FC2ブログ
  • « 2020·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2020’08.01・Sat

サクユリを守る会

IMG_20200801_0001_convert_20200801071304.jpg

IMG_20200801_0002_convert_20200801071340.jpg

IMG_20200801_0003_convert_20200801071410.jpg
以上出典 環境省伊豆諸島管理官事務所

8/1  サクユリの美しさを愛でよう!現地観察会 筑波大学 上条先生に参加いただきました。
P8012256_convert_20200801190016.jpg

P8012240_convert_20200801190209.jpg

P8012241_convert_20200801190225.jpg

P8012242_convert_20200801190251.jpg

P8012243_convert_20200801190315.jpg

P8012246_convert_20200801191424.jpg

P8012254_convert_20200801191719.jpg
参加者49名
P8012253_convert_20200801191738.jpg
柵外南②squareの株数え 3分類 青紐 黄紐 赤紐で結ぶ
IMG_20200801_0014_convert_20200801191446.jpg

P8012245_convert_20200801191350.jpg

P8012248_convert_20200801191526.jpg

P8012249_convert_20200801191620.jpg

P8012251_convert_20200801191646.jpg

P8012255_convert_20200801211847.jpg
ご苦労様でした。
サクユリ
(チョモ)
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’08.01・Sat

「サクユリの生態と魅力を知る」セミナー 07/31 明治大学 山本 将先生

出典 山本 将先生のレジメを一部改変 DNA解析等は難解につき省略させていただきました。
P7312239_convert_20200801061250.jpg

IMG_20200801_0004_convert_20200801061328.jpg

IMG_20200801_0001_-_コピー_convert_20200801063001

IMG_20200801_0012_convert_20200801063751.jpg

IMG_20200801_0005_-_コピー_convert_20200801061714

IMG_20200801_0005_convert_20200801061742.jpg

IMG_20200801_0006_convert_20200801061813.jpg

IMG_20200801_0007_-_コピー_convert_20200801061949
SSR(Simple Sequence Repeatの略、別 名マイクロサテライト)マーカー
IMG_20200801_0007_convert_20200801062014.jpg
NJ法 neighbor-joining method 系統樹を作製するためのボトムアップ式のクラスタ解析法である。1987年に日本の斎藤成也・根井正利らが発表し、分子系統樹を作成する方法として広く用いられている。
クラスタリング (クラスター分析) 分類対象の集合を,内的結合 (internal cohesion) と外的分離 (external isolation) が達成されるような部分集合に分割すること
IMG_20200801_0008_convert_20200801064855.jpg

IMG_20200801_0009_-_コピー_convert_20200801064910
SSR(Simple Sequence Repeatの略、別 名マイクロサテライト)マーカーを用いて、DNA 品種識別
IMG_20200801_0009_convert_20200801064929.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.31・Fri

「海辺の花園・再生プロジェクト 第3弾」

P7312209_convert_20200731222146.jpg

P7312228_convert_20200731232306.jpg
ニッコウキスゲ
SN00001.png
福島 雄国沼湿原 ニッコウキスゲ
SN00003.png

P7312214.jpg

P7312216_convert_20200731224634.jpg

P7312217_convert_20200731224719.jpg
三浦半島 小網代の森 ノアの箱舟
1212.png

小網代の森
花咲く小網代
IMG_20200731_0001_convert_20200731232132.jpg

P7312221_convert_20200731232217.jpg

IMG_20200801_0013_convert_20200801082713.jpg

IMG_20200801_0014_convert_20200801082753.jpg

P7312226_convert_20200731232242.jpg

P7312231_convert_20200731232331.jpg

P7312234_convert_20200731232355.jpg
敬称略 左より 長谷川 雅美 臼井(ジオ推協)  山本 将 上条 隆志 先生
P7312238_convert_20200731232423.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.31・Fri

祝 東海汽船 THE 130th Anniiversary

_20200731_convert_20200731120745.jpg
_20200731_(2)_convert_20200731120845.jpg
DSC_8692_(2)_convert_20200731121948.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.27・Mon

神津島の自然保護条例

IMG_20200727_0001_convert_20200727205906.jpg
出典 「新芽」
神津島村自然保護条例
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.25・Sat

利島巡検 18名 ジオ研

P7252080_convert_20200725215942.jpg

P7252076_convert_20200725220012.jpg

P7252070_convert_20200725220032.jpg

P7252072_convert_20200725220127.jpg

P7252077_convert_20200725220150.jpg

P7252074_convert_20200725220217.jpg

IMG_20200726_0002_convert_20200726060226.jpg
出典 「ご神火」 NO3 1996/08
IMG_20200726_0001_convert_20200726115434.jpg

ABC_0675_convert_20200726061402.jpg
(2010/05/08)
DSC_2876_convert_20200726060318.jpg

P7252190_convert_20200725220813.jpg

P7252081_convert_20200725220856.jpg

P7252082_convert_20200725220925.jpg

P7252172_convert_20200725221004.jpg
椿の島 「利島」 下草が刈られ手入れの行き届いた椿畑が宮塚山頂直下まで続きます。
P7252086_convert_20200725221043.jpg

P7252090_convert_20200725221105.jpg

P7252095_convert_20200725222024.jpg

P7252091_convert_20200725222052.jpg

P7252097_convert_20200725222122.jpg
ウスイゴウ園地 朝日のさすところ
P7252103_convert_20200725222202.jpg

P7252102_convert_20200725222234.jpg

P7252108_convert_20200725222307.jpg

P7252104_convert_20200725222919.jpg

P7252107_convert_20200725223001.jpg

P7252109_convert_20200725223037.jpg
よじのぼって 滑空する
P7252114_convert_20200725223105.jpg
オオミズナギドリの営巣穴
P7252110_convert_20200725223127.jpg

P7252112_convert_20200725223150.jpg

P7252113_convert_20200725223742.jpg

P7252115_convert_20200725223906.jpg
オオハクウンラン VU(絶滅危惧Ⅱ類) 
P7252117_convert_20200725223944.jpg
御穴(噴火口跡) 利島の噴火開始年代はわかっていない。最新期の活動は、宮塚山の北に位置する「カジアナ」火口から流れ出し、 北北西に流下した「カジアナ」火口溶岩流と、「カジアナ」火口の東、海抜390m付近の「ミアナ」火口から北東に流下した「ミアナ」火口溶岩流の噴火である。 構成岩石のSiO2量は49.4~55.1 wt.% である。カジアナ火口から噴出した溶岩に覆われる泥流堆積物から約8000年前の年代が、溶岩の上位に位置する縄文時代遺跡から約4000年の年代が得られていることから、溶岩は4000~8000年前の間に噴出したと考えられる。(出典 気象庁)
P7252119_convert_20200725224018.jpg
展望台から
P7252120_convert_20200725224042.jpg

P7252121_convert_20200725224105.jpg
アワブキ科サクノキ VU 大島には長澤とフノー水源桝下に自生していたが2013年の土石流で長澤は流出してしまいました。フノーも2019/09/09の15号台風でサクノキも被害を受けましたが なんとか持ちこたえています。アオバセセリ蝶の幼虫の食樹です。
P7252124_convert_20200725224625.jpg

P7252125_convert_20200725224716.jpg

P7252126_convert_20200725224801.jpg
モロコシソウ VU
P7252129_convert_20200725224826.jpg

P7252132_convert_20200725224910.jpg

P7252131_convert_20200725224848.jpg

P7252134_convert_20200725231436.jpg
南ヶ山園地のサクノキ VU
P7252140_convert_20200725231531.jpg

P7252137_convert_20200725231618.jpg

P7252139_convert_20200725231704.jpg

P7252136_convert_20200725231734.jpg

P7252143_convert_20200725231823.jpg

P7252144_convert_20200725232345.jpg
神津島の「前田 正代」さん お元気でしょうか。チョモは酷使療法?で無頼な日常生活を送っています。
P7252145_convert_20200725232414.jpg

P7252149_convert_20200725232444.jpg

P7252150_convert_20200725232514.jpg

P7252151_convert_20200725232540.jpg

P7252152_convert_20200725232608.jpg

P7252155_convert_20200725233221.jpg

P7252154_convert_20200725233310.jpg
海を渡る「アサギマダラ」の瀕死の♀ 右前翅がボロボロ キジョランの裏葉に命をつなげたか。
P7252156_convert_20200725233340.jpg

P7252157_convert_20200725233408.jpg
カラスザンショウ
P7252159_convert_20200725233441.jpg

P7252161_convert_20200725233508.jpg

P7252162_convert_20200725234038.jpg

P7252171_convert_20200725234103.jpg

P7252167_convert_20200725234124.jpg
唯我一人
P7252169_convert_20200725234156.jpg
伊豆9島で幹回りが最大のクロマツ
P7252166_convert_20200725234220.jpg

P7252178_convert_20200725234250.jpg

P7252186_convert_20200725234813.jpg

P7252185_convert_20200725234849.jpg

P7252182_convert_20200725234937.jpg

P7252188_convert_20200725235005.jpg

P7252189_convert_20200725235045.jpg
「かけんま」 凪いでいても潮流が岩礁にぶつかって白波が立つ。潮が欠けるということで「欠け間」と呼んだ。
場所をおしえてもらったので この目で 今度確かめに来ます。艀の第三しらゆり丸も操船に難儀したそうです。
P7252194_convert_20200725235112.jpg

P7252184_convert_20200725235726.jpg

P7252193_convert_20200725235647.jpg

P7252197_convert_20200725235757.jpg

P7252195_convert_20200725235838.jpg

P7252203_convert_20200725235906.jpg

サクノキ
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.24・Fri

出身地はネパール 東京で事業展開の お客さん

P7242046_convert_20200724173618.jpg

P7242047_convert_20200724173646.jpg

P7242048_convert_20200724173710.jpg

P7242049_convert_20200724173736.jpg

P7242050_convert_20200724173818.jpg

P7242051_convert_20200724173844.jpg

DSC_3348_convert_20200724185020.jpg

P7242053_convert_20200724173908.jpg
さすがネパール育ち
P7242057_convert_20200724174031.jpg
このあいだの大雨で真上の火口壁が剥落
P7242054_convert_20200724173943.jpg

P7242059_convert_20200724174110.jpg

P7242060_convert_20200724174156.jpg

P7242062_convert_20200724174218.jpg

IMGP2317_convert_20200724182440.jpg

P7242063_convert_20200724174241.jpg

P7242064_convert_20200724174315.jpg

P7242065_convert_20200724174344.jpg

P7242066_convert_20200724174414.jpg

P7242068_convert_20200724174443.jpg

P7242067_convert_20200724174511.jpg
ソウラヤ君 今度は泳ぎにおいで。
ネパールの聖地「ムクチナート」で話が盛り上がりました。2005/11月にチョモは訪れています。山口 武さんは山の先輩です。
ピサンピーク登山&トロン・パス越えトレッキング

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.20・Mon

ナギランの保護(キョンの食害)

P7202045_convert_20200720171606.jpg

P7202044_convert_20200720171509.jpg

P7202041_convert_20200720171336.jpg

P7202042_convert_20200720171410.jpg

P7202043_convert_20200720171440.jpg
(2015/07/16)
8_convert_20200720171724.jpg
(2015/07/11) 絶滅危惧1B類 伊豆諸島
_convert_20200720195521.jpg
(イワガラミ) 大木の幹を這い気根で張り付いてよじ登り高さ15mほどになる。氷河時代の生き残りといわれ 伊豆諸島には御蔵島と大島の ここだけに自生する。萼片は1枚。絶滅危惧ⅠA類 伊豆諸島
・_convert_20160524181339

シイノキ林の薄暗い アリドウシ オオシマカンスゲの林床に ひっそりとナギランが群生していたが キョンの食害がひどく環境省の許可をいただいて100株ほど移植したのが2016/05/24日.......そのあと支庁土木課に保護ネットを張っていただいて......今日は保護ネットを嵩上げした。

ナギラン
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’07.15・Wed

04/18日から07/15日まで

「朝四時 スナック閉まり 追い出され 酔眼まぶし 梅雨の 晴れ間」  (07/11) 秀作
「布マスク 届いたものの 不良品 御上の仕事 心届かず」        (04/19)

元町の「佐々木 睦彦」さんは チョモの無聊を慰めに04/18日から07/15日まで1日も欠かさず往復26kmの道のりを作品と惣菜を届けてくれました。(88日間 走行距離2288km)
_20200715_(8)_convert_20200715224316.png

_20200715_(6)_convert_20200715224358.jpg

_20200715_(4)_convert_20200715224432.jpg

_20200715_(7)_convert_20200715224501.jpg

_20200715_(5)_convert_20200715224531.jpg

_20200715_(9)_convert_20200715224633.png

DSC_8689_convert_20200716114734.jpg

DSC_8690_convert_20200716114816.jpg


コロナウイルス考
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.15・Mon

6月15日は「行者祭り」

行者窟へは行ったが「祭り」は事情があって観れなかった。
P6152017_convert_20200615184542.jpg

P6152027_convert_20200615184743.jpg
昭和40年代にブル道から資材が運ばれてできた行者浜の護岸工事 動物園から行者窟に出る道は人だけが歩ける狭い道でした。当時は松林が多く行者祭りの相撲大会は松の木陰で観戦したそうです。今は松林がありません。
P7015870_convert_20180701212428.jpg

P6152026_convert_20200615184903.jpg

P6152022_convert_20200615185033.jpg
行者浜の砂は金剛沢が運ぶ
P7015864_convert_20180701200154.jpg
中にコーモリが住んでいます
P7015861_convert_20180701200027.jpg

P7015863_convert_20180701200109.jpg
行者浜の砂は「櫛の峰」のルンゼ(岩溝)上部奥左岸の大きな砂段丘からも運ばれる。
P6152019_convert_20200615190138.jpg
(ルンゼの上部左岸 砂段丘)
gyoujakutujoubu-1.jpg

P5141126_convert_20170514174448.jpg

P6152032_convert_20200615190326.jpg

P6152030_convert_20200615190405.jpg

P6152034_convert_20200615190808.jpg

P6152033_convert_20200615190939.jpg
「神変大菩薩」とは、盈仁 (えいにん)法親王がつとめられた「役行者一千百年御遠忌」を機に、聖護院門跡に三年間仮御所を置かれいた光格天皇が、寛政十一年 (1799)、役行者に贈った諡号 (しごう)です。
2017年 行者祭り
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.14・Sun

梅雨に映えるスカシユリ

DSC_8668_convert_20200614155246.jpg

IMG_20200614_050102_convert_20200614155019.jpg

IMG_20200614_045709_1_convert_20200614155044.jpg

IMG_20200614_045612_convert_20200614155119.jpg

DSC_8655_convert_20200614155152.jpg

DSC_8667_convert_20200614155217.jpg

IMG_20200629_064803_1_(3)_convert_20200701223423.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.09・Tue

ウスキムヨウランとサクノキ

2013年に東京農工大学 地域生態システムの星野 義延先生が来島の際に見つかった「ウスキムヨウラン」(薄黄無葉蘭) 大島が北限?
DSC_8674_convert_20200609101614.jpg
開花のシャッターチャンスが難しい。明日あたりか。
DSC_8681_convert_20200609101652.jpg
(2014/06/17 開花) 
2014061717054224e_convert_20200609101714.jpg
出典 「神津島花図鑑」
IMG_20200609_0001_convert_20200609101805.jpg

フシノアワブキ科 サクノキ 利島に自生していることは聞いていました。伊豆大島でもフノーの滝水源桝の下部と長澤の2か所で見つかりました。2013/10/16日の土石流で長澤のサクノキは消失。房総にありませんので大島が北限 ?絶滅危惧Ⅱ類。
IMGP1413_convert_20180228193820.jpg

フノーのサクノキ(絶滅危惧Ⅱ類)
6月頃に白い花を咲かせます アオバセセリ蝶の食草です
6月頃に白い花を咲かせます アオバセセリ蝶の食草です
2019/09/09日の台風15号で水源までの一帯が倒木で埋まりました。「サクノキ」が辛うじて一部残っています。よかったです。
IMG_0001_convert_20120930120107.jpg
(利島 南ヶ山園地内で保護されている「サクノキ」 2011/06/12)
ABC_0637_convert_20110612202234.jpg

台風15号 フノー水源
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.08・Mon

ヤマハハコ(広義)が大島で見つかりました。

直近の1986年の三原山噴火前から 裏砂漠で ハハコグサとは一寸違うなと考えていた人がいました。
その人は 大島「古道探索」リーダーの八木丈夫さん。 昔から裏砂漠で「ヤマハハコ」を観続けてきました。大島自然愛好会の小川 信正さんが大島自生の「ハハコグサ」とはかなり異なる ということで標本を伊豆諸島植物研究会「いそぎく」の石橋 正行さん(神津島花図鑑 執筆)に観ていただきました。標本は技術士の飯島幸子さんを経由して 都立神代植物公園で専門家の議論の末に新産地報告されました。受理2019/12/31  訂正 八木文夫→八木丈夫 Fumio Yagi→Takeo Yagi

IMG_20200608_0001_convert_20200608204211.jpg
IMG_20200608_0002_convert_20200608204252.jpg
IMG_20200608_0003_convert_20200608204318.jpg

出典 東京都環境局自然環境部(編) 2014レッドデータブック東京2014(島しょ部) VU(Vulnerable) 絶滅危惧Ⅱ類
IMG_20200609_0001_convert_20200609073107.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.07・Sun

ネジの洞窟の真上に降りる

出典 産総研 大島火山地質図 S2 差木地層2 1700年ほど前の山頂カルデラができた時の噴火イベントの産物がネジの洞窟
IMG_20200607_0001_convert_20200607183249.jpg
出典 国土地理院 火山土地条件図 伊豆大島
IMG_20200607_0003_convert_20200607183412.jpg
出典 八木 丈夫さん提供の明治の地図 破線を昔の人は移動していました。フノーの滝の下の出っ張りが「ネジノ鼻」
IMG_20200607_0002_-_コピー_convert_20200607183345

P6071979_convert_20200607183443.jpg
都道「月と砂漠ライン駐車場」入り口集合 「ネジの鼻」の真上めざして下降します。
P6071982_convert_20200607183518.jpg

P6071983_convert_20200607183551.jpg
クマガイソウ 大島にアツモリソウは自生しません。
P6071984_convert_20200607183619.jpg

P6071985_convert_20200607183650.jpg

P6071986_convert_20200607183726.jpg

P6071987_convert_20200607183801.jpg

P6071988_convert_20200607183836.jpg

P6071989_convert_20200607185108.jpg
いま ネジの洞窟の真上にいます  右が新任の環境省伊豆諸島管理官  左がジオ研の田附さん
P6071991_convert_20200607185242.jpg
樹間から昼食場所「荷積ん場」が見えます  左が環境省伊豆諸島管理官事務所の Active Ranger  MIUさん 手ぬぐいでのヒマラヤン被りが上手です。右が八木丈夫さん。
P6071992_convert_20200607185314.jpg
フノーの滝方面
P6071990_convert_20200607185159.jpg
馬の背 黒崎方面
P6071993_convert_20200607185355.jpg

P6071994_convert_20200607192649.jpg

P6071995_convert_20200607192824.jpg

P6071996_convert_20200607192859.jpg
山椒の木 擂粉木には太すぎる。
P6071997_convert_20200607192939.jpg
カキハラ磯方面
P6071998_convert_20200607193025.jpg

P6071999_convert_20200607193133.jpg

P6072000_convert_20200607200723.jpg
荷積ん場
P6072002_convert_20200607200810.jpg

P6072013_convert_20200607203640.jpg
鍋と水を 本日のリーダー小川信正さんが運んでくれました。おみおつけ(御御御付け) の具は現地調達 スゴーク 美味しく 皆さん2~3杯お替り。
P6072012_convert_20200607203559.jpg

P6072004_convert_20200607200840.jpg

P6072005_convert_20200607200922.jpg
さっきまで「ネジノ鼻」の真上にいました。
P6072006_convert_20200607201007.jpg

P6072007_convert_20200607201041.jpg

P6072008_convert_20200607203303.jpg
ネジの洞窟
P6072009_convert_20200607203343.jpg

P6072010_convert_20200607203428.jpg

P6072011_convert_20200607203512.jpg
P6072014_convert_20200607204500.jpg
帰路は別ルート 75分で「月と砂漠ライン駐車場」入り口 帰着
P6072015_convert_20200607204555.jpg
懲りずに また参加してください。
P6072016_convert_20200607204645.jpg

ネジの洞窟を突破できませんでした
第13回古道探索
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.06・Sat

岡田火山

ジオ研事務局(田附)です.

緊急事態宣言は解除されたものの,東京アラートが発令され,
現コロナ禍での社会活動についてはアクセルとブレーキを同時
に踏むような状況になっています.
現下の状況を踏まえ,ジオパーク関係者有志を対象とした
屋外活動を計画しました.

岡田港 オタイネ巡検

集合日時 6月6日(土) 午前9時30分
雨天・大波時 中止
集合場所 岡田港 駐車場

当日午前 10:58は大潮にあたるため岡田漁港から風早崎に
至る海岸線を移動しながら岡田火山の痕跡を巡検したいと
思います.
IMG_20200606_0002_convert_20200606210720.jpg

IMG_20200606_0004_convert_20200606210755.jpg
IMG_20200606_0003_convert_20200606210826.jpg
出典 火山 伊豆大島スケッチ 田澤堅太郎 著 発行所 之潮
P6061977_convert_20200606170637.jpg

P6061955_convert_20200606170222.jpg

P6061956_convert_20200606172942.jpg

P6061957_convert_20200606173014.jpg

P6061958_convert_20200606170449.jpg

P6061959_convert_20200606170521.jpg

P6061960_convert_20200606170556.jpg

P6061961_convert_20200606171416.jpg

P6061962_convert_20200606171451.jpg

P6061963_convert_20200606171542.jpg

P6061964_convert_20200606171611.jpg

P6061965_convert_20200606171647.jpg

P6061966_convert_20200606171716.jpg

P6061967_convert_20200606174402.jpg

P6061968_convert_20200606174441.jpg

P6061970_convert_20200606174610.jpg
右先端が「小口岬」
P6061972_convert_20200606174645.jpg

P6061973_convert_20200606174759.jpg

P6061974_convert_20200606180005.jpg
小口岬手前 捲かないと小口岬 風早崎に到達できません
P6061976_convert_20200606180302.jpg

P6061975_convert_20200606180107.jpg

P6061978_convert_20200606180340.jpg
天草の晒し
P6061954_convert_20200607081216.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.03・Wed

伊豆大島の風景

DSC_8639_convert_20200603090622.jpg

DSC_8635_convert_20200603090515.jpg

DSC_8637_convert_20200603090544.jpg

DSC_8645_convert_20200603090908.jpg

DSC_8644_convert_20200603090848.jpg

DSC_8640_convert_20200603090657.jpg

DSC_8646_convert_20200603090944.jpg

DSC_8642_convert_20200603090754.jpg

DSC_8643_convert_20200603090821.jpg

DSC_8641_convert_20200603090724.jpg

DSC_8648_convert_20200603093502.jpg

DSC_8647_convert_20200603091017.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.01・Mon

神津島の寒天の原料 平草

平草は天草の仲間で 紅藻 やや深い海で採れ 終戦直後から昭和30年代にかけ神津島の経済を支えていたようです、水深の深いところに、竹くしの形をした万鍬(マンガ)という道具を漁船からたらして、海藻をひつかけて収穫して出荷していました。、組合綱領は神津島の平草の採取仲間たちが取り決めた規則のようです(前田 正代)
791D_convert_20200601152214.jpg

5353_convert_20200601150842.jpg

5373_convert_20200601150903.jpg

5393_convert_20200601152614.jpg

53A4_convert_20200601152643.jpg

53A5_convert_20200601152758.jpg

53B6_convert_20200601152824.jpg
以上出典は 神津島天上山ガイドの前田 正代さん

hirakusa.jpg

種子島の平草漁の良き時代 八板 俊輔

 ...READ MORE?

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’06.01・Mon

Googleを騙った詐欺に要注意

SN00003_convert_20200601093047.png
(要旨)グーグルサービスを積極的に使用している あなたは電子オンライン懸賞の10人の当選者に選ばれました。95万ポンド(邦貨で約12500万円)の権利があることをお知らせいたします。つきましてはBrian Carter上級副社長兼最高法務まで支払い請求フォーム 1)~8) を記入してメールください。
当選した賞金は あなたの国のあなたの銀行口座を通じて送金されます。.....Sundar Pichai CEO GOOGLE LLC サイン 
SN00001_convert_20200705131421.png

相手の慌てぶりやアクションを楽しむ愉快犯でしょうか。
Is it a pleasant criminal who enjoys the deceived person's haste and action?

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.31・Sun

神津島のヨウラクラン

天上山ガイドの前田 正代さん(090-5308-6642)から写真が届きました。
792E_convert_20200531233909.jpg
神津島から見る北部伊豆諸島
793F_convert_20200531233934.jpg
ヨウラクラン
53E6_convert_20200601144026.jpg

791E.jpg
ウスキムヨウラン
53D6_convert_20200601144003.jpg
マメズタラン
53F7_convert_20200601144105.jpg
薄ピンクのセッコク

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.13・Wed

榾木(ほだぎ)の本伏せ

P5131936_convert_20200513173149.jpg
仮伏せが終了 自宅に運んで 椎の木陰で「本伏せ」
P5131937_convert_20200513173215.jpg
朝陽を少々 温度管理に要注意 夏日は寒冷紗をかけます 天地逆転 木槌で小口をたたくこともあります。
P5141942_convert_20200514064936.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.12・Tue

正月飾りのツルウメモドキの芽生えを鑑賞がてら茶話会

バリアフリーの お宿「ペンション すばる」の座敷の床の間に正月活けた「ウメモドキ」に新芽が出た。コロナウイルスで営業を自粛していたので5月に入って気づいた。枯れた枝から なんと新芽が芽生えました。茶話会会場は「すばる」
「ウメモドキ」のイメージ
DSC_5283_convert_20171231215101_convert_20200512201357.jpg

P5131938_convert_20200513172951.jpg

P5131939_convert_20200513173021.jpg

P5121928_convert_20200512201534.jpg

P5121932_convert_20200512201609.jpg
しな布 藍染め 「菅原 匠」作  作家は伊豆大島泉津 住
P5121934_convert_20200512201650.jpg
バリアフリーのお宿「すばる」04992-2-1142の下田ご夫妻
P5121931_convert_20200512201724.jpg
「潮音寺」ご住職からいただいた正月飾りの「ウメモドキ」の枯れ枝から新芽が.....奇跡です。
P5121926_convert_20200512202021.jpg

P5131940_convert_20200513173046.jpg
枯れ枝から芽吹く  奇跡です。
P5131941_convert_20200513175421.jpg

P5121933_convert_20200512202134.jpg
今日の「茶話会」の仕掛人が左の佐々木 睦彦さん
P5121924_convert_20200512205050.jpg

IMG_20200512_0001_convert_20200512210805.jpg

IMG_20200513_0001_convert_20200513175125.jpg

「すばる」さんのお土産品 「波浮の港」の作曲家「中山晋平」の生家 長野県中野市「志賀泉酒造」の純米酒
P5121930_convert_20200512204821.jpg
「すばる」さんの朝食は各種 自家製パン このパンには自家製の椿の花びらジャムが入っています。
P3311693_convert_20200331232427.jpg


生きる力をいただいて帰宅 神津島の前田さんから画像を頂戴いたしました。力が漲ります。
_(1)_convert_20200513052654.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.05・Tue

二子に登りながら「エビネ」を観て 道なき道を間伏林道に降りる

シアイバで10:00待ち合わせ  出典 「島の史跡」東京都教育庁大島出張所 編集・発行 昭和60年3月24日発行・絶版 に一部加筆 赤線が「間伏林道」模式図 大島の史跡 補訂版のお求めは「藤井工房」でどうぞ
IMG_20200505_0001_convert_20200505191127.jpg
「試合場」の 山の神
P5051865_convert_20200505191215.jpg
ツインピーク目指してトレック開始 右のピークが差木地から見た二子山の左峰
P5051868_convert_20200505191245.jpg
「アカバンコウ」(←赤馬子?)方面
P5051869_convert_20200505191315.jpg

P5051871_convert_20200505191348.jpg

P5051872_convert_20200505191415.jpg

P5051874_convert_20200505191555.jpg

P5051875_convert_20200505191626.jpg

P5051876_convert_20200505191655.jpg

P5051877_convert_20200505191727.jpg

P5051879_convert_20200505191759.jpg
溶岩に「イズノシマダイモンジソウ」が...
P5051880_convert_20200505191828.jpg
左上が「利島」
P5051881_convert_20200505211916.jpg

P5051882_convert_20200505211954.jpg
下から見て左の二子山ピーク 「ボルタック」の鉄条網下を右へトラバース
二子山 ボルタック
航空保安無線施設が山頂にあります。立ち入り禁止です。 ボルタック(VORTAC) - VOR + TACAN -
飛行中の航空機が、自機の位置(=方向ならびに位置に関する情報)を確認するために使用する無線標識施設の一つです。
機能的には「超短波全方向式無線標識施設 (VOR)」と「距離情報提供装置 (DME)」の併設である「VOR/DME」と同じものです が、距離情報提供装置 (DME)の部分として、軍用に開発された「TACAN(タカン)」の距離測定装置部分を利用している点が異なります。なお、「ボルタック (VORTAC)」とは、「VOR」と「TACAN」を合わせてできた造語です(出典 ウィキペディア)
P5051884_convert_20200505212040.jpg
(白石山からの二子山 右峰山頂の施設が「ボルタック」)
P1021361_convert_20200102170759.jpg

P5051885_convert_20200505212152.jpg

P5051888_convert_20200505212229.jpg

P5051890_convert_20200505212307.jpg
アカバンコウでこれから昼食 真上を海を渡る蝶「アサギマダラ」が1頭 猛スピードで飛揚 駆け抜けていきました。
P5051891_convert_20200505212341.jpg

P5051893_convert_20200505212527.jpg
モウセンゴケ コケとあるが種子植物 食虫植物の一種で、葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲する。
P5051896_convert_20200505212558.jpg

DSC_7942_convert_20200506104451.jpg
右のピークへ移動中
P5051898_convert_20200505214103.jpg
新しくできた「差木地沢の堆積工」
P5051900_convert_20200505214151.jpg
道なき道を間伏林道まで下降します。
P5051902_convert_20200505214252.jpg

P5051903_convert_20200505214328.jpg

P5051905_convert_20200505214528.jpg

P5051908_convert_20200505214604.jpg

P5051910_convert_20200505214639.jpg
背後の「二子山」ツインピークから 道なき道を「間伏林道」へ降りてきました。左から東京の和泉 義信さん 次が地元のリーダー八木 丈夫さん 小川 信正さん 右端が五味 富士男さん お疲れさまでした。チョモは今日が三原山有料ガイドを初めて11年と1日 左端の「和泉 義信」さんが第1号のお客さん 2009/05/04日温泉ホテルから3名さんのお供をさせていただきました。鎧端で蝮を観ました。新米ガイドで相当ひどい説明をしたと思います。今思うと冷や汗が出ます。
P5051911_convert_20200505214744.jpg
赤沢へ足を延ばしました 3頭のアサギマダラがいました。
P5051914_convert_20200505222703.jpg
さらに足を延ばして「キンラン」を見に行きました。
P5051921_convert_20200505222908.jpg
神津島天上山ガイドの前田 正代さん  大島のキンランは これからです。
P5051922_convert_20200505223113.jpg
オオバノトンボソウ
P5051920_convert_20200505223151.jpg
シチトウタラノキは幹 葉柄 葉に鋭い棘があります この八丈タラノキは棘なしです。伊豆諸島の植物の特徴の一つ「棘の退化」に ゆったりと進化している最中です。サルトリイバラ(猿捕茨)の棘なしが増えています。(東京農工大学 星野義延 教授 筑波大学 上条隆志 教授)
P5051915_convert_20200505223225.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.03・Sun

キンラン(神津島)

天上山ガイドの前田 正代さん(tel 090-5308-6642)から送っていただきました。
IMG_7948_convert_20200503231435.jpg

IMG_7963_convert_20200503231539.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.02・Sat

愛宕山と赤禿からシュードモナス属の土壌細菌2種が見つかりました

2017/01月にグローバルスポーツの西谷カナさんが大島三原山をガイドした研究者の論文が2019/10/09日提出 2020/03/03に承認されました。論文の一部分です。
Marine Biotechnology welcomes high-quality research papers presenting novel data on the biotechnology of aquatic organisms. The journal publishes high quality papers in the areas of molecular biology, genomics, proteomics, cell biology, and biochemistry, and particularly encourages submissions of papers related to genome biology such as linkage mapping, large-scale gene discoveries, QTL analysis, physical mapping, and comparative and functional genome analysis. Papers on technological development and marine natural products should demonstrate innovation and novel applications
Pseudomonas atagosis sp. nov., and Pseudomonas akappagea sp. nov., New Soil Bacteria Isolated from Samples on the Volcanic Island Izu Oshima, TokyoYuh Morimoto, Kazuki Uwabe, Mari Tohya, Keiichi Hiramatsu, Teruo Kirikae & Tadashi Baba
Abstract
During the exploration of microbial natural resources, two strains of Pseudomonas, PS14T and PS24T, were isolated from samples taken from Izu Oshima, a volcanic island located 120 km southwest of central Tokyo. Phylogenetic analysis based on 16S rRNA gene sequences showed that PS14T was most similar to Pseudomonas baetica a390T (99.6%) and Pseudomonas helmanticensis OHA11T (99.5%), and that PS24T was most similar to Pseudomonas qingdaonensis JJ3T (98.8%) and Pseudomonas lutea OK2T (98.7%). The major fatty acids of these two strains were C16:0 and C17:0 cyclo, summed feature 3 (C16:1 ω6c and/or C16:1 ω7c), and summed feature 8 (C18:1 ω7c and/or 18:1 ω6c). The phylogenetic analyses, DNA-DNA hybridization results and phenotypic traits indicated that PS14T and PS24T constitute two novel species, Pseudomonas atagosis sp. nov. (type strain PS14T = CECT 9940T, = LMG 31496T) and Pseudomonas akappagea sp. nov. (type strain PS24T = CECT 9941T, = LMG 31497T), respectively. The sequence data of the draft genomes of PS14T and PS24T were deposited in the GenBank database under accession numbers VXCA00000000 and VXCP00000000, respectively, and the sequence data of their 16S rRNA genes were deposited in the GenBank database under accession numbers MN396717 and MN382268, respectively.



SN00006.png
Acknowledgements
This study was supported by Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research (KAKENHI Grant No. JP26650135 issued by Japan Society for the Promotion of Science), and the MEXT (Ministry of Education, Culture, Sports and Technology)-supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities (S1201013). The funders had no role in study design, data collection and interpretation, or the decision to submit the work for publication. The genome sequence data of P. helmanticensis OHA11T was produced by the US Department of Energy Joint Genome Institute (https://www.jgi.doe.gov/) in collaboration with the user community. We thank Dr. Tadao Kunihiro of Techno Suruga Laboratory Co., Ltd for providing technical assistance and Ms. Kana Nishitani of Global Nature Club for acting as a professional field guide and sharing her geographical knowledge of Izu Oshima.
謝辞
この研究は、挑戦的探索研究助成金(日本学術振興会発行の科研費助成番号JP26650135)、および文部科学省が支援するプログラム 私立大学の戦略的研究財団(S1201013)。 資金提供者は、研究のデザイン、データの収集と解釈、または出版のために作品を提出するという決定に関与していませんでした。 P. helmanticensis OHA11Tのゲノムシーケンスデータは、米国エネルギー省共同ゲノム研究所(https://www.jgi.doe.gov/)がユーザーコミュニティと共同で作成しました。 テクノスルガラボラトリーの国広忠雄博士に技術支援を、グローバルネイチャークラブの西谷カナさんにフィールドガイドとして伊豆大島の地理的知識を共有していただきました。

研究者は順天堂大学大学院 医学研究科感染症制御科学研究センター(平松啓一教授)の先生方と生徒さん。 西谷さんの三原山ガイドでの愛宕山・赤禿の情報をもとに 2017/01月に 伊豆大島 8か所から土壌をサンプリング サンプルは1か所から約0.5g 8箇所で約5gの地表が採取されました。そのうち愛宕山と赤禿の2か所からシュードモナス属の新規種 2種が発見されました。atagosis PS14Tとakappagea PS24Tと命名されました。愛宕(北緯34度77分06秒、東経139度35分98秒)および赤禿(北緯34度77分50秒、東経139度34分99秒)

土壌には多種多様な微生物が存在し、その数は1グラムの土壌に約100~1000万にもなるといわれています。細菌(バクテリア) 放線菌 糸状菌 藻類等がありますが 細菌の大きさは2-3μ 生体量は40-500kg/10a   1μ(ミクロン)=0.001mm。
1a=10m×10m=100平方メートル    10a≒31.64m×31.64m=1000平方メートル   畑1枚1反は991.74平方メートル 300坪

土壌微生物は、自ら相手の微生物の生育を阻害する物質を生産し、スペースを取りあったり、エサを奪い合ったりしながら拮抗します。一方、お互いに共存するものもあり、増減を繰り返すことで種類と個体数のバランスを保っています。これを土壌微生物の多様性といいます。多様性が失われ、バランスが崩れた土壌は、植物の病害や生育不良を招きます。多様性を保つことは、良好な生育環境をつくる上で大切なことだそうです(出典 YANMAR 土壌微生物の世界)

土壌微生物からは薬が創られます。例えば 「プログラフ」という免疫抑制剤は 筑波山の土壌に棲む放線菌の代謝物から創られました。アステラス製薬(2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して誕生)は 1984年、持ち帰った筑波山の土壌サンプルから、プログラフの薬効成分であるタクロリムス(FK506)生産菌が発見されました。臓器移植や免疫疾患の際に使用されている免疫抑制剤のプログラフ(タクロリムス)ですが、これは筑波山の土壌微生物(ストレプトマイセス・ツクバエンシス)から分離されたものなのです(出典 アステラス製薬)

伊豆大島で見つかった atagosis PS14T akappagea PS24T の活躍の場を期待したいものです。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.01・Fri

初見 アサギマダラ

P5011864_convert_20200501160907.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’05.01・Fri

庚申塔

しばらく前(昭和60年代)に「島の史跡」という冊子を大島史跡めぐりの集いの世話役さんたちが島内実地踏査をして執筆・冊子の写真を発行されました。だいぶ年数もたち史跡をカラーで取り直して「大島の史跡」補訂版を今年になって再販、その編集を任されて担当しました。

そのご縁からか、知り合いが「庚申塚」について教えて欲しいと頼まれてしまいました。何とか調べてまとめて一枚の資料にしました。
庚申信仰に熱心な土地柄ではないと思われますが、聞けば今のコロナが早く収まってほしい、そういう願いからのことでした。
作ってくれた資料を掲示したから、という連絡をもらったので現地に行ってみてきました。

大島元町の金光寺から岡田方面へ左折したすぐ山側にこの史跡はあります。
P1010384.jpg

「庚申塔」は人間の体内に住む虫が人間の悪いところを神様に言いつけるために体の外に出て天に向かうときに青面金剛がその虫を退治する、そういういわれのもので、災いを防ぐということで、その土地の境界の場所に祀られたもののようです。
疫病は沢沿いに下ってくると言われ、当時の沢にあった場所、元町と岡田との集落の境界がこの辺りにあったということでしょう、にわか勉強です。 (藤井工房記)
P1010385.jpg
P1010386.jpg
P1010387.jpg
P1010388.jpg
P1010390.jpg

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.30・Thu

コロナウイルス考 2

IMG_20200430_0009_convert_20200430190710.jpg
出典 朝日新聞 2020/04/29
IMG_20200430_0001_convert_20200430190507.jpg
新型コロナウイルス SARS-CoV-2 のゲノム分⼦疫学調査 出典 国立感染症研究所
疫学調査

SN00001_convert_20200430190606.png

M.Sさんの作品
IMG_20200501_0001_convert_20200501100703.jpg

IMG_20200430_0002_convert_20200430191242.jpg

IMG_20200430_0003_convert_20200430191313.jpg

IMG_20200430_0004_convert_20200430191359.jpg

IMG_20200430_0005_convert_20200430191439.jpg

IMG_20200430_0006_convert_20200430191515.jpg

IMG_20200430_0007_convert_20200430191549.jpg

IMG_20200430_0008_convert_20200430191612.jpg
(チョモ)


Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.25・Sat

割れ目火口 「小穴」

P4251842_convert_20200425160014.jpg

P4251843_convert_20200425160050.jpg

P4251844_convert_20200425160116.jpg

P4251845_convert_20200425160429.jpg
キョンに食べられずに... 「シュスラン」
P4251860_convert_20200425160842.jpg

P4251848_convert_20200425164606.jpg

P4251847_convert_20200425160912.jpg

P4251849_convert_20200425160958.jpg

P4251850_convert_20200425161206.jpg
台風15号(2019/09/09)の....
P4251851_convert_20200425162132.jpg

P4251853_convert_20200425162335.jpg
559年前の割れ目噴火の一部 「小穴」火口
P4251857_convert_20200425162411.jpg

P4251858_convert_20200425163644.jpg
シュスラン
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.23・Thu

エビネを探しに.......

P4211834_convert_20200423074841.jpg

P4211835_convert_20200423074939.jpg

P4211836_convert_20200423075018.jpg

P4211837_convert_20200423075059.jpg

P4211838_convert_20200423075125.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2020’04.18・Sat

コロナウイルス考

出典 前半は元町の友人M.Sさん作 後半は国立感染症研究所 その他より
IMG_20200418_0001_convert_20200418110649.jpg
IMG_20200418_0002_convert_20200418110716.jpg
IMG_20200418_0003_convert_20200418110752.jpg
IMG_20200418_0004_convert_20200418110830.jpg
IMG_20200419_0001_convert_20200419115823.jpg
IMG_20200421_0001.jpg
IMG_20200421_0002_convert_20200421092042.jpg
IMG_20200422_0001_convert_20200422114116.jpg
IMG_20200424_0004_convert_20200424152521.jpg


3月末に予約していた受診をキャンセル、とてもじゃないが 恐ろしくて上京できない。派遣先に毎日出社する東京にいる娘のことが 気がかり。娘のIgG抗体が陽性であってくれればと願う。
冬季に流行のピークをむかえヒトにうつる風邪のウイルスは4種類、ほかに動物由来が2種類、キクガシラコウモリによる 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス SARS-CoV と ヒトコブラクダ由来の中東呼吸器症候群コロナウイルス MERS-CoV。
加えて 2019/12月に武漢で発生し現在世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス SARS-CoV-2 (CoVはコロナウイルスの意、Coはcorona ←王冠のcrown, Vはラテン語ウィールスviresのV、英語でヴァイラス) 
模式図のSタンパク質はスパイクタンパク質 宿主の細胞膜を利用して作られるエンベローブはウイルスがヒトの細胞膜を引きちぎって出てくるときに脂質二重膜をまといます。 スパイクタンパク質の配列情報は98%SARSのものと一致していたものの僅かな変異で耐性を獲得しています。進化のスピードが比べ物もないほどに早く変異が多く起きる。研究者はSARSの抗ウイルス薬が、コロナウイルスにも有効だと考えましたが実際に実験を行ってみると、SARSの抗ウイルス薬は新コロナウイルスには全く効きません。SARSのスパイクよりも ヒト細胞に対して10〜20倍の高い親和性(結合しやすさ)を持っていることが分かったのです。ヒト細胞は異質だと感ぜず違和感なくウイルスを自分の一部だと認識して内部に取り込み結合してしまう。容易に感染がおこります。ウイルスの弱点は単独では増殖できない 一人では生きられないということ。 エンベローブが失われれば感染能を失いますから、石鹸やエタノールで容易に不活化させ、コロナウイルスを殺すことができます。宿主に大きなダメージを与えすぎると自らの生存が危ぶまれます。そこで咳やくしゃみで脱出して また別の宿主を探すことになります(自走性はなく飛沫感染) 熱に弱く肺の中は高温、胃の中は塩酸で快適ではありませんが肺に容易にはいりこんでしまいます。鼻と喉の粘膜が涼しく適温でウイルスにとって快適のようです。熱と乾燥が嫌いです。史上最大のパンデミックは1918~1921年のスペイン風邪 死者は5,000万人(日本45万人)ともいわれます。ウイルスの毒性が弱まって終息したそうです。もっとも強毒性・弱毒性は ヒトの側が強く反応するか 弱く反応するかの違いのようです。遭遇したことのないヒトは過剰反応してしまうそうです。
今生存する生物の共通祖先は38億年前に遡ります。ウイルスと生物が30億年以上もの間 互いに影響しあいながら共存してきました。30億年間ずーっと生物とウイルスは攻防を繰り返し ともに進化してきました。ウイルスは進化の伴走者でもあります。例えば 1億6000万年前に哺乳類の祖先にウイルスが感染しPEG10遺伝子を持ち込んだ そのおかげで胎盤ができて生存率が大幅に高まった(東京医科歯科大学 石野 史敏教授) ウイルスに負けるようなヒトはこの世に生きていません。またヒトを全て殺すようなウイルスもいません。ヒトはそんなにヤワではありません。 宿主であるヒトを殺せばウイルスも子孫を残せない。ほどほどのところで折り合いをつけてきた と考えます。
M.Sさんの「生物いきる天の啓示か」について 最後に一言 自然調和・予定調和で神は「長生きしすぎているヒト」を淘汰しようとしている は考えすぎでしょうか。 04/27日(月)受診予約 上京できるかどうかが身近な心配ごとです。島嶼9島は今のところ罹患者ゼロ。保健所は大島 三宅島 八丈島にあるがPCR検査はできません 東京都島嶼保健所は あと小笠原にあります。

SN00073[1]
出典 朝日新聞 2020/04/24
IMG_20200424_0002.jpg

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

 |TOPBack