食→地層大切断面→トーシキ海食崖→波浮港見晴台→カキハラの火山豆石 筆島の岩脈→16:45 元町港発のジェット船で帰京
P7141735_convert_20170714212513.jpg

P7141694_convert_20170714192929.jpg

P7141701_convert_20170714193118.jpg

P7141704_convert_20170714193202.jpg

P7141709_convert_20170714193255.jpg

P7141711_convert_20170714193355.jpg

P7141713_convert_20170714193448.jpg

P7141714_convert_20170714193536.jpg

P7141715_convert_20170714193637.jpg

P7141719_convert_20170714193726.jpg

P7141721_convert_20170714193810.jpg

P7141723_convert_20170714193909.jpg

P7141726_convert_20170714194013.jpg

P7141730_convert_20170714194135.jpg

P7141731_convert_20170715053450.jpg
立木 元校長先生の避難体験談  引率の先生が小学生の時の恩師
P7141732_convert_20170715053515.jpg

P7141733_convert_20170715053536.jpg

P7141737_convert_20170714212554.jpg

P7141740_convert_20170715035532.jpg

P7141741_convert_20170714213045.jpg

P7141742_convert_20170714213159.jpg

P7141745_convert_20170714213328.jpg

P7141746_convert_20170714213819.jpg

P7141747_convert_20170714213547.jpg

P7141749_convert_20170714213941.jpg
(アア溶岩)
108.jpg
(パホイホイ溶岩1)
yougan3_convert_20170726094954.png
(パホイホイ溶岩2)
109.jpg
(塊状溶岩) 安山岩質噴火をする浅間山
yougan5_convert_20170726095027.png
(出典 海洋研究開発機構) 中央海嶺  イギリスの上部赤線の空白部がアイスランド
SN00136_convert_20170815211711.png
(枕状溶岩1) 海嶺で噴出する玄武岩質の溶岩
太平洋東部や大西洋中央には南北に走る海嶺とよばれる盛り上がった割れ目があり年間数cmずつ東西に拡大している。割れ目から玄武岩質のマグマが供給され新しい海の地殻(プレートの一部)が生産されている。
yougan6_convert_20170726095100.png
(枕状溶岩2) 父島
yougan7_convert_20170730085650.jpg
(枕状溶岩3) 丹沢    フィリピン海プレートに乗って北上してきた丹沢山地が本州に付着(衝突)したのが約500万年前です (出典 列島誕生 ジオ ジャパン NHK)
SN00295_convert_20170807094923.png

(黒い筋が1986年噴火のアア溶岩流あと)
コピー ~ 100
(赤だれ1)
akadare1.jpg
(赤だれ2)
DSC_7232_convert_20170513124844.jpg
(赤だれ3)
コピー ~ 207
(赤だれ4) 安永噴火(1777~1792)のアア溶岩壁
コピー ~ 赤だれ3
(右から利島 奥が神津島 左奥から1~2が新島 神津島の前の平らな島が式根島)
コピー ~ 赤だれからの かたの島
大島からも見える宝永第一火口 北アメリカ ユーラシア フィリピン海という三つのプレートが富士山の場所で会合交差している。地球上でただ一つの特異なジャンクション ポイントです。必然的に独立峰「富士山」が そこに存在する。山頂火口より大きい火口です。(写真出典 wikipedia)
SN00136.png
(山頂 A火口) 火口底は260m下です。
SN00043.png
(水蒸気 無臭 無毒)
コピー ~ 211
(B2火口)
DSC_9746_convert_20151118204340.jpg
565年振りの割れ目噴火は安山岩質の噴火でした。二酸化ケイ素含有量53.5-67w% 深い主マグマ溜まりからではなく 深さ4-5kmの浅いところで すこし冷えて溶岩組成が既に分化したグループ2の副マグマ溜まりからの噴火です。 出典 噴火予知連伊豆部会
SN00119_convert_20170730170949.png
出典 「地球学入門」酒井治孝著
火成岩の組成分化
SN00120.png

(噴火1か月後の B火口列 上からB1 B2 B3火口)
112_(2)_convert_20160714184850.jpg
(裏砂漠1)
コピー ~ 裏砂漠
(裏砂漠2) 外輪山「櫛形山」
DSC_3399_convert_20161118171709.jpg
(大島温泉ホテル駐車場の壁面ではありません 神津島 天上山838年噴火の白い火山灰薄層 流紋岩質 二酸化ケイ素含有量が70w%以上 上下の地層の年代測定の「鍵層」になります)
PB060094.jpg
(地層大切断面1)
120.jpg
(地層大切断面2)
119.jpg
(トーシキの海食崖1)   1421年(応永28 Y4)の割れ目噴火 イマサキ 岳の平 小穴 大穴 松の窪上部から噴火しました。正面の山「岳の平(タケノヒラ)」は その時できたスコリア丘です。
DSC_2380_convert_20170326173915.jpg
(トーシキの海食崖2)
DSC_2385_convert_20160110102530.jpg
(波浮港) 皆さんが立っている「波浮港見晴台」は火口壁の真上です。
コピー ~ 波浮港
(カキハラの火山豆石)

(筆島の岩脈1)    ダイク 地殻の裂け目を満たした板状の貫入岩体
ABC_0088_convert_20150721073659.jpg
(筆島の岩脈2)
ABC_0106_convert_20150423120742.jpg
熱中症 怪我人 ゼロ  16:45分発のジェット船でお帰りになりました。

自然愛好会の小川信正 佐々木睦彦 浜田 良 日比野岳 そして八木丈夫さん ご苦労様でした。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’07.09・Sun

「茶屋」の情報を集めています 藤井工房(木村五郎・農民美術資料館)

出典 「大島奥伊豆情緒漫画」 田中才次郎 東京府下伊豆大島波浮港村 昭和7年6月15日発行
IMG_0007_convert_20170709070523.jpg

IMG_0008_convert_20170709070545.jpg

IMG_0009_convert_20170709070608.jpg

IMG_0010_convert_20170709070631.jpg

IMG_0011_convert_20170709070700.jpg

IMG_0012_convert_20170709070725.jpg
新観光地図「大島」 日本交通公社 昭和28年9月15日初版発行
IMG_0001_convert_20170709070757.jpg

IMG_0002_(4)_convert_20170709072222.jpg
IMG_0002_(3)_convert_20170709072244.jpg

IMG_0004_(2)_convert_20170709072324.jpg
ご協力をお願いいたします 藤井工房 TEL 2-1628(藤井 虎雄)
1234.jpg
出典 17/10/09 郷土史家 大村 森美さん
SN00024.png


IMG_0040_(2)_convert_20170709072925.jpg

IMG_0018_convert_20170709072513.jpg

IMG_0017_convert_20170709072448.jpg

IMG_0033_convert_20170709072556.jpg

IMG_0023_convert_20170709090624.jpg

IMG_0038_convert_20170709072637.jpg

IMG_0022_convert_20170709072715.jpg

IMG_0027_convert_20170709072745.jpg

IMG_0035_convert_20170709072819.jpg

IMG_0036_(2)_convert_20170709072850.jpg

IMG_0041_(2)_convert_20170709073044.jpg

IMG_0042_(2)_convert_20170709073114.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’07.08・Sat

三原山滑走台の謎に迫る 平成17年度大島第2中学校地域研究

IMG_0055_convert_20170708222215.jpg
出典 木村五郎・農民美術資料館(藤井工房) 大島第2中学校2年生の地域研究発表会資料より
IMG_0056_convert_20170708222324.jpg

IMG_0057_convert_20170708222359.jpg
DSC_3395_convert_20170708222429.jpg

IMG_0045_convert_20170708222455.jpg
研究発表者 森田大樹 白井純貴 白井洋平 坂井舞子 田辺繁人さん よくもこれだけ調べ上げたものです。 ありがとう。
IMG_0046_convert_20170708222524.jpg

IMG_0047_convert_20170708222618.jpg

IMG_0048_convert_20170708222654.jpg
軍の命令により昭和17年レール撤去 鉄を軍に拠出した。
IMG_0049_(2)_convert_20170708222728.jpg

IMG_0050_convert_20170708223025.jpg

20170708230502f76[1]

IMG_0053_convert_20170708223221.jpg

IMG_0054_convert_20170708223304.jpg

IMG_0058_convert_20170708223350.jpg

IMG_0059_convert_20170708223501.jpg
50銭です
IMG_0060_convert_20170708223635.jpg

IMG_0061_convert_20170708223701.jpg

IMG_0062_convert_20170708223730.jpg

出典 「まねく大島」宮下耕造 昭和11年11月3日発行
IMG_0065.jpg

IMG_0030.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’07.06・Thu

藤井工房 「資料館たより25号」

IMG_convert_20170706172222.jpg

IMG_0001_convert_20170706172248.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.26・Mon

カキハラ磯の火山豆石と筆島の貫入岩

tyomo


火山豆石
P6261686_convert_20170626180823.jpg


スカシユリ めっきり減りました

出典 「火山伊豆大島スケッチ」 田澤 堅太郎 お求めは「藤井工房」で

(2013/04/26日撮影) ベースサージの露頭は護岸工事で現在は観れません。
ベース・サージ 水蒸気や空気などのガスと火山灰や岩塊など固体破片の混合した低温の火山砕屑流. 火口から環状に広がる横なぐりの噴煙を指し,低温の火山砕屑流というべきものである[Moore : 1976, 荒牧 : 1979]



ベースサージの露頭→現在


筆島
fudesima2.jpg

=
不動明王?

筆島の対面壁の貫入岩 人面? ヒューストンにいる姪が昨年の夏発見

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.15・Thu

行者祭り

正面が「櫛ノ峰」 05/14日の大島自然愛好会の秘境巡りでは櫛ノ峰のてっぺんで昼食
P6151572_convert_20170615165854.jpg

P6151578_convert_20170615165916.jpg
行者窟へ
P6151581_convert_20170615165940.jpg
トンネル右のルンゼが「金剛沢」? 見えませんが上部の左岸はまるで砂丘のような分厚い砂層
大島公園のサンドスキー場 金剛沢 裏砂漠 表砂漠 サノ浜 等は 北東と南西の卓越風で相互に砂の移動が行われています。サノ浜の海砂をポンプ船 ガット船で大量に採取してから....砂防堤ができてから....砂の移動が減り.........。
P6151585_convert_20170615170014.jpg

P6151582_convert_20170615170051.jpg
波に磨かれて 1


P6151594_convert_20170615170133.jpg

P6151592_convert_20170615170111.jpg

P6151591_convert_20170615170232.jpg
波に磨かれて 2
P6151596_convert_20170615170304.jpg

P6151597_convert_20170615170328.jpg

P6151599_convert_20170615170357.jpg

P6151602_convert_20170615170423.jpg





P6151604_convert_20170615170452.jpg

P6151608_convert_20170615170517.jpg

P6151610_convert_20170615170545.jpg

P6151614_convert_20170615170616.jpg

P6151616_convert_20170615170645.jpg

P6151617_convert_20170615170722.jpg

P6151618_convert_20170615170748.jpg

P6151619_convert_20170615170815.jpg

P6151621_convert_20170615170842.jpg

P6151622_convert_20170615170911.jpg

P6151623_convert_20170615170935.jpg

P6151626_convert_20170615171026.jpg

P6151628_convert_20170615171054.jpg

P6151632_convert_20170615171211.jpg

P6151633_convert_20170615171300.jpg

P6151634_convert_20170615171328.jpg

P6151636_convert_20170615171354.jpg

P6151637_convert_20170615171416.jpg

P6151639_convert_20170615174405.jpg
入滅の地 大阪府箕面市 天上ヶ岳 標高499m  頂上に小角の銅像がある が天上ヶ岳 
大阪梅田から阪急宝塚線に乗り石橋駅で阪急箕面線(みのおせん)に乗り換え4km先の終点が箕面駅 大滝 モミジの天ぷら 猿のばっこで有名  役 小角は赦免されて大島から茅原(奈良県御所市)にもどり わずか6か月後に入滅した といわれています。
SN00134.png

出典 伊豆大島 地域資源情報集
SN00133.png

(チョモ)が選んだ大島三大パワースポットは御神火山頂火口を除き 「シカマガ滝」「大宮神社」「行者窟」
 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.12・Mon

バーベキュー

お取り寄せ高級和牛のバーベキューにお招きをいただきました(2017/06/11)
P6101525_convert_20170612084019.jpg
シクボの畑の琵琶を土産に持参
P6101527_convert_20170612084046.jpg
新島コーガ石のバーベキュウ炉 今は手に入りません
P6111535_convert_20170612084118.jpg
勿論 椿炭です。
P6111551_convert_20170612085718.jpg

P6111533_convert_20170612084241.jpg

P6111530_convert_20170612090853.jpg
P6111532_convert_20170612084216.jpg
P6111552_convert_20170612084144.jpg

P6111555_convert_20170612084501.jpg

P6111566_convert_20170612084559.jpg

被災した熊本の「メグ」がはるばる大島へ
P6111543_convert_20170612090720.jpg
P6111558_convert_20170612084531.jpg

P6111559_convert_20170612093953.jpg
端正こめたアマリリスが屋敷を取り囲んでいます。
P6111537_convert_20170612092110.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’06.04・Sun

第12回古道探索

作図 リーダー 八木丈夫


トーシキキャンプ場からの二子山 右ピークの三角点をめざします
P6041404_convert_20170604200603.jpg
集合場所は南部三原山線 ヨハからちょっと上がったところ左側にある焼却灰の処分場
 
(大島一般廃棄物管理型最終処分場は東京都島嶼町村一部事務組合が運営 大島 利島 新島 神津島から出た焼却灰を埋め立てています。最大埋め立て容量は49,500立方メートル 供用開始から11年目埋め立て進捗率は昨年で40% 1年更新の入札で 村松興業が管理を受託しています)
P6071504_convert_20170607123031.jpg
IMG_convert_20170607123201.jpg
二子山 ライトピークの三角点をめざします。
P6071507_convert_20170607123129.jpg
N34°42′12″ E139°25′34″ 処分場の60m先から入山
P6041405_convert_20170604200656.jpg
エビネ
P6041407_convert_20170604200718.jpg
カヤそれともツガ? 多分カヤでしょう 大島で初見  N34°42′12″ E139°25′34″
P6041409_convert_20170604200739.jpg
初参加の五味富士男さん 77歳  12回目にして初めて参加いただいた最初の方です。
P6041411_convert_20170604200852.jpg
P6041412_convert_20170604200918.jpg
アカバンコウが...
P6041413_convert_20170604200942.jpg
N34°42′12″ E139°25′34″ 林道 間伏線に出ました。
P6041414_convert_20170604201003.jpg
急登につき アブミ(鐙)使用 赤いベルトが梯子です。
P6041415_convert_20170604201022.jpg

P6041417_convert_20170604201049.jpg
ちゃんと道があります うれしくなってしまいます。間伏林道よりも昔からあった道です。
P6041419_convert_20170604201127.jpg
まだエゴノキが咲いています。
P6041420_convert_20170604201158.jpg
P6041463_convert_20170604201226.jpg
P6041464_convert_20170604201252.jpg
ミヤマシキミが群生
P6041421_convert_20170604201315.jpg
P6041424_convert_20170604201343.jpg
P6041425_convert_20170604201412.jpg
ヤマボウシ
P6041426_convert_20170604201434.jpg

P6041428_convert_20170604201539.jpg
モウセンゴケ
P6041429_convert_20170604201606.jpg
P6041433_convert_20170604201637.jpg
二子山ライトピーク 直登します
P6041430_convert_20170604201713.jpg
二子山 左ピーク
 
航空保安無線施設が山頂にあります。立ち入り禁止です。 ボルタック(VORTAC) - VOR + TACAN -
飛行中の航空機が、自機の位置(=方向ならびに位置に関する情報)を確認するために使用する無線標識施設の一つです。
機能的には「超短波全方向式無線標識施設 (VOR)」と「距離情報提供装置 (DME)」の併設である「VOR/DME」と同じものです が、距離情報提供装置 (DME)の部分として、軍用に開発された「TACAN(タカン)」の距離測定装置部分を利用している点が異なります。なお、「ボルタック (VORTAC)」とは、「VOR」と「TACAN」を掛け合わせてできた略称です。(出典 Wikipedia)
P6041432_convert_20170604201744.jpg
P6041434_convert_20170604201825.jpg
P6041437_convert_20170604201852.jpg
P6041439_convert_20170604201916.jpg
N34°42′41″ E139°24′58″ 二子山三角点  標高619.1m
P6041443_convert_20170604201951.jpg
P6041442_convert_20170604233755.jpg
櫛形山
P6041444_convert_20170604202016.jpg
P6041445_convert_20170604202047.jpg
P6041446_convert_20170604202111.jpg
画面中央に白色とピンクのヤマボウシ
P6041447_convert_20170604202140.jpg
P6041501_convert_20170604201508.jpg
イズノシマダイモンジソウ
P6041450_convert_20170604202234.jpg
リーダーが手を振っています。
P6041453_convert_20170604202300.jpg
P6041455_convert_20170604202336.jpg
ジュウモンジシダ
P6041456_convert_20170604202402.jpg
N34°42′48″ E139°25′2″ ツツイシ線 二子山登山口
P6041458_convert_20170604202431.jpg
シマコゴメウツギ
P6041461_convert_20170604202503.jpg
モミジイチゴ 適度の酸味があって美味
P6041500_convert_20170604202530.jpg
ウバユリ 花芽がついています
P6041465_convert_20170604202600.jpg
キョンによる食害 ハチジョウショウマ
P6041466_convert_20170604202629.jpg
サクユリも
P6041490_convert_20170605005143.jpg

P6041468_convert_20170604202703.jpg
シマノガリヤス 野刈安
P6041470_convert_20170604202731.jpg
P6041471_convert_20170604202759.jpg
カジイチゴ 甘いだけで....
P6041476_convert_20170604202826.jpg
櫛形山  左側の深い溝は4年前のパイピング孔とガリーです。
P6041479_convert_20170604202918.jpg
裏砂漠を右に捲いて古道を探します。
P6041482_convert_20170604202947.jpg
P6041485_convert_20170604203015.jpg
サイハイラン
P6041487_convert_20170604203037.jpg
月と砂漠ラインに出ました ここからまた古道に入ります。
P6041492_convert_20170604203119.jpg
P6041491_convert_20170605010828.jpg
貯水槽?
P6041495_convert_20170604203145.jpg
ツツイシ線に出ました。
P6041496_convert_20170604203212.jpg
島で最大の「イズホソバテンナンショウ」 毎年出現します。
P6041497_convert_20170604203242.jpg
テンニンソウ
P6041498_convert_20170604203312.jpg
コケ
P6041499_convert_20170605050403.jpg
試合場下の南部三原山線のカジイチゴ群落
P6041502_convert_20170604203411.jpg
もうじきスタート点 お疲れ様でした。
P6041503_convert_20170604203440.jpg

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’05.29・Mon

イチヤクソウ










(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’05.28・Sun

第12回古道探索

第12回古道探索(同行者募集)

日   時 6月4日(日)09:30
集合場所 差木地の一般廃棄物最終処分場 ヨハから試合場方面にむかい左側  
大澤興業の車両がとまっています。
コ ー ス 試合場下→二子山三角点→林道→木星号→裏砂漠→月と砂漠ライン→林道→試合場→試合場下
        昭和22年の航空写真に写っている道です。
リーダー  八木丈夫  同行者 小川信正 日比野岳 内堀昇一(4-0279)
装   備 滑りにくい靴 帽子 手袋 小リック 水500ml (雨具) 弁当 おやつ

      歩行1時間につき1回の休憩をとります。長丁場歩ける方を募ります。
      生活の道(炭焼き...)信仰の道(御神火詣で)をたどり往時をしのびます。
      リーダー同行者が参加者の安全を確保します。参加者の歩行レベルに
      合わせて歩きますので安心して積極的に ご参加ください。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’05.27・Sat

浜木綿の種子まき 大島自然愛好会

トーシキ海浜は浜木綿の群生地
P6151657_convert_20170616053912.jpg
P6151656_convert_20170616053836.jpg

P5271389_convert_20170527213026.jpg

P5271384_convert_20170527213052.jpg

P5271385_convert_20170527211833.jpg

P5271387_convert_20170527213147.jpg

P5271388_convert_20170527211951.jpg

P5271386_convert_20170527212047.jpg

P5271380_convert_20170527212015.jpg

P5271390_convert_20170527213312.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’05.27・Sat

秋廣平六 没後二百年 波浮村創設の祖

P5271394_convert_20170527171354.jpg

P5271392_convert_20170527172019.jpg

P5271363_convert_20170527171610.jpg

P5271364_convert_20170527171626.jpg

P5271358_convert_20170527171442.jpg
P5271359_convert_20170527171536.jpg

P5271368_convert_20170527171803.jpg
P5271370_convert_20170527171848.jpg

P5271369_convert_20170527171824.jpg

P5271375_convert_20170527171913.jpg
P5271376_convert_20170527171932.jpg
P5271378_convert_20170527171952.jpg
出典 秋廣平六没後二百年記念事業実行委員会
IMG_convert_20170527172116.jpg

IMG_0001_convert_20170527172132.jpg

IMG_0002_convert_20170527172147.jpg


IMG_0003_convert_20170527172204.jpg
開波浮港碑
DSC_0119_convert_20170527174935.jpg

IMG_0004_convert_20170527172221.jpg

P5271395_convert_20170528050411.jpg


IMG_0005_convert_20170527175413.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2017’05.25・Thu

アリドオシ(蟻通)とイチヤクソウ(一薬草)

長沢のアリドオシは背が高く棘が小さく棘の数が少ない。→棘の退行?
P5251350_convert_20170525174734.jpg
P5251352_convert_20170525174757.jpg

(棘が長いアリドオシ)
DSC_1388_convert_20170525174819.jpg
DSC_3012_convert_20170525174837.jpg

棘の退行か

イチヤクソウ まだ満開ではありません
P5251349_convert_20170525174919.jpg
P5251346_convert_20170525174944.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOPBack