fc2ブログ
  • « 2024·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2024’04.13・Sat

龍ノ口遺跡 イタの沢の溶岩流

縄文早期(8000年前)以前  縄文草創期 後期旧石器時代に 大島 伊豆諸島にヒトは住んでいたか???
P4130320_convert_20240413131515.jpg

P4130323_convert_20240413131549.jpg
火山 伊豆大島スケッチのL1 L2 LはLava(溶岩)の頭文字
P4130329_convert_20240413131618.jpg
S2(差木地層2) 山頂の陥没カルデラができる直前に山腹斜面を流れた岩なだれの地層です おおよそ1750年前
出典 火山 伊豆大島スケッチ 田澤 堅太郎 出版社 之潮
IMG_20240413_0002_convert_20240413140646.jpg

IMG_20240413_0001_convert_20240413140716.jpg
L1は中央がくぼんだV・U字形断面
P4130327_convert_20240413131640.jpg
L1 左側面
P4130333_convert_20240413131712.jpg

P4130332_convert_20240413131741.jpg
L1 右側面
P4130353_convert_20240413132427.jpg

P4130331_convert_20240413132841.jpg

P4130334_convert_20240413132910.jpg

P4130337_convert_20240413132932.jpg

P4130338_convert_20240413132952.jpg
L2  溶岩流の下に熱を受けた固い赤色の包含層
P4130340_convert_20240413134802.jpg
L2
P4130341_convert_20240413133118_202404131343229b2.jpg
巨大なL2 アア溶岩と赤い包含層
P4130342_convert_20240413133826.jpg

P4130344_convert_20240413133859.jpg

P4130345_convert_20240413133919.jpg

P4130322_convert_20240414100103.jpg

(チョモ)
スポンサーサイト



Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’04.10・Wed

赤沢左岸のキジョラン(鬼女蘭)

04/09日は「もくせい号遭難72回忌」 JAL労組の慰霊登山のガイドを予定していたが生憎の悪天候で全便欠航。10日日帰り慰霊になった。 久しぶりに海を渡る蝶 アサギマダラの食草 キジョランを観に馬道から赤沢に入った。昨日の嵐で桜は あっという間に散り 色褪せた。馬道のシュスランはキョンの食害で1株も観ることができなかった。馬道のシュスランは絶滅。。。。

馬道 一気に散った桜花
P4100318_convert_20240410184118.jpg
(馬道のシュスラン) 1株もありません。
DSC_0034.jpg

DSC_0404.jpg

DSC_00181 - コピー

DSC_2316.jpg

dsc_24651.jpg

P9053921_convert_20210905202811_202404102043335e8.jpg
赤沢左岸 上流が「赤だれ」  オオバヤシャブシの群落です。
P4100313_convert_20240410192809.jpg
キジョラン
P4100307_convert_20240410192917.jpg

P4100309_convert_20240410193034.jpg

P4100298_convert_20240410192942.jpg

P4100305_convert_20240410193008.jpg
(アサギマダラ)
アサギマダラ
安永噴火(1777-1792年)の3本流れた安永溶岩の一つ 3本とも1778年に流れました。山頂火口→赤だれ→赤沢→地層大切断面上部 (古文書 大嶋山火記 安永六酉年)  キジョラン群落の隣に露出しています。
P4100294_convert_20240410195131.jpg

P4100295_convert_20240410195159.jpg

キジョラン

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’04.07・Sun

三原山とオオシマザクラ

谷口・チョモの画像以外の撮影者は  設楽 拓人さん 2024/04/06 オリンパスOM1 レンズ MZ12-100
割れ目噴火 B3火口  出ている水蒸気は無臭・無毒
IMG_3764_convert_20240407101022.jpg

IMG_3753_convert_20240407100033.jpg
B2火口 2012/03/20  氷柱が見えます チョモ撮影)
P2192942.jpg
剣ヶ峰から望む三原山山頂
IMG_3763_convert_20240407100140.jpg
左のピークが山頂 758m
IMG_3760_convert_20240407100120.jpg
山頂A火口  火口底まで261m
IMG_3765_convert_20240407100055.jpg
利島
IMG_3754.jpg
淡い緑の斜面に生えているのがオオバヤシャブシ 安永噴火の翌年 1778年に流れた溶岩斜面です。地層大切断面の上部まで流れ 溶岩の流れは海まで達しませんでした。
IMG_3768_convert_20240407103055.jpg
赤だれ 1778年に流れたアア溶岩です。
IMG_3762_convert_20240407101748.jpg
(下から観た 12年前の「赤だれ」 2012/03/20  チョモ撮影)
ABC_3002 - コピー
(左岸のインゼルも浸食で 今はすっかり痩せてしまいました ドローン撮影 2020/08 谷口 芳久)
20200831SS00003 - コピー
(右岸壁 2012年 チョモ撮影)
29赤だれ
(2012年 チョモ撮影)
ABC_3005_convert_20120320215118_202404101409104aa.jpg

大島のフラダンスチームの皆さん
IMG_3757_convert_20240407101930.jpg
オオシマザクラ
IMG_3755_convert_20240407101953.jpg

IMG_3767_convert_20240407102034.jpg


ドローン撮影 谷口 芳久さん
20240407ScreenShot00001_convert_20240407134126_202404071343090f9.png

20240407ScreenShot00002_convert_20240407134151_20240407134307682.png

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’04.04・Thu

オオシマザクラ開花状況

三原山山麓は 04/07~10日が見頃  里は04/04~08日が見頃です。
カッパの橋から 撮影日時2024/04/04/15:46
P4040290_convert_20240404164813.jpg

P4040291_convert_20240404164843.jpg

P4040285_convert_20240404164924.jpg
火葬場のサクラ
P4040286_convert_20240404164944.jpg

04/01日に島の友 Iが急逝。今日 火葬場で お別れした。25年前に島に移住直後からの無頼の友。薩摩っぽ。さまざまの こと思い出す 桜かな(芭蕉)
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’04.01・Mon

トーシキ園地のドローンと波浮の桃源郷

三原山山麓のオオシマザクラの見頃は 04/06~07日頃です。島が真っ白に染まります。お出かけください。

波浮の桃源郷

P3310257_convert_20240401171536.jpg

P3310255_convert_20240401171602.jpg

P3310256_convert_20240401171627.jpg

P3310254_convert_20240401171646.jpg

P3310253_convert_20240401171709.jpg

波浮港入り口のトーシキ園地 ドローンを飛ばしに来ませんか。
P4010258_convert_20240401172933.jpg
PCとドローンのチョモの師 谷口芳久さん
P4010267_convert_20240401173745_20240401174320c8c.jpg

P4010280_convert_20240401173812_202404011743185b8.jpg

P4010279_convert_20240401173840_20240401174315f0c.jpg

P4010278_convert_20240401173907_20240401174313f78.jpg

P4010271_convert_20240401173931_20240401174310d44.jpg

P4010283_convert_20240401174938.jpg

出典 谷口芳久さん





Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’03.21・Thu

日和田山ハイク

03/20日 娘とハイキング
武蔵横手駅ー五常の滝ー北向地蔵尊ー物見山ー日和田山ー高麗郷古民家ー高麗神社ー高麗山聖天院ー石器時代住居跡ー高麗駅

出典 楽しい地層図鑑 小白井亮一
IMG_20240402_0001_convert_20240402110800.jpg

P3200170_convert_20240321150406.jpg

P3200172_convert_20240321150438.jpg

P3200175_convert_20240321150546.jpg

P3200177_convert_20240321150612.jpg

P3200176_convert_20240321150639.jpg

P3200178_convert_20240321150705.jpg
出典 高麗郷古民家
P3200219_convert_20240321151213.jpg

P3200179_convert_20240321151252.jpg

P3200180_convert_20240321151344.jpg

P3200181_convert_20240321151411.jpg

P3200182_convert_20240321151440.jpg

P3200183_convert_20240321151505.jpg

P3200184_convert_20240321152411.jpg

P3200187_convert_20240321152445.jpg
金刀比羅神社 二酸化ケイ素の殻をもつ放散虫と呼ばれるプランクトンの遺骸が遠洋の海底で降り積もって岩石となった「チャート」の岩畳 ほとんど二酸化ケイ素の石英からなる生物岩です。とても固く古くから火打石として使われてきました。チャート自体が堆積した時代は古生代ベルム紀から中生代ジュラ紀の前期 およそ3億年~1億8000年前までの間 日本列島の土台となる地層に付加された時代は中世代ジュラ紀の前期から中期 およそ1億8000年~1億7000万年前(楽しい地層図鑑)
P3200189_convert_20240321152515.jpg
高麗川の巾着田
P3200190_convert_20240321152553.jpg

P3200191_convert_20240321152629.jpg

P3200193_convert_20240321152659.jpg

P3200194_convert_20240321153632.jpg

P3200195_convert_20240321153706.jpg

P3200196_convert_20240321153737.jpg

P3200222_convert_20240321153824.jpg
イヌマキ
P3200223_convert_20240321153853.jpg

P3200198_convert_20240321153926.jpg

P3200200_convert_20240321154628.jpg

P3200218_convert_20240321154844.jpg

P3200201_convert_20240321154728.jpg

P3200202_convert_20240321154943.jpg

P3200203_convert_20240321155016.jpg

P3200204_convert_20240321155045.jpg

IMG_20240321_0001_0001_convert_20240321161213.jpg

IMG_20240321_0004_convert_20240321161239.jpg

IMG_20240321_0003_convert_20240321161259.jpg

P3200205_convert_20240321161745.jpg

P3200206_convert_20240321161828.jpg

P3200207_convert_20240321161904.jpg
床の間が並んで二つ
P3200208_convert_20240321161935.jpg
手の込んだ 欄間
P3200209_convert_20240321162005.jpg

P3200210_convert_20240321162038.jpg

P3200212_convert_20240321163116.jpg

P3200216_convert_20240321163148.jpg

P3200217_convert_20240321163209.jpg

高麗神社
P3200224_convert_20240321163246.jpg

P3200225_convert_20240321163323.jpg

P3200226_convert_20240321163348.jpg
蝋梅
P3200227_convert_20240321163423.jpg

P3200228_convert_20240321164042.jpg

P3200229_convert_20240321164115.jpg

P3200239_convert_20240321164347.jpg

P3200232_convert_20240321164429.jpg

P3200233_convert_20240321165127.jpg

P3200235_convert_20240322121101.jpg

P3200234_convert_20240321165200.jpg
高麗王墓所
P3200237_convert_20240321165302.jpg

P3200238_convert_20240321165336.jpg

P3200242_convert_20240321165407.jpg

P3200247_convert_20240321165807.jpg

P3200245_convert_20240321165838.jpg

P3200249_convert_20240321165909.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’03.21・Thu

17日~20日

03/17日 お茶の水 「おしんドローンスクールの仲間」
P3170123_convert_20240321111944.jpg

P3170124_convert_20240321112008.jpg

P3170130_convert_20240321112028.jpg

03/18日 浅草 東上野 「職場の仲間」 40数年ぶりの再会
P3180132_convert_20240321112809.jpg

P3180134_convert_20240321112833.jpg

P3180136_convert_20240321112858.jpg

P3180137_convert_20240321112918.jpg

P3180138_convert_20240321112958.jpg

P3180139_convert_20240321113032.jpg

P3180140_convert_20240321113528.jpg
上野駅
P3180154_convert_20240321113656.jpg

P3180152_convert_20240321113723.jpg
大学新卒入社の皆さんです。齢は70歳前後 チョモは40数年ぶりの再会です。
P3180146_convert_20240321113754.jpg
酔うほどにむかしの面影が思いおこされます。組織の枠をはみ出す勇気がなかったチョモは先輩として忸怩たる思いがいたします。養成所長として未熟でした。 一番左のSさんは チョモが仲人。私の長女の名前を憶えていてくれたのにはビックリ。左から3番目が教官をしていたMさん。
P3180143_convert_20240321113818.jpg

P3180142_convert_20240321113850.jpg
幹事で東松島市に住むTさんは今年71歳を迎えます(左) 真ん中のBさんは福岡から駆けつけてくれました。右のTさんは昔から美男子 女性社員の憧れの的でした。いささか先輩のチョモは 失敗は三つ 酒とカネと女で失敗する と恥かしながら 皆さんに訓を垂れていました。金は借りるな 貸すな さしあげろ  保証人になるな。。。。
P3180144_convert_20240321114551.jpg
当時 教官のMさんは東上野で定年後 骨董屋を開いて17年。
P3180147_convert_20240321114629.jpg

P3180150_convert_20240321114701.jpg

03/19日 銀座 新橋西口通り  「山岳会の仲間」 2023年の暮れから今年にかけて山の仲間4名が次々と身罷った。
P3190157_convert_20240321132727.jpg
ご冥福をお祈り申し上げます。  谷川岳 一ノ倉出会い
IMG_20240325_0001_convert_20240325093630.jpg
バルトロ氷河 コンコルディアから 背景は「K2」 8611m
IMG_20240325_0002_convert_20240325093703.jpg


P3190156_convert_20240321132749.jpg
齢は 86~90歳  赤帽がチョモ 港でガイドするお客さんお出迎への目印。
雪稜偲ぶ会007_R

P3190160_convert_20240321132858.jpg
前列左が同期の 浜ちゃん 元気でまた会いましょう。Berg Heil ! 山屋万歳
P3190159_convert_20240321133040.jpg
同期生 浜野 高林 吉川 内堀 岡山の佐々木は欠席 真昼間 から 新橋西口通り で熱燗をいただきます。
P3190167_convert_20240321133138.jpg

P3190163_convert_20240321134524.jpg

P3190165_convert_20240321134831.jpg
料理がメチャ美味しくて 安い店。
P3190161_convert_20240321134624.jpg
功ちゃん
P3190164_convert_20240321134655.jpg
嶺郎ちゃん
P3190162_convert_20240321134729.jpg

夜船で大島に帰ろうとしたら 明日20日はお休みだから お父さんと山に行こうと娘からのメール。天気が悪いので午前中ハイキングに付き合うことになったが強風と小雨の中 終日 娘とほっつき歩いた。至福のひと時でした。
(チョモ)







Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’03.14・Thu

木村五郎・農民美術(あんこ人形)資料館たより 26号 2024年春

IMG_20240314_0001_convert_20240314130819.jpg

IMG_20240314_0002_convert_20240314130156.jpg

IMG_20240314_0003_convert_20240314130230.jpg

IMG_20240314_0004_convert_20240314130255.jpg

伊豆大島文化情報館・藤井工房

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’03.11・Mon

島暮らしの愉しみ と 回想


元町の源泉かけ流し♨「浜ノ湯」 波浮の入り口から片道14km でっかくて開放感のある露天風呂 入浴料は半額の150円(住民シニア割引 ) 元町周辺にお住まいの方は「年間パスポート」で さらに お得。 富士山 大室山 天城山   利島 新島 神津島が一望できます。

P2280105_convert_20240311180602.jpg

出典 東海汽船
20240314ScreenShot00001_convert_20240314081535.png

左の椿が 坂上町長 中央の牛乳煎餅が 居合わせ入浴中の北海道からのお客さん 右の魚が 中村議会議長  出典 東海汽船
20240314ScreenShot00002.png

大昔の噴火口跡にある畑を400坪借りています。今日 レモンを獲り アシタバ・菜の花を摘んできました。
008_convert_20150317124615_convert_20240311180623.jpg

P3110120_convert_20240311180645.jpg

P3110119_convert_20240311182639.jpg

藤沢に住んでいたK.K君が01/14日に身罷った。彼とは 同年入社で神鍋や伊吹によくスキーに行った。定年後は白馬・北海道の会社の山荘を利用して 何人かで滑ったが 相変わらず カミさんの方がスキーは上手だった。彼は関西学院大学の謡曲部のキャプテンで チョモが出向したビル管理会社の謡曲部の指導者でもありました。週休2日制のころ土曜日の午後からが謡の稽古 4~5回習ったが 長続きせず 麻雀の方に流れ いつも大負けしていたチョモです。。。。。社員クラブ・山荘・清遊苑・アクトレスで提供されるビールはサントリーのみ ほかの銘柄はありませんでした。K君チョモの勤務先の会長の娘さんが鳥井家に嫁いでいたからです。総務部・秘書部の今でいう忖度。刷り込みでしょうか チョモはいまでもサントリーです。ひねもす朝から飲んでいるチョモです。
島暮らしは楽しいです。島に移住しませんか。相談にのりますよ。

P3140122_convert_20240314110441.jpg

カントリーライフ
カントリーライフ2
カントリーライフ3
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’02.16・Fri

再会 4年ぶりの初滑り

4年ぶりに市村 政美師の「冬龍門」をくぐった。スキー仲間と久しぶりの再会 至福の世界です。
P2150022_convert_20240216090801.jpg
何処のスキー場も雪が少なく 3月の「大人のスキースクール」は開催が危ぶまれます。
P2150023_convert_20240216090832.jpg
丸沼高原スキー場・尾瀬岩鞍スキー場よりも歴史が古いスキー場です。
P2132177_convert_20240216090853.jpg

P2132178_convert_20240216090912.jpg

P2142192_convert_20240216091048.jpg
スキーは楽しく安全な生涯スポーツ 右から2番目が86歳のチョモです。出典 冬龍門
26993642484a7b74e08a8cbea79dbd4d.jpg

背後の白い雪山が尾瀬 至仏山
P2142193_convert_20240216091121.jpg
地元の指導者による小学生低学年のナイター特訓
P2140005_convert_20240216093632.jpg

P2140002_convert_20240216093708.jpg

P2140008_convert_20240216093742.jpg
それは それは楽しい ノミニュケーション
P2140012_convert_20240216093821.jpg

師 ご夫妻
P2132185_convert_20240216093847.jpg

P2132189_convert_20240216093917.jpg

P2132179_convert_20240216094632.jpg

P2140015_convert_20240216094707.jpg

P2140020_convert_20240216094752.jpg

P2140019_convert_20240216094820.jpg

P2132182_convert_20240216094845.jpg
ヴィンテージ ワインのコレクター 佐藤 暁さん いつも ご馳走になっています。息子さんは大学のスキー部出身で 市村師のお弟子さん。親子 孫三代にわたって師事するメンバーもいます。
P2132190_convert_20240216094923.jpg
16日朝06:00に大島に戻りました。
P2160024_convert_20240216100248.jpg
4年ぶりの初滑りです。以下のURLを コピーして U-TUBEの検索欄に貼り付けてください。  https://youtu.be/mKuAzXRSWkg



冬龍門>
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’02.04・Sun

ハナワラビのメッカ 伊豆大島

 02/02~02/04 日本シダの会の岡さん 城戸さんが「ミドリハナワラビ」を探しに来島 環境省・大島自然愛好会の関係者が ご指導をいただきました。①ミドリハナワラビは伊豆大島の固有種  絶滅?  ②大島の ほとんどのハナワラビの命名者が東邦大学薬学部 元教授の佐橋紀男さん ③伊豆大島はハナワラビ類の日本の最重要ホットスポット 日本シダの会 副会長 岡 武利さん

生物ー細胞性ー真核生物ー植物
植物(界)ー種子をつくらない植物(胞子で増える植物)ーシダ植物(門)ーハナヤスリ(綱)ー(目)ーハナヤスリ(科)ーハナワラビ(属)-ミドリハナワラビ(種)

大島自然愛好会 創立者 吉田三喜男 「伊豆大島植物目録」 1993/08 ハナワラビ科→ハナヤスリ科
P2032165_convert_20240204235257.jpg

フユノハナワラビ  オオシマカンスゲに支えられて繊細で かよわい........
P2032201_convert_20240205000510.jpg 

P2032199_convert_20240205002620.jpg

P2032198_convert_20240206100042.jpg
かよわくない 難しい。
P2032176_convert_20240206100105.jpg
アイイズハナワラビ  フユノハナワラビとシチトウハナワラビの雑種
P2032203_convert_20240205001532.jpg
アンコハナワラビ  シチトウハナワラビとアカハナワラビの雑種  キョンの食害からネットで守りました。
P2032206_convert_20240205193202.jpg
アンコハナワラビの栄養葉
P2032205_convert_20240205001605.jpg
アンコハナワラビの胞子嚢穂 胞子の形が異常 ?
P2032204_convert_20240205001632.jpg
ゴジンカハナワラビ
P2032171_convert_20240206084946.jpg

P2032174_convert_20240206085044.jpg
モトマチハナワラビ
P2032172_convert_20240206085606.jpg

P2032181_convert_20240206085634.jpg
オオハナワラビ
P2032194_convert_20240206091735.jpg

P2032178_convert_20240206091812.jpg

P2032195_convert_20240206091849.jpg

P2032196_convert_20240206092049.jpg
左オオハナワラビ 右シチトウハナワラビ
P2032170_convert_20240206092125.jpg
シチトウハナワラビ
P2032177_convert_20240206092948.jpg

P2032180_convert_20240206093019.jpg
ああ 難しい。
P2032192_convert_20240206093054.jpg

P2032168_convert_20240206093129.jpg
オオハナワラビとモトマチハナワラビの中間型
P2032193_convert_20240206093752.jpg

P2032185_convert_20240206093826.jpg
ミドリシチトウハナワラビ  ミドリハナワラビとシチトウハナワラビの雑種 ネットで保護しました。
P2032188_convert_20240206094146.jpg

P2032186_convert_20240206094620.jpg


アカハナワラビ 伊豆諸島VU  絶滅危惧Ⅱ類 出典 日本シダの会 岡 武利
20240206ScreenShot00001_convert_20240206141720.png
ミドリハナワラビ 伊豆諸島CR 絶滅危惧1A類   環境省VU  絶滅危惧Ⅱ類 伊豆大島固有種 感激  出典 日本シダの会 岡 武利
20240206ScreenShot00003_convert_20240206144249.png

ミドリハナワラビ アカハナワラビを観た方は ご一報ください。小川(2-2510) 佐々木(2-1311) 成瀬(4-0877) 内堀(4-0279)

写真での同定は困難につき 葉裏のソーラス・胞子嚢穂の写真を添えるとよい とアドバイスをいただきました。

シダの同定には胞子の付き方が重要なポイントになります。葉裏の胞子嚢群(ソーラスといいます)の写真がありますと、さらに正確な同定ができると思います。ハナワラビ類はご存知の通り、栄養葉とは別に胞子嚢穂をたてますので、胞子嚢穂があれば一緒に撮った写真も1枚あるとよいでしょう。雑種かどうかは写真では判断が難しく、葉の形質などが推定両親種の 中間かその範囲内であることを目安に野外で見当をつけ、実際に顕微鏡 で胞子を調べて、胞子がそろったよい形をしているかどうか、あるいは 大小バラバラでいびつなものや変形したものが多くみられるかどうかと いうことで正常な種か雑種かの判断をしています(岡)

以前 ミドリハナワラビ、アカハナワラビがみられたところで、3年前にはミドリハナワラビとアカハナワラビの雑種であるアカミドリハナワラビもあったので、ある程度期待はしていたのですが残念ながらミドリハナワラビもアカハナワラビも見ることができませんでした。
これからも必ずあるはずと信じて、可能な限り大島に行きたいと考えています(岡)

3日間ご苦労様でした。今度 お会いした時は ハナワラビの1/2は同定できるようにフィールドワークを重ねます。懲りずに 先生 また大島にお出かけください。鶴首してお待ちいたします(大島自然愛好会)

追記 02/21
P2210038_convert_20240302085519.jpg

P2210035_convert_20240302085556.jpg
葉柄に毛が認められないということは、オオハナワラビ、シチトウハナワラビおよびその系統の雑種は除外でき 第一候補はアカハナワラビ、第二はアカフユノハナワラビ、第三はミドリハナワラビの紅変型というところでしょうか。暖かくなって、紅変した葉が緑に戻れば判断できると思います(岡)

ハナワラビ
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’01.29・Mon

神代植物公園植物多様性センター

植物多様性保全に関する情報連絡会(島嶼部) 2024/01/28 10:00~16:00

P1282167_convert_20240129090446.jpg

P1282168_convert_20240129090510.jpg

IMG_20240126_0001_convert_20240129090532.jpg

P1282169_convert_20240129090600.jpg

10:00~12:00 イソギクの会  各島からのトピックス
大島の緊急課題 ①崩壊斜面5か所の外来ヨシススキの除去 ②二子山の希少種保護のためのネット設置

植生の作成にむけて→植物誌の作成にむけて

P1282209_convert_20240129090705.jpg
森林総研 Ph.D 設楽 拓人さん
P1282197_convert_20240129092926.jpg

P1282172_convert_20240129092949.jpg

P1282198_convert_20240129093019.jpg

P1282173_convert_20240129093039.jpg

新島のサルビア・リラータ(Salvia lyrata) 外来種 種が持ち込まれた?
シソ科アキギリ属の植物の一種。アメリカ合衆国東部、コネチカット州から西はカンザス州、南はフロリダ州とテキサス州までに範囲に生息する多年草。
20240130ScreenShot00001.png

IMG_20240131_0001_convert_20240131195818.jpg
出典 宮崎 卓
20240207ScreenShot00002_convert_20240207195212.png
出典 宮崎卓
20240207ScreenShot00001_convert_20240207195236.png

IMG_20240129_0002_convert_20240129113734.jpg

植物多様性センター長 田中 利彦さん
P1282179_convert_20240130002523.jpg

植物多様性センター副センター長 日比 也貴さん
P1282180_convert_20240129094803.jpg
内部資料は掲載いたしません。
P1282182_convert_20240129094834.jpg

東京都環境局自然環境部計画課 統括課長代理 内山 香さん
IMG_20240129_0004_convert_20240129100917.jpg
バイオーム(biome)は植物、動物、土壌生物の群集の類型を束ねる大分類である。植物群系。
バイオーム
東京生き物調査団
IMG_20240129_0006_convert_20240129101000.jpg

IMG_20240129_0005_-_コピー_convert_20240129101018
以下各島からの報告 筑波大学大学院生命環境科学研究科 上条 隆志さん

伊豆大島火山博物館→伊豆大島ミュージアム ジオテラス (相模原市在住の内河 裕信さん命名)
P1282192_convert_20240129104303.jpg

ヒメイタチシダ https://mikawanoyasou.org/sida/himeitatisida.htm 出典 三河の植物観察  
ミドリハナワラビhttps://watanolab.weebly.com/1251112489125221249512490125271252112499.html 出典 千葉大学 綿野研究室

(2024/02/02~02/04日 島内をくまなく探索したがミドリハナワラビは見つからなかった  出典 日本シダの会 副会長 岡 武利)
20240209ScreenShot00001_convert_20240209070923.png

P1282193_convert_20240129104326.jpg

P1282194_convert_20240129104347.jpg

P1282195_convert_20240129104409.jpg

P1282196_convert_20240129104433.jpg
右から 石田 石橋さん おめでとうございます。
20240129ScreenShot00002.png

20240129ScreenShot00001_convert_20240129223906.png

P1282199_convert_20240129104455.jpg

P1282200_convert_20240129105353.jpg

P1282201_convert_20240129105414.jpg

P1282202_convert_20240129105433.jpg
今年は八丈小島に行くぞ。
P1282203_convert_20240129105652.jpg

P1282214_convert_20240129105518.jpg

P1282215_convert_20240129105539.jpg
荒井さんにお会いしたかったです。
P1282204_convert_20240129110118.jpg
植物・動物を包含 ユニークな保護条例
P1282205_convert_20240129110139.jpg

P1282206_convert_20240129110200.jpg

P1282213_convert_20240130005247_20240130005651ce2.jpg

P1282216_convert_20240130005309_20240130005648426.jpg

P1282217_convert_20240130005327_202401300056462dd.jpg

P1282207_convert_20240129110218.jpg

P1282208_convert_20240129110239.jpg
本土部RDB 紀伊国屋書店 5156円  島嶼部RDB準備中
IMG_20240129_0003_convert_20240129110856.jpg

IMG_20240129_0001_convert_20240129110922.jpg

P1282218_convert_20240129110942.jpg
モチベーションが高揚した会議でした。(第3部 三鷹駅近くで希望者ノミニュケーション)

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(1) TOP

2024’01.22・Mon

神津島の鯨

神津島 天上山ガイドの前田 正代さん( 090-5308-6642 )からの情報です。最近、伊豆諸島周辺にクジラが時々見られるようです 1月19日神津島の陸地から観た「セミクジラ」です。

EC19.jpg

EC49.jpg

EC5A.jpg

EC8A.jpg

ECB9.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(1) TOP

2024’01.21・Sun

火山島の恵

自然薯2.5kg
P1212162_convert_20240121082316.jpg

P1232163_convert_20240123122101.jpg

和泉さんから手打ちそばをいただきました。 チョモの三原山ガイドの第1号客。島好きが昂じて いま奥さんと大島暮らし。自然薯は地元の村松さんから頂戴いたしました。

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’01.04・Thu

三宅島に鯨が....

三宅島に鯨が

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2024’01.01・Mon

2024年 甲辰元旦 伊豆大島

P1012152_convert_20240101145922.jpg
初日の出 波浮入り口の トーシキ
P1012141_convert_20240101132749.jpg

P1012142_convert_20240101132806.jpg

P1012143_convert_20240101132824.jpg
1707/12/16日に噴火した宝永噴火の第1火口が大島からよく観えています。49日前に東海・東南海・南海 連動の宝永地震(M8.6)発生  マグニチュードが1増えると その地震エネルギーは ほぼ32倍増え 規模が10倍になると発生頻度が 約 4分の1になるそうです。
P1012150_convert_20240101132849.jpg

P1012151_convert_20240101132909.jpg

P1021643_convert_20240101133943.jpg

P1021641_convert_20240101134029.jpg

PC071609_convert_20240101134048.jpg

00000253_convert_20240101134009.jpg

孫が来るので大晦日は 爺 おお張り切り
PC302130_convert_20240101160642.jpg

PC302131_convert_20240101161352.jpg
大晦日
PC312140_convert_20240101160617.jpg

PC302134_convert_20240101160712.jpg

PC302138_convert_20240101161428.jpg
おろし餅
P1012152_convert_20240103183216.jpg
孫のために奮発
PC312139_convert_20240101161501.jpg
60年間 神亀を愛飲し続けています。
PC302137_convert_20240101161730.jpg
チョモ

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’12.26・Tue

大島ブギの歌詞カード

11月28日に「大島ブギ」の記事を載せましたが、全編の歌詞カードがありました、随分あっさりとしたものだと思ってみましたが、納得しました。(文責は藤井工房)
大島ブギ

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’12.15・Fri

「みずほF/G」と「八丈島」

IMG_20231215_0001_convert_20231215172911.jpg
出典 朝日新聞 2023/12/16
https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20220830release_jp.html

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’12.06・Wed

伊豆大島のハナワラビその後

出典 日本シダの会 会報Vol4,No42 2022/12/01 日本シダの会 副会長 岡 武利

IMG_20231206_0001_convert_20231206175741_20231206181002d9a.jpg

IMG_20231206_0002_convert_20231206175807_202312061809590a5.jpg
黒崎のハナワラビ類を保護するネットを関係者当局のご尽力で張っていただくことになりました。
i以下写真の出典は岡 武利先生
アカハナワラビ  アカネハナワラビ(アカとオオの雑種)
IMG_20231206_0003_convert_20231206175834_202312061809572e4.jpg

IMG_20231206_0004_convert_20231206175856_20231206180955a50.jpg

IMG_20231206_0005_convert_20231206175915_20231206180953670.jpg

IMG_20231206_0006_convert_20231206175939_2023120618095054d.jpg

IMG_20231206_0007_convert_20231206184158.jpg
シチトウとモトマチの中間型
IMG_20231206_0008_convert_20231206184219.jpg
アカネハナワラビ(オオハナとアカハナの雑種)の可能性のあるもの
IMG_20231206_0009_convert_20231206184239.jpg
(大島自然愛好会 小川 信正)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’12.04・Mon

三宅島 来たれ移住者

出典 日経新聞 11/28~11/29
IMG_20231204_0001_convert_20231204133508.jpg

IMG_20231204_0002_convert_20231204133552.jpg
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’11.28・Tue

73年ぶりに発見された笠置シヅ子の「大島ブギー」

私は伊豆大島を題材とした文人墨客の詩歌や紀行記・絵画などに興味があっていろいろ調べています、こんな珍品が発見されたとは驚きです、私が生まれる半年前に発売されたようです、どんな歌なんでしょう、大島の人たちも観光の方々も船の着く港などに集まって元気よく歌っていたのでしょうか。音源を聞いてみたいものです。(文責・藤井工房)

パソコン検索情報です
「ブギの女王」こと笠置シヅ子さん(1914〜1985年)がレコーディングしながらも、“幻の音源”とされていた「大島ブギー」のSP盤(1950年12月発売)がこのほど発見された。日本コロムビアが11月22日、明らかにするとともに、「大島ブギー」を収録した配信アルバム「笠置シヅ子完全盤」の配信を始めた。「大島ブギー」が世に出るのは73年ぶりとなる。
「大島ブギー」は伊豆大島を舞台にしたご当地ブギの1曲です。

「大島ブギー」  作詩は藤浦洸さん、作曲は服部良一さん、唄は笠置シヅ子さん

夢の大島 日本のハワイ
大島ブギー 踊りましょう
夢の大島 日本のハワイ
大島ブギー 踊りましょう

大島の海は 青い空は
夢のように 美しい
大島の人は みんな優しい
夢のように 素敵なの

夢の大島 日本のハワイ
大島ブギー 踊りましょう
夢の大島 日本のハワイ
大島ブギー 踊りましょう

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’11.23・Thu

野鳥観察会 講師 願法 真理美

24~25種(含む 鳴き声)の野鳥を観察 願法さんと望月さんが大島での鳥の第一人者 次回は12/16日開催予定

DSC_9522_convert_20231123132933.jpg

DSC_9503_convert_20231123132956.jpg

DSC_9505_convert_20231123133015.jpg

DSC_9511_convert_20231123133036.jpg

DSC_9501_convert_20231123133100.jpg

DSC_9512_convert_20231123133127.jpg

DSC_9500_convert_20231123133528.jpg

DSC_9513_convert_20231123133602.jpg

DSC_9518_convert_20231123133620.jpg

オオタカとコジュケイ
ハギマシコ
ミゾゴイ

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’11.08・Wed

きょうの三原

PB082099_convert_20231108171547.jpg

PB082100_convert_20231108171616.jpg

PB082101_convert_20231108171638.jpg

PB082103_convert_20231108171730.jpg

PB082106_convert_20231108171803.jpg

PB082105_convert_20231108171826.jpg

PB082108_convert_20231108172422.jpg

PB082111_convert_20231108172452.jpg
ススキが間もなく満開になります。
PB082109_convert_20231108172601.jpg

PB082110_convert_20231108172627.jpg

PB082112_convert_20231108172657.jpg
山頂に.....
PB082115_convert_20231108173237.jpg
 櫛形ですれ違った方ですねチョモにメールください。 63br9u@bma.biglobe.ne.jp
PB082113_convert_20231108172739.jpg

PB082114_convert_20231108173158.jpg

PB082116_convert_20231108173306.jpg

PB082118_convert_20231108173348.jpg

PB082104_convert_20231108173454.jpg
まもなく芒(ススキ)が満開です。仙石原の芒に勝るとも劣らない 見劣りしない 遜色のないススキの海原が続きます(テキサス街道)
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(2) TOP

2023’11.08・Wed

神津島のいま

神津島天上山ガイドの前田正代さん(090-5308-6642))からの鳥と花の近況です。
ウメバチソウ
B0B6.jpg
リンドウ
B0D8.jpg
アオサギ
B0A6.jpg
オオバン
B0F9_convert_20231108072223.jpg
ノスリ
B053_convert_20231108072322.jpg
ミサゴ
B063_convert_20231108072408.jpg
ミサゴ
B042.jpg
ホオジロ
B094_convert_20231108072431.jpg
ジョウビタキ
B109_convert_20231108072447.jpg
アサギマダラ
B0A5.jpg

アオサギとダイサギ

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’10.29・Sun

高水三山 常識が覆る突拍子もない登山装備に遭遇

娘とハイキングに行ったら 登山用具の常識が覆る突拍子もない光景を観てしまった。ビブラム底の特注サンダル履きのご一行とお会いした。トレックシューズの方がお一人とソックスを履いたサンダル履きの方がお一人 他は全員素足のサンダル歩行。一人として爪を痛めたり マニュキアが削れている人がいない。チョモ驚愕。昔 沢登りで草鞋や地下足袋をはいたチョモビックリ。後について観察したら 歩行が巧み 踵からの着地 足のおき方が素晴らしい 御一行様でした。 谷中ワラーチ ・ パラコードがキーワード。わらじ(草鞋)とワラーチは同義語ですね。
ワラーチ
Huarachesとは『走る民族』と言われるメキシコの山岳地帯に住む先住民族が履いているサンダルのことをワラーチと呼びます。クッションのないワラーチ(Huaraches)で険しい山岳を100km以上の距離を走ることもある彼らは、皆ケガ知らず!!元々、裸足だったアフリカの人達も、靴を履きだしてから膝や腰の故障をするようになったといいます。ワラーチを履くことで裸足に最も近いかたちになり、より自然な動きを取り戻すのだそうです。恥かしながらチョモはワラーチ・パラコードを知りませんでした。
PA292049_convert_20231029165820.jpg

PA292051_convert_20231029165839.jpg

PA292052_convert_20231029165900.jpg

PA292055_convert_20231029165944.jpg

PA292053_convert_20231029165920.jpg

PA292056_convert_20231029170005.jpg

PA292057_convert_20231029170525.jpg

PA292058_convert_20231029170547.jpg

PA292060_convert_20231029170607.jpg

PA292062_convert_20231029170627.jpg

PA292063_convert_20231029170659.jpg

PA292064_convert_20231029170719.jpg

PA292065_convert_20231029171152.jpg
大きな雀蜂の巣
PA292066_convert_20231029171212.jpg

PA292067_convert_20231029171232.jpg

PA292068_convert_20231029171251.jpg
常福寺
PA292069_convert_20231029171312.jpg

PA292070_convert_20231029171329.jpg

PA292071_convert_20231029172016.jpg

PA292072_convert_20231029172040.jpg
伊豆大島 三原山が758m
PA292073_convert_20231029172059.jpg

PA292074_convert_20231029172138.jpg

PA292075_convert_20231029172200.jpg

PA292076_convert_20231029172218.jpg

PA292077_convert_20231029173034.jpg

PA292079_convert_20231029173053.jpg

PA292080_convert_20231029173116.jpg

PA292081_convert_20231029173142.jpg
素足歩行サンダル履きの一団に遭遇。驚愕。体が のぞけった。
PA292082_convert_20231029173232.jpg
底は「ビブラム」貼り 鼻緒は落下傘の紐
PA292083_convert_20231029174118.jpg

PA292085_convert_20231029174138.jpg

PA292086_convert_20231029174156.jpg

PA292087_convert_20231029174219.jpg

PA292088_convert_20231029174242.jpg

PA292089_convert_20231029174301.jpg

今日のハイキングは 道中で素敵な方とご一緒させていただき話がはずみ さらに 娘とも久しぶりの山行で至福なひと時でした。ありがとう。
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’10.21・Sat

昨日は雪子さんの85歳の誕生日

「葵」で雪子さんの誕生会。13:00中座しました。13:30~16;00 アルプス観光ご一行様の お鉢巡りのガイドです。お客様のお宿は「赤門」。
PA202029_convert_20231021094833_202310210958386b5.jpg

PA202033_convert_20231021094857_20231021095836565.jpg

PA202034_convert_20231021094923_20231021095833b4b.jpg

PA212039_convert_20231021094948_2023102109583110c.jpg

PA212041_convert_20231021095012.jpg

PA212042_convert_20231021095033.jpg

PA212044_convert_20231021095052.jpg

PA212043_convert_20231021095114_convert_20231021095618.jpg

PA212045_convert_20231021095139_convert_20231021095636.jpg

PA212046_convert_20231021095159.jpg

ホテル 赤門
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’10.16・Mon

10年前の今日

PA162020_convert_20231016223720.jpg
2023/10/16
PA162021_convert_20231016223817.jpg

PA162025_convert_20231016223942.jpg
三原山カルデラの お花です。 安らかに
PA162028_convert_20231016224022.jpg

2013/10/16
2013/10/18
2013/10/23
2013/10/27
2013/11/09

(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’10.15・Sun

きた来た「辛味大根」

信州の「ほそかわ農園」より信濃毎日に包まれて念願の「辛味大根」が届いた。

IMG_20231015_0006_convert_20231015142519.jpg

IMG_20231015_0007_convert_20231015142543.jpg

辛味大根の右が「マコモタケ」
PA152019_convert_20231015125543.jpg

IMG_20231015_0001_convert_20231015125606.jpg

IMG_20231015_0002_convert_20231015125626.jpg

IMG_20231015_0003_convert_20231015125645.jpg

IMG_20231015_0004_convert_20231015125706.jpg

IMG_20231015_0005_convert_20231015125727.jpg

細川様 介護に追われごぶさたしております。辛味大根嬉しいです。ご馳走になります。ヨトウムシが多発ですか。大島は海を渡る蝶「アサギマダラ」がめっきり減りました。地球が病んでいます。今夜は「おろしそば」で至福なひと時。ありがとうございました。 チョモ

http://gojinka100.blog27.fc2.com/blog-entry-1461.html
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’10.01・Sun

筆島の岩脈

地層や岩石が、土壌や植生に覆われることなく、直接むき出しになっている場所を露頭といいます。伊豆大島を代表する露頭は「地層大切断面」と「筆島の岩脈」が双璧。互いに勝るとも劣らない。 お客様を三原山にご案内する前に干潮を見計らって岩脈を観に行った。

仏が........如来か菩薩か チョモは明王とみた。
PA012016_convert_20231001191648.jpg
(2020/11/19 横向きの観音が......)
IMG_20201119_091213_convert_20231001191620.jpg

PA012005_convert_20231001191719.jpg

PA012006_convert_20231001191810.jpg

PA012007_convert_20231001191835.jpg

PA012008_convert_20231001194311.jpg

PA012009_convert_20231001194657.jpg

PA012010_convert_20231001194719.jpg

PA012011_convert_20231001194746.jpg

PA012012_convert_20231001194810.jpg

PA012013_convert_20231001194841.jpg

PA012014_convert_20231001195321.jpg

PA012015_-_コピー_convert_20231001195348
(2020/11/19 差木地の「碧凪丸」(木村船長)船上より)
DSC_9041_convert_20201119211516_20231001195531d21.jpg

筆島の岩脈を観に行こう
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(0) TOP

2023’09.07・Thu

ハチの一刺し

P9052000_convert_20230907174400.jpg
09/03 椿の木を剪定していたら スズメバチに左手前腕を長袖の上から2か所刺された。不覚。ポイズンリムーバー(毒吸引器)を自分が使う羽目になりました。スズメバチに刺されたのは 今回で4回目。子供のころ信州の田舎で 大阪の会社に就職間もなく六甲山で 大島で2回 刺された箇所は頭部が3/4。蜂に襲撃の動機を与えたのはチョモの方です。その結果 罪のない蜂のコロニーを壊すことになりました。御免。
P9052001_convert_20230907174426.jpg
09/05
P9052002_convert_20230907174451.jpg
09/06

PA122018_convert_20231012121815.jpg

P9051998_convert_20230907174517.jpg
カイズカイブキにもでかい巣が....
P9072004_convert_20230907174543.jpg
07日に町役場経由 近所の「株式会社 外来生物」奥山社長に駆除していただきました。

島の生き物
キイロスズメバチ
(チョモ)

Categorie大島の風景  - コメント(1) TOP

 |TOPBack