fc2ブログ
  • « 2022·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2022’06.13・Mon

紫陽花

00000705_convert_20220613082034.jpg

00000707_convert_20220613082111.jpg

00000706_convert_20220613082145.jpg
(チョモ)
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’06.05・Sun

国立天文台

00000621_convert_20220605185959.jpg

IMG_20220610_0001_convert_20220610203140.jpg

00000622_convert_20220605190030.jpg

00000624_convert_20220605190050.jpg
出典国立天文台  国立天文台の始まりは 江戸幕府天文方の浅草天文台で  明治になり 東京帝大構内に実測用の天文台が造られ 更に明治21年(1888) 港区麻布に東京天文台が造られました。その後 大正3年(1914)から三鷹への移転が始まり大正13年(1924)に完了しました。第一赤道儀室は三鷹キャンパスでは最も古い観測用建物で国登録有形文化財(建造物)です。
00000623_convert_20220605190110.jpg
口径20cmの望遠鏡はドイツのカールツァイス社製で架台は ガバナー式です。この望遠鏡は昭和13年(1938)から約60年間 太陽黒点のスケッチ観測に活躍しました。
00000626_convert_20220605191233.jpg
太陽から地球への距離はおよそ1億4,960万kmで、このエネルギーとのバランスで地球上には生物が誕生しています。少しでも太陽に近かったり、遠かったりしたら人間や生物、植物などが発生していなかったかもしれません。太陽系は太陽と8つの惑星が存在しています。4つの岩石惑星 2つの巨大ガス惑星 2つの巨大氷惑星。火星と木星の間には直径1000kmの小天体が数百万個存在する小惑星帯があり その外側には冥王星に代表される太陽系外縁天体と呼ばれる小天体が1000個以上 さらにそのずーっと外側にはオールトの雲と呼ばれる彗星の巣があるそうです。
00000628_convert_20220605190226.jpg

00000629_convert_20220605191530.jpg

00000630_convert_20220605191547.jpg
大きいサイズの原始惑星が互いに巨大衝突を起こすようになり10回程度繰り返して地球が誕生しました。最後の衝突の衝撃で大量の物質が飛び散り その一部が月になりました(ジャイアントインパクト説) 月の重力は地球上にも影響を及ぼしています。潮の満ち引きなどは地球の自転や月との距離が関係しています。地球との距離は38.4万km
00000631_convert_20220605191603.jpg
太陽系で唯一人類が移住できそうな場所であるといわれている惑星です。地球から最も近い距離で5,580万km(au)で、最も遠い時で4億40万km(au)
00000632_convert_20220605191620.jpg

00000633_convert_20220605191642.jpg

00000637_convert_20220605191707.jpg

00000638_convert_20220605192133.jpg

00000636_convert_20220605192158.jpg

00000635_convert_20220605192220.jpg

00000639_convert_20220605192247.jpg

00000640_convert_20220605192339.jpg

00000669_convert_20220605192411.jpg

00000651_convert_20220605202910.jpg

00000652_convert_20220605202943.jpg

00000654_convert_20220605203014.jpg

00000661_convert_20220605203040.jpg

00000662_convert_20220605203134.jpg
1613年、当時の英国王ジェームス一世の命により、三隻のイギリス船が交易を求めて、はるばる日本にやってきました。望遠鏡はこのとき徳川家康に贈られた品です。徳川幕府は朱印状とともに、屏風や甲冑一式を贈ったそうです。 いまでこそ望遠鏡はありふれた機器ですが、望遠鏡が発明されたのは1608年、ガリレオが天体観測をしたのは翌1609年です。つまり、最先端の科学技術が、無償で贈られた大変な出来事だったのです。家康は貿易の重要性を認め、「日本のどこの港にも寄港できる、悪天候であればどこに停めてもよい」、「江戸の好きな場所に住んで良い」と書いた朱印状を渡し、貿易と日本在留の許可を与えるなど、イギリスに破格の待遇を与えています。出典 明日香出版社  大赤道儀室でご案内いただいた先生から家康に献上された 静岡にあるガリレオの望遠鏡のお話を伺いました。ありがとうございました。
00000656_convert_20220605203939.jpg

00000665_convert_20220605204013.jpg

00000666_convert_20220605204030.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope、略称:HST)は、グレートオブザバトリー計画の一環として1990年4月24日に打ち上げられた、地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡である。名称は、宇宙の膨張を発見した天文学者エドウィン・ハッブルに因む。長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型で、内側に反射望遠鏡を収めており、主鏡は直径2.4メートルである。地球の大気や天候による影響を受けないため、地上からでは困難な高い精度での天体観測が可能。 出典 Wikipedia
00000670_convert_20220605204046.jpg

00000671_convert_20220605204105.jpg

00000672_convert_20220605204743.jpg
この子午儀は明治13年(1880)に独逸で製作され レプソルド子午儀と呼ばれています。子午儀とは 天体が子午線上を通過する時刻を精密に観測することで その地の経度や時刻を決めるものです。麻布時代は主に時刻の決定に使用され この子午儀の観測で求めた時刻により 旧江戸城天守閣跡地で正午の号砲が撃たれていました。大正14年(1925)に三鷹に移され月や惑星 恒星の赤経決定等に使用されました。2011年に重要文化財(歴史資料)に指定されました。
20220605ScreenShot00001_convert_20220605210306.png

00000688_convert_20220605205800.jpg

00000674_convert_20220605205817.jpg


00000689_convert_20220605204803.jpg

00000681_convert_20220605211724.jpg

00000682_convert_20220605211741.jpg

00000683_convert_20220605211801.jpg

00000684_convert_20220605211822.jpg

00000685_convert_20220605211847.jpg

00000687_convert_20220605211901.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’06.05・Sun

近藤 勇

00000691_convert_20220605170739.jpg

00000690_convert_20220605170439.jpg

00000692_convert_20220605170825.jpg

00000693_convert_20220605170903.jpg

00000694_convert_20220605170949.jpg

00000699_convert_20220605171500.jpg

00000701_convert_20220605171044.jpg

00000698_convert_20220605171739.jpg

00000696_convert_20220605171811.jpg

00000697_convert_20220605171849.jpg

00000703_convert_20220605172000.jpg

00000704_convert_20220605172043.jpg

00000702_convert_20220605172142.jpg

00000695_convert_20220605172540.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’06.04・Sat

伊豆ヶ岳

00000558_convert_20220604144841.jpg
車窓からの「武蔵横手」は栗畑だらけ
00000561_convert_20220604144903.jpg

00000560_convert_20220604144932.jpg

00000562_convert_20220604144953.jpg

00000564_convert_20220604145020.jpg

00000565_convert_20220604145039.jpg

00000567_convert_20220604145441.jpg

00000615_convert_20220604145511.jpg

00000568_convert_20220604145539.jpg
遅い筍 枇杷もこれから
00000619_convert_20220604145559.jpg
マタタビ
00000569_convert_20220604145618.jpg

00000570_convert_20220604145635.jpg

00000571_convert_20220604150052.jpg

00000572_convert_20220604151048.jpg
石灰岩 炭酸カルシウムを主成分とする堆積岩。主に方解石からなり、ふつう白色や灰色。貝殻・サンゴ・有孔虫などの生物遺体が堆積した生物岩と、化学的沈殿により形成された化学岩とがある。セメント・石灰などの原料、石材として利用。(秩父セメント→太平洋セメント)
00000573_convert_20220604150141.jpg

00000575_convert_20220604150224.jpg

00000578_convert_20220604150245.jpg

00000581_convert_20220604150313.jpg

00000610_convert_20220604153732.jpg

00000609_convert_20220604153713.jpg
正丸峠
00000583_convert_20220604151335.jpg

00000584_convert_20220604151359.jpg

00000585_convert_20220604151420.jpg

00000586_convert_20220604151507.jpg

00000587_convert_20220604151550.jpg

00000588_convert_20220604152003.jpg

00000589_convert_20220604152024.jpg

00000590_convert_20220604152043.jpg

00000591_convert_20220604152108.jpg

00000592_convert_20220604152130.jpg
チャート 珪質の堆積岩の一。緻密で細かい石英からなる硬い岩石。ふつう乳白色で、含まれる不純物により赤・緑・灰色などのものがある。放散虫や珪質海綿・珪藻などが深海底に集積してできたものと考えられ、古くは石器の材料としても用いられ、現在は耐火れんがの原料として利用
00000593_convert_20220604152203.jpg

00000594_convert_20220604152546.jpg
伊豆半島が今日は見えない。
00000595_convert_20220604152606.jpg

00000596_convert_20220604152633.jpg
やはり 伊豆半島も山名の由来の一つ
00000598_convert_20220604152658.jpg

00000599_convert_20220604152730.jpg

00000600_convert_20220604152804.jpg

00000604_convert_20220604153149.jpg

00000601_convert_20220604153215.jpg

00000602_convert_20220604153252.jpg

00000603_convert_20220604153320.jpg

00000607_convert_20220604153349.jpg

00000608_convert_20220604153431.jpg
カシワ(餅)
00000618_convert_20220604153754.jpg

00000613_convert_20220604154137.jpg
午後 医者の予約があり「伊豆ヶ岳」から下山です。
伊豆大島ジオパークガイド チョモ 内堀昇一
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’06.02・Thu

八王子城跡

JR高尾駅→武蔵稜墓地→多摩森林科学園→八王子城跡公園→八王子城山山頂→富士見台→駒木野(小仏関所跡)→京王線高尾山口駅
00000482_convert_20220602193027.jpg

00000491_convert_20220602193052.jpg

00000486_convert_20220602193112.jpg

00000488_convert_20220602193142.jpg

00000489_convert_20220602193200.jpg

00000492_convert_20220602193226.jpg

00000493_convert_20220602204013.jpg
大島桜の分布域
00000494_convert_20220602204035.jpg

00000495_convert_20220602204055.jpg

00000496_convert_20220602204120.jpg

00000497_convert_20220602204143.jpg

00000498_convert_20220602204207.jpg

00000500_convert_20220602205019.jpg

00000501_convert_20220602205042.jpg

00000502_convert_20220602205102.jpg

00000514_convert_20220602205133.jpg

00000515_convert_20220602205202.jpg

00000517_convert_20220602205228.jpg
土塁(どるい) 土をもり固めて曲輪(くるわ)の周囲をかこみ 敵の侵入を防ぐ。
00000518_-_コピー_convert_20220602205741
00000518_convert_20220602205800.jpg

00000519_-_コピー_convert_20220602205815
出典 八王子城跡ガイド 須永克彌さん
IMG_20220610_0002_convert_20220610203214.jpg

IMG_20220610_0003_convert_20220610203241.jpg


八王子城の戦い
6月23日、前田利家・上杉景勝が八王子城(北条氏照配下)を攻撃、当日中に落城させる。八王子城では北条方の抵抗が激しく領民1000名も戦闘に参加し、全滅する。その後前田利家・上杉景勝は八王子城に在陣する。

6月24日、韮山城(3月29日に攻撃開始)が開城。3ヶ月の籠城戦の末、各地の落城を聞いた北条氏規が投降する。

6月24日、小田原城へ黒田官兵衛・滝川雄利が降伏勧告の使者として入る。【天正日記】氏邦も小田原城へ入り氏直を説得する。

6月25日までに本多忠勝ら徳川隊が津久井城を占領。

6月28日、秀吉が肥後の加藤清正へ状況を伝える。
「武蔵国 鉢形城は北条氏邦の城です。ここを押し詰め、すぐに成敗しようと思ったところ、命を助けて欲しいとの詫言があったので、去る十四日に城を請取りました。北条氏邦は剃髪しました。
同国八王子城は要害堅固につき、歴戦の敵が多数たて籠もっていたので、上杉景勝・前田利家・前田利長・木村重茲・山崎片家に命じ、去る二十三日すぐに攻め崩し、悉く討ち果たし、大将十人、その他二千余りを討ち取り、討ち捨てや追い討ちは数がわかりません。妻子・足弱までも悉く成敗を加えました。
…韮山のことは北条氏規が嘆願を申し、あの者は以前に上洛し、対面している故、不憫に思い命は助けました。剃髪して高野山に住ませます。」【豊臣秀吉文書集】
出典 戦国時代勢力図と各大名の動向ブログ
20220603ScreenShot00001_convert_20220603123737.png

00000521_convert_20220602212544.jpg

00000522_convert_20220602212610.jpg
曲輪(くるわ) 土塁などで 囲んで作られた平らな場所。曲輪の出入り口を虎口(こぐち)といい直進できないようにするなどして侵入しづらい工夫が凝らされている。
00000524_convert_20220602212631.jpg

00000525_convert_20220602212657.jpg

00000526_convert_20220602210451.jpg

00000528_convert_20220602210520.jpg

00000527_convert_20220602210550.jpg

00000530_convert_20220602210619.jpg

00000531_convert_20220602210647.jpg
改修中の「八王子神社」
00000532_convert_20220602210715.jpg

00000542_convert_20220602215409.jpg

00000533_convert_20220602213149.jpg

00000534_convert_20220602214430.jpg

00000535_convert_20220602213236.jpg

00000536_convert_20220602213300.jpg

00000538_convert_20220602213402.jpg

00000537_convert_20220602214745.jpg
本丸跡 深沢山山頂 標高460m
00000541_convert_20220602215853.jpg

00000543_convert_20220602223410.jpg

00000544_convert_20220602215941.jpg

00000545_convert_20220602220016.jpg

00000547_convert_20220602220059.jpg

00000548_convert_20220602221321.jpg

00000549_convert_20220602221345.jpg

00000550_convert_20220602221405.jpg

00000551_convert_20220602221436.jpg

00000552_convert_20220602221511.jpg

00000553_convert_20220602221539.jpg

00000554_convert_20220602221935.jpg

00000555_convert_20220602221956.jpg

00000556_convert_20220602222536.jpg

00000557_convert_20220602222033.jpg
お疲れさまでした。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’06.01・Wed

八王子の椚田遺跡 敷石住居

「八王子消化器病院」の帰りに京王線の「めじろ台」に寄り道した。法政大学行のバスで「椚田北」下車3分
00000456_convert_20220601175848.jpg

00000458_convert_20220601175910.jpg
縄文時代中期の典型的な集落跡です。270軒以上の住居跡が直径150メートルの環状に展開しています。遺構・遺物ともに多種にわたって発掘されました。現在は、一部を遺跡公園として整備しています。 昭和50年(1975年)に区画整理事業に伴い発掘された遺跡で、縄文時代中期の典型的な集落として保存状態が非常によかったため、国の史跡に指定されました。長期にわたって人々が住み続けた結果、多数の住居跡が重複した状態で発見されています。建て替えや拡張した痕跡のある住居跡もあります。 これらの遺構は、土を盛って保存され、その上は平成元年(1989年)から平成2年(1990年)に遺跡公園として整備されています。公園周辺の木々は、縄文時代に生えていたと思われる木を植えています。 出土した遺物は、郷土資料館に収蔵され、一部は常設展に展示されています。(八王子市HP)。
00000457_convert_20220601175933.jpg

00000470_convert_20220601175949.jpg

00000471_convert_20220601180018.jpg
クヌギ(椚)
00000472_convert_20220601180037.jpg
クルミ
00000476_convert_20220601180130.jpg

00000459_convert_20220601180152.jpg

00000460_convert_20220601180210.jpg

00000461_convert_20220601180243.jpg

00000462_convert_20220601180302.jpg

00000463_convert_20220601180319.jpg

00000464_convert_20220601181852.jpg

00000465_convert_20220601181908.jpg

00000466_convert_20220601181929.jpg

00000469_convert_20220601183520.jpg

00000475_convert_20220601183551.jpg

00000477_convert_20220601183623.jpg

00000478_convert_20220601183702.jpg

00000479_convert_20220601183729.jpg

00000480_convert_20220601183759.jpg

00000481_convert_20220601184814.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’05.13・Fri

ジオパーク講座 「伊豆大島の くさや 」     藤文  藤井敏夫

七島貢祖→七島貢租
IMG_20220513_0005_convert_20220513085809.jpg
IMG_20220513_0006_convert_20220513085834.jpg
IMG_20220513_0007_convert_20220513085856.jpg
IMG_20220513_0008_convert_20220513085913.jpg
IMG_20220513_0009_(2)_convert_20220513085944.jpg
IMG_20220513_0009_convert_20220513090006.jpg

頑虎洞
20220513ScreenShot00001_convert_20220513090034.png
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’05.02・Mon

5月 海亀  佐々木 睦彦

IMG_20220502_0001_convert_20220502210618.jpg
IMG_20220502_0002_convert_20220502210648.jpg
IMG_20220502_0009_convert_20220502210726.jpg
IMG_20220502_0004_convert_20220502210753.jpg
IMG_20220502_0011_convert_20220502210821.jpg
IMG_20220502_0012_convert_20220502210847.jpg
IMG_20220502_0013_convert_20220502210912.jpg
IMG_20220502_0014_convert_20220502210956.jpg

DSC_6502_convert_20130823185916.jpg

DSC_6511_convert_20130823190136.jpg

P8191863_convert_20170819203702.jpg

PA071479_convert_20161007184223.jpg
砂ノ浜に1昨年は1匹 昨年は0匹でした。地球が病んでいます。
202001011242205d1_convert_20220502214146.png
20220502ScreenShot00004_convert_20220502214217.png
コケリンドウ
00000378_convert_20220502215345.jpg
フデリンドウ
00000385_convert_20220502215408.jpg
センブリ
DSC_2929_convert_20161012175310.jpg
ソナレセンブリ
PA290023_convert_20161029200238.jpg

PA290029_convert_20161029200216.jpg
ツルリンドウ
3043_convert_20220502230633.jpg


(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.30・Sat

ジャケツイバラと木耳

00000390_convert_20220430210642.jpg

00000391_convert_20220430210708.jpg

00000394_convert_20220430210746.jpg

00000398_convert_20220430210815.jpg

00000389_convert_20220430210838.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.28・Thu

三原山山頂火口のハハコグサ

00000387_convert_20220428222831.jpg

00000386_convert_20220428222403.jpg
先日は大島をご案内いただきまして、誠にありがとうございました。

三原山のトレッキングは想像以上に雄大でした。
裏砂漠の広大さ、三原山頂からの景色、A火口内部を見るときのスリル等、初めて見る風景に感動致しました。
今度はぜひ家内にも体験させたいと思います。

家内もご自宅で奥様に色々お気遣いいただき、大変感謝しております。

明日葉、蕗、きくらげを頂戴致しましてありがとうございました。
岡田港までお持ち頂き、お心遣いにとても心が温かくなりました。

熱海のマンションから見える大島の景色がますます好きになりました。
機会を見つけてまた大島に行きたいと思います。その際はよろしくお願い致します。
奥様にくれぐれもよろしくお伝えください。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.12・Tue

チョモの三原山ガイドは04/19日までお休みです

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.07・Thu

友人の墓参  「いろいろのこと想い出す桜かな」

友人が亡くなったのは昨年2月 やっとのことで お墓参りが出来ました。
00000353_convert_20220407195757.jpg

00000350_convert_20220407195921.jpg

00000352_convert_20220407195948.jpg

00000351_convert_20220407195848.jpg

00000349_convert_20220407200016.jpg
吉田兄 奥さん すごーく げんきだよ。池ちゃん夫妻ときました。遅くなって 御免。
00000348_convert_20220407200038.jpg

00000355_convert_20220407200107.jpg

00000357_convert_20220407200145.jpg

00000358_convert_20220407200208.jpg

00000356_convert_20220407200233.jpg

00000361_convert_20220407200256.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.07・Thu

「花小金井」のサクラ

狭山・境 緑道(グリーンロード) 「花小金井」の桜 04/04
00000337_convert_20220407191440.jpg

00000340_convert_20220407191526.jpg
延々と桜並木が続きます。
00000343_convert_20220407191550.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.03・Sun

チョモの三原山ガイドは04/07日までお休みをいただきます。

ご参考
山の先輩 山口 武さんの「ヒマラヤ&アルプスの高峰」を ごらんください。(リンクにあるチョモのHPはハッキングを受け消されてしまいました)

ヒマラヤ&アルプスの高峰

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.01・Fri

04/01日の三原山

雨が雪に代わり月と砂漠ラインは通行止めになりました。
00000316_convert_20220401195908.jpg
幻の湖 ?(水溜まり)
00000318_convert_20220401195955.jpg

00000320_convert_20220401200117.jpg
雪でオオシマザクラも......
00000306_convert_20220402075428.jpg

00000319_convert_20220401200250.jpg
赤だれ
00000321_convert_20220401200422.jpg

00000322_convert_20220401200843.jpg
櫛形山
00000323_convert_20220401200941.jpg

00000326_convert_20220401201029.jpg

00000325_convert_20220402063927.jpg
割目噴火口 B1
00000328_convert_20220401201109.jpg
B2火口
00000329_convert_20220401201149.jpg
B2火口
00000331_convert_20220401201845.jpg
B3火口
00000332_convert_20220401202026.jpg
B3火口
00000334_convert_20220401202106.jpg

00000335_convert_20220401202227.jpg

00000336_convert_20220401202306.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’04.01・Fri

昨日(03/31)の三原

強風と濃霧で登頂を断念 「観桜」に変更 温泉ホテル→B3・B2・B1火口(撤退)→カルデラ床へ下降→カルデラ内を水平歩行(濃霧)→赤だれ→「観桜」→パホイホイ溶岩探し→登山口→(鎧端)→温泉ホテル
00000304_convert_20220401035927.jpg
シマタヌキラン(上)  ハチジョウイタドリ(下) 噴火後の先駆植物
00000305_convert_20220401040001.jpg

00000308_convert_20220401040041.jpg
海まで続く「オオシマザクラ」
00000311_convert_20220401040114.jpg
三原の山腹で溶岩探し パホエホエ縄状溶岩
00000310_convert_20220401040233.jpg
パホエホエ板状(袋状)溶岩
00000313_convert_20220401040355.jpg
8歳と3歳のお嬢さん 年下の〇〇ちゃんは 赤だれ→登山口→(鎧端)→温泉ホテル 単独踏破 将来山ガール。 お姉ちゃんも斜面の歩き方がすっかりいたにつきました。お若いおばーちゃまは体軸がぶれずに すごいです。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’03.27・Sun

波浮の桃源郷

00000296_convert_20220327141348.jpg

00000297_convert_20220327141433.jpg

00000299_convert_20220327141513.jpg

00000302_convert_20220327141553.jpg

DSC_9291_convert_20220327141636.jpg

DSC_9296_convert_20220327141706.jpg

DSC_9303_convert_20220327142113.jpg

DSC_9310_convert_20220327142154.jpg

DSC_9305_convert_20220327142230.jpg

DSC_9307_convert_20220327142257.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’03.25・Fri

ペンション「すばる」の下田さんが三鷹に転居

00000292_convert_20220325191622.jpg
下田昭彦さんは富士重工航空機エンジニア 定年ご故郷の大島でバリアフリーペンションを自営
00000287_convert_20220325191747.jpg

00000293_convert_20220325191817.jpg

00000288_convert_20220325191843.jpg

00000289_convert_20220325191910.jpg

00000290_convert_20220325191933.jpg

00000264_convert_20220325192410.jpg

00000273_convert_20220325192645.jpg

00000275_convert_20220325192721.jpg

00000276_convert_20220325192747.jpg

00000265_convert_20220325192818.jpg

00000268_convert_20220325192906.jpg

00000280_convert_20220325193627.jpg

00000281_convert_20220325193645.jpg

00000270_convert_20220325193715.jpg

00000286_convert_20220325193737.jpg
惜別の辞 佐々木 睦彦
00000266_convert_20220325193804.jpg

00000282_convert_20220325193837.jpg

00000284_convert_20220325194227.jpg

00000285_convert_20220325194251.jpg

00000267_convert_20220326052725.jpg

00000262_convert_20220325194319.jpg
下田昭彦・八重子さんは03/28日 新中央航空 16:20分 大島をお発ちになります。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’03.05・Sat

信州からのお客さん

諏訪の富士見町から来島 三原山のガイのご下命をいただきました。信州と神津島の「黒曜石」で話が過熱しました。
IMG_20220305_0004_convert_20220305081218.jpg

IMG_20220305_0003_convert_20220305081155.jpg

IMG_20220305_0005_convert_20220305081240.jpg

IMG_20220305_0002_convert_20220305081133.jpg
おみやげに頂戴いたしました。シクボ 松崎農園の「あした葉」を摘んでお持ち帰りいただきました。
00000209_convert_20220305081042.jpg
(画像のゆがみはカメラの設定のせいです)

細川様 

信州諏訪の銘酒「真澄 」漆黒を ご恵与下さり誠にありがとうございます。今日届きました。ガイドの際に毎晩燗酒を飲んでいるなどと余計なおしゃべりをしました。ツワ蕗を採取し あわせて クサヤを 少々お送りいたしますので ご賞味ください。
   03/16 三原山ガイド チョモ 内堀 昇一
IMG_20220316_0003_convert_20220316211452.jpg
IMG_20220316_0001_convert_20220316211522.jpg
信州銘酒 「真澄」漆黒
00000245_convert_20220316211356.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’03.02・Wed

「空&風」の檸檬と蕗

泉津の「空あんど風」さんから檸檬を沢山いただきました。ジャムにしました。00000188_(2)_convert_20220302073944.jpg

00000196_convert_20220302074016.jpg

00000202_convert_20220302074055.jpg

00000199_(2)_convert_20220302074123.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’02.27・Sun

 2月  富士山  大島元町 佐々木睦彦


IMG_20220227_0001_convert_20220227213231.jpg
IMG_20220227_0002_convert_20220227213303.jpg
IMG_20220227_0003_convert_20220227213329.jpg
IMG_20220227_0004_convert_20220227213354.jpg
IMG_20220227_0005_convert_20220227213419.jpg
IMG_20220227_0006_convert_20220227213447.jpg
IMG_20220227_0007_convert_20220227213517.jpg
大島からの.....
P2192958_(2)_convert_20220227221622.jpg
白石山からの三原山
P1021362_convert_20200102170905.jpg
シュスラン キョンの食害でほとんど見かけません。
ツユクサシュスラン

P5100589_convert_20190512003648.jpg

P9120008_convert_20150912182422 - コピー (2)

P9053921_convert_20210905202811.jpg

P3273168_(2)_convert_20210327221311.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’02.21・Mon

再度延期 「大室山の山焼き」

例年2月の第2日曜日におこなわれる風物詩 大室山の山焼き が積雪・強風のため再度延期になりました。おおよそ4000年前の大室山噴火で伊豆高原・城ヶ崎海岸の溶岩台地が出来ました。 02/13(雪)→20(雪)→27(強風)→03/06(強風)→03/13(日)
右から左へ 枯れ芒で茶色の大室山580 矢筈山816 遠笠山1197 万二郎岳1299 万三郎岳1406m  天城の主峰は弟の ばんざぶろう岳。
00000184_convert_20220221221241.jpg
1707/12/16日の宝永噴火 第1火口と宝永山が大島からよく見えます。見えますでしょうか。ヒント 山頂火口からの噴火ではありません。
00000185_convert_20220221221306.jpg


(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’02.12・Sat

雪の三原山

三原山登山口からの
00000119_convert_20220212215004.jpg
(雪がないと)
26三原山_convert_20220213071816
今日は大島温泉ホテルからトレック開始
00000122_convert_20220212215031.jpg
割れ目噴火の火口が見えています
00000124_convert_20220212215053.jpg
画面右隅のB4火口から→B3→B2→B1火口を巡り山頂A火口を目指します。
00000126_convert_20220212215119.jpg
富士山が....
00000129_convert_20220212215242.jpg

00000131_convert_20220212215319.jpg

00000128_convert_20220216182143.jpg
割れ目噴火口 B3火口
00000134_convert_20220212215347.jpg

00000135_convert_20220212215501.jpg
B2火口
00000136_convert_20220212220940.jpg

00000138_convert_20220212221017.jpg

00000141_(2)_convert_20220212221124.jpg

00000142_convert_20220212221149.jpg
(02/11写す 大室山が真っ白 13日の山焼きは積雪のため 02/20日に延期  大島から山焼きが見えます) 雪→雪→強風→強風で4週遅れの03/13日に山焼きが無事執り行われました。
00000117_(2)_convert_20220212235125.jpg
シュカブラ 雪紋 風紋
00000144_convert_20220212221211.jpg
やや融雪した 「海老のしっぽ」 雪と風のコラボ作品
00000148_(2)_convert_20220212221242.jpg

00000150_convert_20220212221920.jpg

00000151_convert_20220212222001.jpg

00000154_convert_20220212222055.jpg
(無毒 無臭の水蒸気)
34水蒸気 無毒 無臭

三原山山頂A火口  火口底まで約261m
00000155_convert_20220212222121.jpg
山頂火口からカルデラ床へ 真っすぐに降ります。
00000153_convert_20220212222034.jpg
出典 伊豆大島ジオパーク推進委員会
20220216ScreenShot00001_(2)_convert_20220216105225.png

目線が足元を見ています × 
00000159_convert_20220212222203.jpg
目線は先方を 踵からの着地が素晴らしい 〇 直立で やや後傾できればさらに良いです。
00000160_convert_20220212222917.jpg
降りてきました。
00000164_convert_20220212223033.jpg

00000162_convert_20220212222940.jpg
赤だれ
00000163_convert_20220212223005.jpg
(浸食前の....)
赤だれ
(赤だれ右岸)
IMGP1653_convert_20220213073936.jpg

00000166_convert_20220212223100.jpg
Aさん撮影
IMG_1514_convert_20220223200501.jpg
櫛形山を目指します。
00000165_convert_20220212223121.jpg

00000167_convert_20220212224240.jpg

00000168_convert_20220212224306.jpg

00000170_convert_20220212224341.jpg

00000173_convert_20220212224419.jpg
Y.Iさん撮影
DSC_0115_convert_20220223200340.jpg
Y.iさん撮影
DSC_0125_convert_20220223200426.jpg

風紋が見事です
00000171_convert_20220212224449.jpg

20220212ScreenShot00002_(2)_convert_20220213001230.png

00000176_convert_20220212225206.jpg

00000174_(2)_convert_20220212224524.jpg


櫛形山 山頂 海側斜面が「裏砂漠」
00000175_convert_20220212225145.jpg
大島温泉ホテルへ戻ります。
00000177_convert_20220212225317.jpg

00000179_convert_20220214214913.jpg

アワイ浜  福徳岡の場の漂着 軽石を観に来ました。
00000183_convert_20220212225509.jpg

00000181_-_コピー_convert_20220216102619

地層大切断面の化粧直し

00000180_convert_20220212225430.jpg
(2021/11/27)
20200901SS00004_(2)_convert_20220213072054.png

伊豆大島ジオパークガイド チョモ
63br9u@bma.biglobe.ne.jp
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(2) TOP

2022’02.01・Tue

坂口啓子さん急逝

https://www.oshima-navi.com/focus/focus_no02.html

波浮港現代美術展メイン会場 ~8/28

(チョモ) 63br9u@bma.biglobe.ne.jp

Categorie大島の風景  - コメント(2) TOP

2022’01.15・Sat

椿炭(ヤブツバキ) ④沖山窯の窯(竈)開け 01/15

沖山窯 ねらしが終わって いよいよ貴重なヤブツバキ炭の窯開け
00000039_convert_20220115133504.jpg
裏口
00000074_(2)_convert_20220115134538.jpg

00000075_convert_20220115133722.jpg

00000073_convert_20220115134606.jpg
閉ざされた煙突接合部
00000070_convert_20220115134633.jpg
はずされた煙突  左の棒は鍬や鎌の柄に加工される。
00000072_convert_20220115135536.jpg
排煙口の微妙な開閉
00000071_convert_20220115135602.jpg
炭窯正面
00000076_convert_20220115135624.jpg

00000077_convert_20220115135651.jpg

00000081_convert_20220115135714.jpg
密閉蓋の建材は抗火石 新島火山の流紋岩質のマグマが急冷されて出来た石材です。
00000082_convert_20220115135733.jpg
小窯
00000083_convert_20220115142814.jpg

00000086_convert_20220115142833.jpg

00000087_convert_20220115142905.jpg

00000088_convert_20220115142927.jpg

00000093_convert_20220115144133.jpg

00000090_convert_20220115144201.jpg

00000094_convert_20220115144225.jpg
中央部を接合した焚口の材料は大島アワイ浜近くのカタ このカタは火山礫を含んだ凝灰岩(火山灰の固まった岩石)と火山豆石凝灰岩の互層で水蒸気爆発の産物。粘土質の堅土で炭窯普請の材料 竈材にも使った。(竈 カマドは塩焚き窯 台所の竈)
00000098_convert_20220115145124.jpg

00000097_convert_20220115144257.jpg
窯内は まだ熱く椿炭を取り出せません。ほぼ240kgの収量です。15~16箱分
00000095_convert_20220115144322.jpg

00000099_convert_20220115144352.jpg
(新島 抗火石のバーベキュー炉  採石していないので入手困難)  2017/06/11
P6111535_convert_20170612084118.jpg

P6111551_convert_20170612085718.jpg
(もちろん ヤブツバキ炭です)
P6111559_convert_20170612093953.jpg

00000089_(2)_convert_20220115144413.jpg
(2011/12/12)
DSC_1997_convert_20111212172230.jpg
2022/01/17  冷めた窯の中 鋸で炭を切断している炭焼き名人の沖山さん
00000101_convert_20220117153548.jpg

00000103_convert_20220117153640.jpg

00000104_convert_20220117153725.jpg
窯から炭を搬出 右に立てかけてあるのも今回の燻しあがったヤブツバキ炭の長尺
00000107_convert_20220117153843.jpg
クヌギの菊花紋に遜色ありません 直径12cm ×長さ55cm トイレの防臭剤として使います。
00000108_convert_20220119080154.jpg

00000100_(2)_convert_20220116134111.jpg
沖山窯 伊豆大島産ヤブツバキ炭 1箱15kg入り 6000円プラス送料実費 椿炭代金 送料は着払い  問い合わせ先 090-7173-6289 沖山 公彦
椿炭 ①

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’01.13・Thu

神津・大島 冬の海

神津島観光ガイドの前田 正代さん(090-5308-6692)から写真を送っていただきました。 撮影日 2022/01/12
IMG_4436_convert_20220113154143.jpg

IMG_4439_(2)_convert_20220113154232.jpg

IMG_4638_convert_20220113154211.jpg

大島 源泉かけ流し露天風呂 「浜ノ湯」からは富士も見えず  撮影日 2022/01/13
P1130011_convert_20220113154313.jpg
「神津島」も見えず
P1130010_convert_20220113154337.jpg
画面右上に 伊豆半島の「大室山」が かろうじて かすかに観える。
P1130009_convert_20220113154401.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’01.11・Tue

第67回伊豆大島椿まつり

IMG_20220111_0001_convert_20220111155348.jpg

IMG_20220111_0002_convert_20220111155418.jpg

1_convert_20170925035408.png

出典 大島ジオパークガイド養成講座 レジメ(大島支庁作成)
IMG_20190126_0001_convert_20190126094214_convert_20220111155538.jpg

IMG_20190126_0002_convert_20190126133957_convert_20220111155608.jpg

IMG_20190126_0003_convert_20190126113951_convert_20220111155623.jpg

IMG_20190126_0004_convert_20190126094254_convert_20220111155646.jpg

IMG_20220111_0003.jpg

20220111ScreenShot00001_(2)_convert_20220111181925.png

IMG_20220111_0003 - コピー

IMG_20220111_0003 - コピー - コピー

20220111ScreenShot00002_(2)_convert_20220111183534.png

20220111ScreenShot00001_(2)_convert_20220111183553.png

20220117ScreenShot00001_(3)_convert_20220117185933.png

ヤブツバキ炭のご用命は 沖山窯まで お問合せください。
090-7173-6289
沖山窯 伊豆大島産ヤブツバキ炭 1箱15kg入り 6000円プラス送料実費 椿炭代金 送料は着払い  

tu15.jpg
都立大島公園の「金花茶」
15金花茶__convert_20220111172406

 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’01.05・Wed

大自然のスペクタクル  大島町元町  佐々木 睦彦

IMG_20220105_0001_convert_20220105140812.jpg
IMG_20220105_0002_convert_20220105140832.jpg
IMG_20220105_0003_convert_20220105140850.jpg
IMG_20220105_0004_convert_20220105140910.jpg
IMG_20220105_0005_convert_20220105140941.jpg
IMG_20220105_0007_convert_20220105141004.jpg

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2022’01.01・Sat

元旦の三原山お鉢巡り

謹賀新年      壬虎 元旦

PB254138_(2)_convert_20220101133146.jpg

P1014258_(2)_convert_20220101133219.jpg

P1014259_convert_20220101133251.jpg

P1014222_convert_20220101133312.jpg

P1014233_convert_20220101133345.jpg
大室山
P1014229_convert_20220101133412.jpg
逆光で写真が上手く撮れなかったでしょう...黒い筋が1986年11月19日の溶岩流です。素足で踏んだら アア痛い「アア溶岩」です
(2014/03/12)
26三原山_convert_20220102191303

P1014235_convert_20220101133945.jpg

P1014234_convert_20220101134009.jpg

P1014238_convert_20220101134031.jpg

P1014239_convert_20220101134112.jpg

P1014240_convert_20220101134143.jpg

P1014246_convert_20220101134609.jpg

P1014247_convert_20220101134630.jpg

P1014249_convert_20220101134656.jpg

P1014250_convert_20220101134726.jpg

P1014254_convert_20220101134815.jpg

P1014255_convert_20220101134840.jpg

P1014256_convert_20220101134902.jpg
大島温泉ホテルの露天風呂 割れ目噴火口見えましたか 駐車場の神津島天上山の白い火山灰薄層を観ていただけましたか。
4大島温泉ホテル
元町には 源泉かけ流し露天風呂「浜の湯」と「御神火スパ」があります。
P1014260_convert_20220101163434.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2021’12.28・Tue

12/28日の三原山ガイド

PC284190_convert_20211228183659.jpg
お客様は九十九里浜の白子町からおいでいただきました。
20211228ScreenShot00001_(2)_convert_20211228194818.png

PC284191_convert_20211228183745.jpg

PC284192_convert_20211228183808.jpg

PC284193_convert_20211228183844.jpg

PC284196_convert_20211228183959.jpg

PC284198_convert_20211228184030.jpg

PC284197_convert_20211228184958.jpg

PC284199_convert_20211228185153.jpg

PC284202_convert_20211228185216.jpg

PC284204_convert_20211228185250.jpg

P1014248_convert_20220102195827.jpg

PC284206_convert_20211228185316.jpg

PC284208_convert_20211228185729.jpg

P1024266_convert_20220102203532.jpg

PC284209_convert_20211228185813.jpg
(2012/08/04)
12_convert_20190713070639.jpg

P1024265_convert_20220102200201.jpg

P1024267_convert_20220102201018.jpg

P1024269_convert_20220102201352.jpg

P1024270_convert_20220102201416.jpg

P1024271_convert_20220102201441.jpg

PC284214_convert_20211228190645.jpg
福徳岡の場 海底噴火の漂着軽石
PC284216_convert_20211228190724.jpg

PC284219_convert_20211228190808.jpg

2_convert_20190712172549.jpg

20200901SS00003_(2)_convert_20200901113126.png
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOPBack